Kej の森

kejnomori.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ヒーリング( 4 )

自己ヒーリンング

こんばんは。
寒い日が続きますが、皆様風邪などひかれていませんか?
今日は、ヒーリングについて、ちょこっと書かせて頂きます。


日々の暮らしの中で、私たちはたくさんのプレッシャーやストレスにさらされています。
つらい、疲れた、もういやだ!、、あ〜癒されたい!そんな時、皆様はどうされてますか?


自然に癒される…海や山に行く。木々のささやきを聞いたり、風に吹かれたりする。
好きなことで癒される…何か夢中になれるものに浸って、ドキドキ体験!ストレス発散できますね。
誰かに癒される…家族や恋人や大切な人に癒してもらう。羨ましいです〜。
癒しのスポットへ行く…アロマやスパ、エステに温泉にマッサージにカウンセリング。私たちを癒してくれる空間はたくさんありますね〜。


癒しがブームにまでなっている昨今、癒されたい貴方をちゃんと癒してくれる方法はとってもたくさんありそうです。でも今日は、とってもシンプルで、お金のかからない癒しの術〜自己ヒーリングの提案をさせて頂きたいと思います。


d0214179_0411664.jpg
さてさて、その方法は?

 『 癒されたいなら、まずは自分が癒す 』


なんだそれ?!って思います?
いえいえ、これがどうして、なかなかのヒーリング術です、ほんとうに。
特に人間関係のストレスにかなりの効果を発揮いたしますです。


たとえば、会社や学校の人間関係がうまくいっていなかったとします。
そうするとどうも人はネガティヴに考えて、心を閉ざしたり、逆に攻撃的になるようです。
しかし、まずは自分から相手を癒そうとする…自分を主張することより、まずは相手の認め、受け入れて聞き役にまわってみる。そして、なるほどね!とか、それはいいかもね…というところがあれば、素直に褒める。 この人も実は大変なのかも?!と考えて、優しくしてみる…とかね。

そんなこと無理!とか、絶対いや! なんて思わないで、できるところから、すこぅしずつでいいから、やってみてください。そうすると、なんでしょう…心の奥のほうから、ほわ〜っと温かい気持ちになってくるのですね。不思議です。そしてそれが、あなたにとって何よりも効くヒーリングの体験になることでしょう。

なぜなら、人はきっとみんな、ヒーリングパワーを持っているのです。
その力を使うこと=自己ヒーリング   となるのです。




そうそう先日、ブログ読者さんとのメールのやりとりで出た話も書かせて頂きますね。
なにごとも感謝ですね!…という話から
その日の終わりに、今日は何度「ありがとう!」を言ったかな…と考えてみる。
その回数がそのまま、その日がどれだけ満足のいく、素晴らしい一日だったかわかりますね!
なんてことを書き合いました。これも自己ヒーリング法のひとつですね〜。



ストレス発散やどこかでヒーリングを受けるのは、かなり気持ちよくって、私も大好き♡ですが、
もしかすると、その場凌ぎかもしれませんね。(大自然に癒されるのは別です、最高のヒールです)
できることなら、少しずつ、ほんとに小さいことでもいいから、自分から働きかけていくようにするだけで、実は毎日が…そして続けていけば、その人の人生が輝きだしてくるんだろうな、と思うのです。そうして実際、そういうことを実践されている方って、素敵なんですよね〜。



やっぱり自分の人生は人まかせにしないで、自分を変えることから始めましょ!
さて、明日も「自分の人生、新しくクリエイト」鹿乃子と一緒にいたしましょうね〜♪
by kej000 | 2012-01-22 00:48 | ヒーリング

パワーストーンの効力はいかに?

昨今の根強いブームにのって、電車の中でも街中でも、手首に数珠タイプのパワーストーンをしている人をよく見かけます。皆様も家にひとつやふたつはお持ちなんではないでしょうか?見る度に思うこと…それは「そのパワーストーン、あなたとの相性どうなのでしょうか?」ということです。


さて本日の話題は、パワーストーンの効力は如何に?という大胆不敵なテーマです。


私のパワーストーンとの出会いは、海外に住む友人が「これきっと合ってるよ」と送ってくれた石。
今でもその石はペンダントにして、とっても大事にしています。なぜなら、その石を身につけていると、とても不思議なことが次々と起こるからなのです。

ちょうどその頃は、チャクラの勉強に凝っていて、チャクラのセルフコントロール法とストーンをリンクさせる考えにもずいぶんと触れました。案の定、私もすっかりストーンに魅せられ、あちこち
探しに歩いたり、買い求めたりしたものです。挙げ句の果てには、昇仙峡へ魅惑の石探し…いやいや、ネパールはたまたアリゾナまで秘宝を求めて探しに行こう!とまで思ったものです。
それくらい私にとって、石には魅力があることは確かです。


ただですね、、このパワーストンブームには、ちょっと疑問に思うことがあるのです。


石はすなわち鉱物。そうです、植物や動物と同じく、自然界より生み出された産物です。
農業を営んでらっしゃる方は「土は生きている」と仰ります。それと同じ考え方をすれば
「石は生きている」…ということは、石にも性格や気質があるのかもしれない。

そうですね、それがきっと、ヒーリング・ストーンとしての効能のようなものであると思うのです。
それは例えば、よく女性がつけているピンクの石。ローズクォーツです。
これを恋愛を成就させたい人がお守りのような気持ちで持っていたとします。

効果はあるでしょうか?
はい。そうですね、あるかもしれません。
なぜなら、ローズクォーツは心臓のチャクラをヒールしてくれる石とされています。
心臓のチャクラは「アナハタ・チャクラ」とも呼ばれ、『衝突のない』という意味なのだそうです。
そしてこのチャクラをヒールするということは、「愛や思いやり、調和の心」のバランスを整えてくれるでしょう…ということになるわけです。なるほど、女性らしさを高めてくれそうです。恋愛成就にはなかなかの効果を発揮してくれるやもしれません。

しかし、全ての人に効き目があるわけではない…と考えてみたことはありますか?
例えば、消極的な人がいくら「愛や思いやり」を授かっても、恋人はできにくいかもしれません。
その人にまず必要なのは「積極性や情熱」ということになるでしょう。
だとすると、丹田やマニプーラといわれる、お腹あたりのバランスを整えたり、活性化させる石…すなわち、オレンジ系や黄色系のカーネリアンやトパーズ、琥珀などの石を持つほうが、よさそうだとは思いませんか?


つまりはその人の力の弱いチャクラをまずはヒールアップするほうが、より良い結果になるというわけです。電車の中では、いかにも体力も気力もありそうな男性が、タイガーアイの大きな数珠を何重にも手首にまいています。「金運」や「出世」を望んでのことでしょうが、彼がヒールしている箇所は彼に満ちあふれているだろう、その、体力や気力そのものなのです。もう持ち合わせているものよりも足りなそうなもの…例えば「交渉力」や「知力」や「創造力」を上げたほうがよさそうなのにな…と横目で見ていて思うのです。もったいない。


そうして、そういう方々のストーンとその人の「気」を計り比べると、大抵の場合は、まったく波動があっていないものです。かえって身体のバランスをおかしくしているようなものです。
またまた、もったいない。




パワーストーンという名前の通り、パワーを与えてくれる石は、本当にあるのにな…と思うのです。
それは人間関係と同じく相性のようなものです。そうですね、見た目で相性はわからなくても「この石だ!」という出会い。それは誰にでもわかるはずです。

まずは、手に持ってみること。
どんな感じがするでしょう?心が開く感じ?それとも身体がベールで包まれるような心地よさでしょうか?できることならば、「気」を計ってみるといいと思います。
いくら気が流れている…と感じても、ちりちりしているものはだめですね。
ゆっくりと規則的な波が大きく流れているものは、良い感触がするはずです。

そうしてその石と大事に大事につきあうこと…それは持ち主と石とのコミュニュケーションになり、石は不思議ともっともっと輝くのです。ペットのようなものです。ほんとうに不思議ですよ。
放っておくと、パワーダウンしちゃいますから。


みなさんも是非、あなたに合うぴったりの石を探してくださいね。
そうすると、その石はあなたの心の大切な友達…時に癒し、時にパワーを与えてくれる…ほんとうに便りになる親友かな?になってくれること、これは間違いありませんから。




*   *   *   *


付録

鹿乃子のパートナー・ストーンを公開しちゃいます。


d0214179_15191967.jpg

ひとつめは「ガーデン」といいます。石の名前はガーデンクォーツです。
初めて出会った時、あまりの美しさに魅せられました。
持った瞬間に、ふわ~っと森に連れていかれたようでした。
一緒にいると、とても心癒される石です。
リーディングの時にも活躍してくれます。





もうひとつは、「あめじ」といいます。アメジストの原石です。d0214179_15203461.jpg
おもに瞑想の時におつきあい頂いてます。
とてもパワフルな力で私をぐいぐいとイメージの世界へ連れていってくれます。
五感を豊かにしてくれるだけでなく、気持ちの浄化もしてくれる
優れたパートナーです。
by kej000 | 2011-09-27 15:32 | ヒーリング

よく効くお守り

先日、女性雑誌をパラパラとめくっていると
「芸能人、著名人に大人気!どんな願いも叶うお守り!」という記事?いや、あれは広告なのか?が
掲載されているページが目に入りました。

御霊が祀られているというその神社には、ちょっと聞き覚えがなかったけれど、その<お守りの使い方>というところを読んで、「ふんふん、これはかなり効くだろうな」と思ったものです。


そのお守りの使い方です。

○ お願いごとを紙に自分で書いて、お守りの中にいれる
○ お願いごとは秘密にしておく
○ いつも持ち歩いて、お守りを目にするたびに「叶いますように」と願う


皆様はもうおわかりでしょうか?

このお守りは、潜在意識の力をとても効率よく働かせてくれる<お守り>になっているのです。

この森ブログの「自己暗示法」でも紹介した通り、なりたい自分になるためのひとつの方法として、この潜在意識への働きかけは大変有用だと立証されています。一度、潜在意識に取り込まれた考えや意識は、大きな力となって、その人を動かすようになるからでしたね。


自己暗示という潜在意識への語りかけがスムーズにいく条件は何だったでしょうか?

● 肯定的な文章による目標設定
● 自分の意識が働いていない時(無意識の状態)に特にインプットが容易になる
● 繰り返しインプットを行う


…ということは、このお守り、まさにこれらの条件をみごとにクリア!しています。
まず、「よく効くお守り」であるという認識に加え、願い…つまり、達成すべきゴールを<自分で>設定できるということ。これはとても肯定的ですね。お守りにネガティブなことを書く人はいませんね。

次に、肌身離さず持っているお守り、ふとした時に目に入り、叶うようにまた願う。
これはほぼ、無意識の状態に近いといえます。「よ〜し、今からお願いするぞ!」という意識化ではありませんから。また、秘密にする…つまり、話さないことであえて顕在意識の記憶への導入を防御することになるかもしれませんね。

そして、目にするたびに…つまり、くりかえしくりかえし、叶うようにと願う。この作業を続けることはまさに、強力な潜在意識へのインプット作業を促進するでしょう。



そのうえ、神様のおすみつき?!ますます効果がありそうだな〜。

自己暗示をいくら言ってもけむたがってやらない、あの人に買ってあげようかな??
いやいや、それより、こんな感じでハンドメイドお守りを作ってプレゼントするのもいいな…
などと、楽しい気分のケフでありました。
by kej000 | 2011-09-20 00:17 | ヒーリング

チャクラを整えて元気になる!

自分の体を自分でクリエイト&ヒールしていけたらいいな…と思いませんか?
私が最近とても有効だと考えているのが、チャクラによる自己メンテナンスです。


前にこの話を友人にしたところ、テレビで自律神経に自分で訴えかける方法(自己暗示のように)を特集していた…ということですから、人間の体にはもともと意識の働きかけで、悪いところをもとに戻そう…という力があるのかな、と思います。

さて、これをまたほうぼうで紹介しましたところ、意外にも「気持ちよい」「気が上がる」などの好印象。その後、「あれはどうやってやるの?詳しくブログに書いて」というご希望まで頂きましたので、今日はその方法を紹介いたします。



*  *  *  *  


まずはじめに…

チャクラとはなんでしょう? きっと皆様は聞いたことはあると思います。でも詳しくは?…という方がほとんどだと思います。



「チャクラとは?」


チャクラは体のまわりのエネルギーの流れを調節するエネルギーのセンターのようなものと考えてみてください。
私たち人間の身体の中には、7つ(もっとあるのですが、ここでは主流の7つに絞りますね)のエネルギーの中心のスポットがあるとされています。そのスポット(チャクラ)がバランスよく整っていれば、エネルギーは身体中を自由に流れ、そうして心身ともに健康でいられるのです。

各チャクラには、昔、理科の時間?に習った光のスペクトルのような7色の波長があります。
そうですね、虹を思い浮かべてください。そしてもうひとつ、宇宙から身体に向かって流れる、オーラというエネルギーの層もあります。オーラも同じように光のスペクトルを放ち、私たちの身体を囲んで、揺れ動く卵型の波を描いているエネルギーのフィールドです。

オーラに関しては、「あなたはのオーラは赤ですね」と言ったりすることがあります。赤色ということは、基底のチャクラを示しますので、「なかなかバイタリティのある現実的な方ですね…」という言うことなのですが、各人皆、7つのオーラの層をもっているわけですから、赤だけ…というわけではありません。ここでいう「赤のオーラ」とは、赤の要素が特徴的な方ですね、とか、赤のオーラが特に強い方ですね…という意味になるのですね。なぜなら、実際には人間が赤のオーラを出している時は、「怒り」がその人に強く現れた時とも言えるのです。ですから、本来はオーラの色…というよりは、あなたのオーラの特徴は…と、言うべきなのかもしれません。
おっと、いけません、どんどん説明が長くなってしまいます。今日の話は「チャクラ」でした。



*  *  *  *



さて、簡単に7つのチャクラについて簡単に説明いたしましょう。ここから先は私の体験に基づいて書いていくことにしますね。
右の図をご覧ください。一番下の赤いところが第1チャクラになり、順次上に上がっていきます。




d0214179_17271644.jpg
第1チャクラ『基底のチャクラ』


ルートチャクラとも呼ばれ、色は「赤」です。
ちょうど、肛門と性器の間くらいに位置しています。
「地」の元素を表象すると言われ、イメージとしては「根っこ」がわかりやすいですね。
大地に深く根っこをはる…つまり、安定。
ここが逆に弱いと「現実社会に根をはってない」人ということになりかねません。
「蛇」を象徴し、惑星対応は「火星」ですので、ここが強い人は粘り強くパワフルな人が多いです。
生きる上での活力。心身の奥にある炎のような意識です。精力ともいえますね。
身体部位は腎臓、腸、骨格です。

瞑想で調整する場合は、足から根っこが生えるイメージをしたり、チャクラに火をイメージして
その炎を調整するとなかなか効きます。
生活に疲れたり、やる気がなくなってきたら、ここを調整してみましょう。



第2チャクラ『仙骨のチャクラ』


おへその下にあり、色は「オレンジ」です。
つながりや相互関係を司ります。また、水の元素の表象ですので情緒と関連します。
水は万物に流れます。その流れがいろいろなものを繋ぎあわせるのです。
このチャクラが活性化している人は、社交的で明るい人が多いですね。
逆に滞っている場合は、秘尿器、生殖器にトラブルが出たり、慢性的なトラブル
アレルギーや肥満をおこしがちと言われています。また、この仙骨は「性」を
後に出る心臓のチャクラは「愛」ですから、この二つのチャクラは双方で関連性が
高いと言われています。
このチャクラを活性化させるのに「たくさん笑う」というのがあります。
お試しくださいね。

目をつぶって、オレンジに染まった水の中にぷかぷか浮いているイメージで、心身共に解放してあげるとかなりリラックスします。
人間関係のトラブルや、肌荒れやアレルギーに悩まされている時など、ぜひ調整してみてください。




第3チャクラ『太陽神経叢のチャクラ』


お腹のみぞおちあたりにあり、色は「黄色」です。
太陽のエネルギーを身体の中の生命力に変換するところで、火の元素の表象です。
また、下から上がってくるエネルギーと上から降りてくるエネルギーの合流の場でもあります。
自分のエネルギーを創造するところといいますか。スポーツでも発声でも「お腹に力を入れて!」と言いますね。ここに力を入れるということです。力が入るということは、その人のエネルギーを集中して出せる…大げさにいえば、自分自身に力をみなぎらせることができるポイントです。

ですから、このチャクラのバランスが良い人は活発で自信に溢れていますし、悪い人は内向的になってしまいます。
ここでは感情や情緒の中枢があります。緊張したり嫌だなと思うことがあると、お腹のあたりが苦しくなることがありますね。それを放っておくと、ストレスが体に残り、強いては病気の原因となり得るのです。軽い場合は、消化器系に現れ、ひどくなると代謝に影響を及ぼし(肝臓、胆嚢、膵臓)、病気に発展します。病気と深い関わりを持つチャクラです。このチャクラが開き過ぎていると、悪いものを貯め込むこともありそうです。ネガティヴな感情は必ず、一度向き合ってから手放し、バランスよく調節することがよいですね。

瞑想で調整する場合は、黄色い太陽の光をたくさん、このチャクラに取り込むというのが効きます。元気の基を導入するのです。
私は子供が何かで落ち込んでしまった時にこの方法をリードしますが、子供はとても上手に太陽をイメージして光をお腹いっぱいに集めます。そして自分のお腹の中に新しく黄色い太陽をつくってぐるぐる回しています。そうすると、お腹は嘘のように温かくなって、ぐんぐん活気づいてくるのです。そしてそうなると、笑顔が戻り、また活発な子供に戻ります。太陽のかわりに、ひまわりを摘んでお腹に入れるというのも効きます。





第4チャクラ『心臓のチャクラ』


胸の真ん中にあり、ハートチャクラとも言われています。色は緑です。
高次のチャクラの入り口でもあります。風の元素の表象です。風ということは、思想やコミュニュケーションを司ります。
ここでは、「愛」それも「無条件の愛、思いやりの心」や「受容」「開放」などを地球にある自分とは違う…他から受け、また与えるエネルギーを感じ喜びや感動を発見するのです。身体部位は循環器、肺、リンパ、免疫系統です。
ここが弱っている人は、自己信頼性に欠けたり、何かが開放できず抑圧されたりしている人が多いように思えます。先程も書きましたが、第2の仙骨のチャクラと一緒に上げてあげると、「情緒と愛」の相乗効果が期待できると思われます。

瞑想でエネルギーをあげたいと思ったら、目をつぶって緑の草原に出かけ、風に吹かれてみるといいでしょう。
またこのチャクラは「バラの花」と関連があるので、バラの花を思い浮かべるのも効果があります。色はなんでしょう?赤いバラでは「無私」の愛ではなさそうですね。ピンクがバランスがとれているようです。私はどこかで以前買っておいたバラのエッセンスを含ませたタオルを目の上にのせて瞑想をします。それはそれは高い効果が得られますです。どうぞお試しを。



* * *

さて、ここからは高次のチャクラですので、体調管理というよりは、宇宙意識の導入を計るところです。お坊さんやヒマラヤ密教などで修行している方々がこのチャクラを開き、自己能力の再生に取り組んでいる姿をよく目にしますね。
ざっと紹介しておきましょう。


* * *


第5チャクラ『喉のチャクラ』


鎖骨と喉の間にあり、色はターコイズが一般的でしょうか。
身体のエネルギーと精神のエネルギーの橋渡しをするチャクラとも言われています。甲状腺やホルモンの分泌、耳、鼻、喉などの部位と対応しています。つまり、人間が成長していくため、話す聞く能力…「自己表現」と大きく影響しているところです。
喉のチャクラがうまく機能していない、つまり、自分をどう表現していいのかわからないと、気持ちが重くなったり、鬱っぽくなったりしますし、物事を柔軟に考えられなくなるパターンが多いと思います。判断力や意志力に欠けてしまうのです。

整えるためには、ターコイズ(くすんだ青)の色のものを眺めてみたり、ラベンダーのオイルを炊いたり、垂らして、気分をリラックスさせるとよいですね。しかし、身体に不調が出ている場合は、第1から4までのチャクラの調整がまずは上手く整っていることが先決です。



第6チャクラ『眉のチャクラ』


俗にサードアイと言われ、第三の目のチャクラです。眉の間の少し上で,色は群青、藍など。
これも高度な意識を開花させたい方が開花を目指すポイントで、直観、鋭い感覚など、感情や思考の上の意識を司ります。
とはいっても、特別な人だけでなく、皆このチャクラがあるのですから、そういう能力を実は万人が持っているのです。ただ閉じているだけです。
現に子供達のほとんどのこのチャクラは開いていて、きれいな波うっています。きっと、大きくなるにつれて、閉じていってしまうのでしょう。

私の経験によれば、霊的感受性が高い人はここが開いてしまっている人が多いようです。もちろん、下の身体のチャクラのコントロールがしっかりなされていて、第5のチャクラも流通がよければ問題はないのですが、サイキックに流れやすい人は、逆に大きなバランスの崩れを起こすことになるので注意が必要です。(ケフ森ブログの右脳と左脳とスピリチャルの記事に関連しています)
また、社会的に活躍され、十分に下位が安定している人の場合で、高位の意識を促す時がきた人がいたとします。しかし、その人はそういう不可思議な意識を受け入れたくない…そういった場合にも、バランスの崩れが現れます。なにごとも「否定」から良い結果が生まれないのかもしれませんね。
ただただ、自然の流れに身をまかせることも時には大切だと、ご自分に問いかけてみてくださいね。
バランスの崩れの顕著は、頭痛や鼻の奥、耳の疾患、具体的には耳鳴りや副鼻腔炎などに現れている人をよく見かけます。




第7チャクラ『宝冠のチャクラ』


クラウンチャクラとも言われ、色は「紫」です。頭の上にあります。
中枢神経や脳を司り、上へ、そして下に向かってエネルギーを放出しています。
サードアイと同じく、このチャクラは宇宙的な意識への発展、つまり悟りを開く、開眼する目的で調整を行うところですので、一般の人が触れるのは御法度とも言われています。ちなみに私もまったく触れたことはありません。
なるほど、タイに旅行に行った時に、子供の頭の上を撫でて、ひどく怒られてしまったことがあります。ここは、「触れてはいけない」神聖な神域で、見ず知らずの人が触れることは侮辱に値してしまうのですね。もし人がその自己を超越することができたら、その時、このチャクラがその人を超感覚の世界へ導いてくれるのでしょう。





:  : 瞑想の方法 : :


最後に、調整のための瞑想ですが、これはとても簡単です。

まず、ごろんと仰向けに寝ます。
瞑想になれていない方は、ただ、目をつぶって思い浮かべてみると考えてみてくださいね。
その時に大事なことは、深い呼吸をすることです。呼吸法までふれるとまたまた際限なく長い文章になりますので、簡単にイメージしますと、
『胸を広く開いて、宇宙の魔法の空気を吸う』『お腹を使って、自分の中の悪いものを出し切る」…という気持ちでやってみてください。

そうして、あてはまりそうなチャクラの色を想像します。
そこの部分が「あったかくなるまで」やってみてください。
全部調整したいな…と思ったら、必ず、基底のチャクラ(下)から調整をはじめ、上にあがってくるようにしてください。他の部分は上手にイメージできるのに、どうもここはだめだな…と思うところがあったら、そこは弱っているか、逆に開きすぎている可能性がありますね。

調整が済んだら、そのチャクラを悪いものが入ってこないように、上手に閉じます。閉じようと思えば、閉じることができますから大丈夫。



さて、おわかり頂けましたでしょうか?
しかしです!これはあくまでも末病レベルの話ですし、世の中の全員がヒーラーではないのです。
ですから、もしも本当に体調が悪い時は、病院に行ってくださいね。
絶対に、お願いいたしますですよ!!


それでは今日はこのへんで。
皆様のご健康を心よりお祈りして。

鹿乃子
by kej000 | 2011-06-25 17:49 | ヒーリング