Kej の森

kejnomori.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:数秘レポート( 38 )

早生のソウルフル・シンガー * エイミーワインハウス

皆様、ご存知でしょうか?
エイミーワインハウス。
ソウルフルなその歌声。しかし、その人生は。
早生の天才シンガーのその歌声は、今もわたしたちの心に響き渡ります。




エイミー・ワインハウス 

 イギリス出身のソウル・ジャズ・R&Bシンガー
 その歌声は心をグッと震わすものがあり活躍が楽しみなアーティストであったが
 ドラッグ、アルコールに溺れ、短い人生となった。
 波乱にとんだ破天荒な彼女を数秘から紐解いてみる。


  出生名: Amy Jade Wainehouse 
   出生:  1983年 9月 14日 
       イングランド ロンドン ミドルセックス州 エンフィールドサウスゲート
  死没:  2011年 7月 23日(満27歳)



d0214179_21275777.jpg






Birth#17-8
Destiny#7
Soul#8
Personality#8
Realization#15-6
Stage#14-5



真相意識 <Birthナンバー 17-8>

イギリス、ミドルセックス州にてユダヤ人両親のもと生まれる。
両親や祖母の多大な影響により、幼い頃からジャズに触れていた環境にあり、
当人も熱烈に傾倒していく。

1のオリジナリティー、創造性と7の独創性、内的な情熱が秘められ、
8の表す情熱的で大胆さ。それらを含めた表現の中に、どこか懐かしさを有するバイブレーションの歌声で人々を魅了していったのではないだろうか。


さらには、ナンバー8の意味するところの
情熱的、大胆な部分に加え、バイタリティーも溢れ、成功を目指していたのだろう。
イギリスでメジャーデビューを果たす。
しかしバランス・コントロールを要する8のナンバーである体と心の健康にも大きく影響をしていく。彼女の私生活はとてもスキャンダラスな生涯となっていった。
魂の欲求 <soulナンバー8>

内なる欲求には、ナンバー8のもつパワフルさと行動力があり、大胆、スリル好きな面。またロマンチストで思慮深さも併せ持っていただろうと思われる。

9歳のころ、両親が離婚し、不安定な思春期でもあったのであろうか、13歳から通い始めたシアタースクールを校則違反で退学処分となる。
想像ではあるが、何らか破天荒ぶりが伺えるようだ。

16歳の時、レコード会社にデモテープを送り、レコード契約を結ぶ。
18歳で、メジャー契約をする。
ナンバー8の情熱的、実行力の現れではないだろうか。

また、soulナンバー8には、支配欲、極端、衝動的、破天荒、自己制御力の欠如、快楽主義などの意味もある。

薬物依存のあったエイミーではあったが、2006年リリースのアルバム「バック・トゥ・ブラック」
は全英で1位の大ヒットとなり、その後4年にわたり、世界的に売れ続けた。

2007年に4歳年上のブレイク・フィール・シビルと結婚するが、シビルは薬物依存症であり、
エイミーの薬物依存がひどくなったのは夫の影響とみられる。
8の男性性と女性性、スリル好き、自己制御力の欠如の現れも伺える感がある。



表面意識 <Destinyナンバー7>

真面目でひたむきな女性だったのではないだろうか。歌うことの探求心は深いものを感じさせる。
7の表すキャラクターの部分、凝り性で内的情熱、その反面には批判的、猜疑心、神経過敏、分裂的、変り者、そして寂しがりやな部分も現れていたようである。

夫と揃ってリハビリ施設への入所や、複数の逮捕歴。
酒に酔い男性二人への暴行事件。
煙草、酒、ドラッグと夫への執着は日々増していったようだ。



表面的人格 <Personalityナンバー8>

パワフルな、そしてどこか懐かしい歌声は、とてもアピール上手な面を伺わせる。
表情をかえることなくたんたんと歌うさまは、クールで強い存在感を感じさせる。

今生の実現数、可能性 <Realizationナンバー15-6>

絶対性、独創性からスタートし自由なフィールドで革新的で多才な才能を発揮できる可能性があった。現にジャンル的にも新しく魂に響く懐郷的な歌声、メロディー、歌詞は彼女のオリジナリティーの産物である。

そして、その歌声で、日々、人々に人間愛を共振していく―
そのように期待させる才能であった。



活躍の舞台 <Stageナンバー5>

自由、刺激、冒険など環境の変化。
シンガーとしての活躍においてもまさに現れているようである。
様々な価値観の混沌による混乱と分裂―
彼女の人生には大きくあるといえるのではないであろうか。

                       

d0214179_2128651.jpg







Cycleナンバー 9
(環境、大きな流れ)

0-28歳までナンバー9の環境、流れにあった。完結のテーマにおいて、混沌や情緒の満ち欠け等、揺れる環境である。不必要なものは手放し本物を見抜くことが擁される。



pinnacleナンバー 5
(あり方、どの様な状況のときか)

0―28歳までナンバー5の状況、あり方であった。それは変化のテーマにおいて、自由と革新を臨んでいたように思われる。現状にしがみつくと淀むとも意味されるが、彼女の人生においてはウエイトのあるワードだと言えるのではないだろうか。



challengeナンバー 4
(チャレンジ)

0―28歳までナンバー4がチャレンジとして臨むものであった。
安定、形成というプロセス。現実社会でバリバリやる。現実的な問題の対処が課題だったようである。



d0214179_21275992.jpg






<Year Cycleでみる経歴>

9歳―#8 両親が離婚

13歳―#12→4 シアタースクール退学

18歳―#8 メジャー契約

20歳―#10 1stアルバム「フランク」リリース、デビュー。トップスターに。

23歳―#13 2ndアルバム「バック・トゥ・ブラック」が大ヒット。

23歳―#13 結婚 リハビリ施設入所。

24歳―#5 再度リハビリ施設入所。肺気腫で入院。

25歳―#6→7移行期  離婚

26歳―#7 離婚から数か月後、同じ夫と再婚

27歳―#8 7月23日死去


実年齢は定かでないが、ティーンエイジの退学となった事柄も13歳以降のイヤーサイクルが、12のコラボレーションのナンバーから、4の健康、仕事と現実を形にするナンバーへ移行していることも転回の経緯ではないだろうか。

ドラッグ、アルコール、喫煙と、荒れる様は激しくなる彼女だが、
イヤーサイクル13の23歳は、アルバムの世界的大ヒットや、大好きな彼との結婚もあった。
反面、飲酒、薬物更生施設への入所など、ナンバー13の意味する、破壊や再生の年であったのではないだろうか。
霊性に生きるのではなく、獣性を選んでしまったのかもしれない。
ナンバー5に移行した24歳も激しい人生で揺れや動きが多いことも現れている。


その後、恋愛スキャンダルや、活動の再開、そして活動の失敗などもあったが、大きくは
2011年7月23日、27歳 イヤーサイクル8の時に帰らぬ人となった。
彼女にとっての8のナンバーの影響力、揺れは大きかった。



<まとめ>
荒れた人生から再生し、世界というフィールドをもっともっと駆け抜けていって欲しかった。
彼女の歌声に惚れた人々はとても残念に思ったことだろう。筆者もそのひとりである。
あちらでも歌姫でいてほしい。冥福を祈る。

彼女にナンバー8が多いことから、
・自我のパワーのコントロール、謙虚に人の意見に耳を傾ける。
・物質は精神向上の手段で、目的ではないことを知る。
・自己信頼と能力の育成。
・地道な努力を続け常に達成へ向かう。
・内面の豊かさを経験すること。


<感想>
今回エイミーをとりあげ、数字をみて感じたことは、
まず「8が多い~」だった。7と8、そして9と、今まであまり触れなかったナンバーであったのに驚いた。勉強になった。(7は筆者のBiarthナンバー)
そしてイヤーサイクルの13の意味?感じ?がなんとなくそういうことかな、と思った。
11の霊性と獣性のこともしかり。
今回、彼女をとりあげて彼女を少しでも身近に感じることができてよかった。
まさにナンバー8のアドバイスがどんぴしゃだったのですごい!と思った。


Reported by Yuko,Tado
Aeons Numerology 8th class
by kej000 | 2016-03-04 22:16 | 数秘レポート

慈愛と。不屈の精神と。 *マザーテレサ



沈黙の果実は祈りである
祈りの果実は信仰である。
信仰の果実は愛である。
愛の果実は奉仕である。
奉仕の果実は平和である




d0214179_11264563.jpg




この五行のシンプルな詩を名刺がわりに使用していたマザーテレサについて、まとめてみました。

Mother Teresa
《本名》 Agnese(アグネス) Gonxhe(ゴジャ) Bojaxhic(ボジャジュ)
1910.8.26生 ~ 1997.9.5 (87歳) 没



当時、オスマントルコ領だった現在のマケドニア共和国のスコピエにアルバニア人家族の3人兄弟の末っ子として生まれる。薬屋を営む熱心なキリスト教(カトリック)の信者である両親であったため、小さい頃から教会に通っていた。


Birth Number   18-9
Destiny   16-7
Soul     5
Personality   11-2
Realization   16-7
Stage    10-1 



《Birth》 誕生数  18-9

 完璧、完成、真理の数字とも言われ、自己再生、月のもたらす知性、冥界、魔術との関連のある数字です。深い人類愛と常に弱き者を支援する正義感にあふれた人・・・
包容力、奉仕への喜び、深い慈悲心と、まさに⑨の精神で人生を貫いた女性である。
17歳という若さで「一生を神にささげ、貧しい人達のために働こう」と決意させた理由が、ここで明らかになります。

18歳で家を離れ異国の地インドで生涯を通すような行動力にあふれ、理想を現実のものと有言実行してゆく姿は⑱という数字の影響のように感じます。

持ち物は「ロザリオ、聖書、サリー2枚、洗い桶」とシンブルだったと書物にありましたが、究極なまでにムダなモノは全て手放し、自分の中にあるキリスト教への崇高な思いを感じ、深い慈悲の心を持って真我に生きた正に数字のとおりの人です。


《Destiny》  運命数  16-7

ズバリ、真理の探求者であり、過去生で間違った「愛や信頼」の価値を修正するために、多くの体験や事態に遭遇するカルミックナンバー⑯
36歳の時に神の声を聞き、スラムという場所でより貧しい人々への慈愛と奉仕活動は、⑦の使命そのものです。


《Soul》 ソウル数  5

内面性や価値観を表す数字ですが、のびのびと自由に行動し、新しい風を起こす。
好奇心と鋭い知性を持って変化しながら自分の核となる「神の愛の宣教者会」を世界各地(インド以外70カ国、202ヶ所)に形成してゆく様は正に⑤の成せるワザに感じられます。


《Personality》  人格数  11-2

⑪は、1の2乗であり、霊性の数字です。パワーのあるスピーディーな決断力と直感力を持ち高次のメッセージを受け取り、すぐに行動に移せるリーダーシップあふれる指導者です。
一方、他者からは、物腰柔らかく皆を守っているような感じの良き相談相手と見られたのは②からくるものと思われます。


《Realization》   実現数  16-7

マニアックさを知的に出してこそ輝ける人、長期の努力が実を結ぶ大きな決心をした17歳から亡くなる87歳まで70年という歳月をかけて「飢えに苦しむ子供達、治療を受けられない病人、貧しい者の中のもっと貧しい人々に愛を差し伸べる活動」の成果は言うまでもありません。
人生の途中から運命的な絆に吸い寄せられるように神秘的な方向へ向かった絵に描いたような女性です。


《Stage》  活躍の舞台  10-1

カルミックナンバー⑩は、再誕生の数字。
前世でやり残したカルマャ目的を今世で果たすためのナンバーです。



《資質》の中で際立っているのは

  Maturity 6
集団意識をキャッチして引っ張ることが出来る人だからこそ彼女の仕事を支援する多くのシスター達が集まったのではと。

Support 5
まさに慈悲の心で貧しい人や病気の人達をあたたかくサポートする大きな力、マザーテレサそのものです。

Emotion 5  
様々なあふれる感情によって大きなエネルギーを得る。



d0214179_11265349.jpg






《人生の年表》
☆サイクルナンバー  どの様なことを学ぶ時期なのか?
《0~27》 8 精力的に活動しアウトプット。
《28~45》 8 さらにパワフルに活動。
《46~ 》 2 受容、物事をそのまま売れ入れ調和を大切にし協調性やバランスを学ぶ。

☆ピナクルナンバー どんな状況の時期なのか?
《0~27》  7 内省と探求
《28~36》 1 不要なモノを整理して明確な目標を立てて新しいステップへ。
《37~45》 8 サイクルナンバーと重なりパワフルに活動する忙しい時
《46~ 》 1 1人ではなく多くの協力者を得て形にしてゆく。

☆チャレンジナンバー  与えられた試練や今回の人生での課題
《0~27》  9
不要なモノは手放し、本質を見抜いていき変容すること。この時期、いかにエゴを捨て、自分軸をしっかり持つこと大事。

《28~36》 6
人間関係や愛について学ぶとき。
正に、この時期、カルカッタの聖マリア高等学校で地理を教えていた時期とかぶり、生徒との間に愛を学び育んだのではないかと思われます。

《37~45》 3 
楽しくクリエィティブに。自分のカラーを出したり、ヒントを得るために外に出る。

《46~ 》 6 
愛を持って理解し、ライトワーカーになることで周囲の人達を癒し、力づける。




☆大きな出来事を年式で追ってみました。

17歳《16-17》 ※24から16に落ちた翌年。
神の啓示を受け、「一生を神にささげ貧しい人達のために働こう」と決心する。人生の転期であるが、ここから⑯というカルミックの年が9年続く。

18歳《16-18》 ロレット修道会の会員になるためにアイルランドに行き、インドに派遣。

19歳~38歳  修道会経営のカルカッタにあるセントメリーハイスクールで地理の教師、最後の数年は学校長を務める。

20歳《16-20》 受容の②と霊性の0
ロレット修道会のイスターとして初誓願。修道名をテレサとする。

36歳《18-18》 26から18に落ちた年 バースの⑱とトリプルの年。その途中「より貧しい人の中のイエスに仕えよ」という神の声を聞きカルカッタのスラムで働くことを大司教に願い出る。

38歳《18-20》 ここでも⑳の影響が大きい。
ローマ法王から許しを得て、カルカッタのスラム街に移住し、学校開設

40歳《18-22》 ㉒の創造  
現実社会での大きな事業の取り組みスタート。インド国籍を取得。
「神の愛の宣教者会」をカルカッタで設立。ここからインド各地に広まる。

42歳《18-24》
カルカッタ市内のヒンドゥー教寺院の隣に「死を待つ人の家」を開設。
「この世の最大の不幸は貧しさや病ではなく、自分は誰からも必要とされてないと感じることです」 ・・・テレサのコメント

54歳《19-27》 ⑲
自立し本当の意味での自信と威厳を現実社会に確立「神の愛の宣教者会」にローマ法王の許可がおり、ここから世界各地に修道会施設を作る。

60歳《2-6》 
愛がテーマの受容の年 ※56歳から初めて1ケタ数字に。
ヨハネ23世平和賞をローマ法王パウロ6世より受賞。

69歳《3-6》 
愛がテーマの楽しむ年 ノーベル平和賞を受賞
「私は受賞者に値しませんが、貧しい人々を代表して、この名誉ある賞を頂きます」 ・・・テレサのコメント

71歳《3-8》  
外にアウトプットして楽しむ年
初来日、「日本人はインドのことより日本の貧しい人々への配慮を優先すべきです」・・・テレサのコメント

78歳《4-6》  
心臓発作で入院。ペースメーカーを埋め込むが、④安定の影響なのか驚異に回復へと向かう。

87歳《5-6》  ※13から5に落ちた翌年  変化と揺さぶり!?
9月5日心臓発作のため死去。 9月13日 カルカッタ市内で国葬。




《最後に・・・ 》 

「世界に最も偉大な女性10人」の1人にあげられるマザー・テレサ。
ある意味、恵まれた環境にありながら17歳という若さで、家を離れインドという異国の地で命を終えるまでの約70年間、平和の思いを胸に、より貧しい人達のために奉仕活動をしました。

究極なまでに、あらゆる物欲を捨て、国境も信仰も越えて活動した彼女の根底にある大きな慈愛と不屈の精神に感動を越えて心が震えました。

彼女自身が、神の啓示を受けて始まった活動ですが、「テレサのもとで一緒に働きなさい」という啓示を受けた沢山のシスター達が彼女のもとに集まったという類いのエピソードも多くあり、目に見えない大きな力が彼女を後押しした事実は見落とすことが出来ません。

また。ユーモラスでチャーミングな親しみやすさも持ち合わせる2面性に多くの人達も魅きつけられ、協力の輪が広がったのでしょう。これらの全てが、テレサの偉業に導いたのだと確信しました。
では、レポートの締めくくりに彼女のメッセージを・・・。




d0214179_11264118.jpg







「それでも」

人々は、理性を失い非論理的で自己中心的です。
それでも彼らを愛しなさい。
もし、いいことをすれば、人々は自分勝手だとか何か隠された動機があるはずだ。と非難します。
それでもいい行いをしなさい。
もし、あなたが成功すれば、不実な友と本当の敵を得てしまうでしょう。
それでも成功しなさい。
あなたがした、いい行いは、明日には忘れられます。
それでもいい行いをしなさい。
誠実さと親しみやすさは、あなたを容易に傷つけます。
それでも誠実で親しみやすくありなさい。
あなたが歳月を費やした建物が一晩で壊されてしまうことになるかも知れません。
それでも建てなさい。
ほんとうに助けが必要な人々ですが、彼らを助けたら彼らに襲われてしまうかも知れません。 
それでも彼らを助けなさい。
持っている一番いいものを分け与えると自分は、ひどい目にあうかも知れません。
それでも、一番いいものを分け与えなさい。

マザー・テレサ




Reported by
Yukari F.
Aeons Numerology Basic The 8th class
by kej000 | 2015-09-03 11:39 | 数秘レポート

幾多の試練を乗り越え・・ *長渕剛

かの長渕剛さんを数秘で読み解くと?
彼のバイオグラフィーを、同じく男性の視点で数字と共に辿るレポートです♫




d0214179_12294918.jpg







長淵 剛 
Tsuyoshi Nagabuchi
生年月日 1956年9月7日


1970年後半より日本を代表するシンガーソングライターとして俳優として、幾多の試練を乗り越えながら、若者に絶大な人気を得るまでの道のりを辿ります。


〈personality〉
誕生数(Birth Path number) 19-1 10-1番

その人の深層意識を暗示し、生まれ持った資質、性格、個性、生きる姿勢や才能、その人
の潜在能力等の普遍的な特質を表す

19,10の1番を持ち10番は、人道的な方向へ進む霊性のナンバーであり
19番はリーダーとなる資質を持ち人々や世の中の為に偉大な貢献をしていく
ナンバーで人生の中で試練を乗り越えるテストが用意されて
自分の目指すところへ進んで行くナンバーです。
持ち前の行動力を発揮し、試練を乗り越えながら自ら、見えないゴールへ向かっていった
彼の性格、資質にピタリと当てはまります。

運命数(Destiny number) 11番

人生における使命や目的何を実現していくのかを表します
11番という数字は、ズバリ『霊性』バイブレーションが最も高次の段階を示す数字で,
1+1=2であることから、2の感受性の降幅が増し、更なる内面への探究へ向かう意識を持ち、鋭い直感力と豊かな感受性が彼の高い芸術性を後押しして、理想に向かう揺るぎない意志を生むことで彼独自の感性の豊かさが霊性となりカリスマとして人と天を結ぶ波動となって絶大な人気を得る結果となったのかもしれません。 

この二つのナンバーから引き出されるナンバーを
実現数(Realization number) 3番

今回の人生での可能性や実現性を表します

彼本来の表現力の豊かさで他者を自分事の様にとらえ、精神的な喜びを人と共に共有し、人々に未知の光を投げかけることで1番のリーダーシップとしての能力と
3番の表現力や感性の豊かさの両面を上手く使っていき社会や人々と共に歩んでいくことこそが彼本来の目的だったのでは、ないでしょうか?

ソウル数(Heart number) 5番                               

その人の内面の声や価値観の目安で魂の根源的なレベルで望んでいることで、
本人も自覚されてないこともあります。
この心の声を聞き生きていくことは、その人にとって矛盾のない
魂の要求に近い生き方を示すことにもなります。

彼のソウルナンバーは5番です。
自由で革新家で冒険家これは、心の内面のナンバーなのですが、
やはり、パワーが強いのでしょうか内面から溢れる様なパワーで
5番のエネルギーもよく伝わってきます。

人格数(Personality number) 6番
その人の社会的な仮面を暗示
気づかないうちに身につけてしまった第一印象、他者の目に移る表面的人格

誕生数の1や運命数の11にある様なリーダーシップやカリスマ性とは別に表面的には、平和主義で堅実で保守的な側面も併せ持つことで、彼独自の世界観や個性が人々の心を動かし数々のヒット曲が生み出されたのでしょう

ステージナンバー(stage number)彼の活躍のステージは7番です。

7番は、 知的で洗練され個性的で彼独自の世界観を持ちそういった個性を歌に表現することで人々の心を動かし数々のヒット曲を生み出されたのでしょう


nature number は7番
 
内省的で洞察力を持った知的さが、彼独特の魅力となり多くのファン層を得る原動力となったのでしょう




Action numberは2番
 彼の行動パターンは、2番  バースナンバーが1番ということで、一見激しくも見えがちですがロマンチストな部分も多く人を思いやる協調性と感受性豊かで平和的な部分は音楽での世界にも存分に発揮されていました。

Challenge numberは、9番
 今世での挑戦するナンバーは、9番、リーダーとして舵を取りながらも、
愛と理解力を持ち穏やかに人類愛を実践するという全てのエネルギー受け入れる真の力強さを持つことが彼の最大のチャレンジなのではないでしょうか?




d0214179_12301044.jpg





〈History〉

 若年期 9番

警察官の父親と母親の二男として生まれ出生後まもなくインフルエンザで、生死をさまよった時期もあり幼い頃は、体が非常に弱く病院通いが欠かせなかったそうです。
音楽が楽しみで、同郷の吉田拓郎等のフォークソングを聞き音楽の世界へ入って行きました

17歳(year number 27-9)

大学祭前座での初めての舞台を経験
これから始まる音楽活動の下準備です。

18歳(year number 19-1)

友人と二人でフォークソングのグループを結成しステージ活動を本格化させる
新しい発展の年彼にとっては一番良い時期の船出だったのでは、ないでしょうか?

19歳(year number 20-2)

福岡産業大学へと進学
場末のバーでオリジナル曲を歌い続ける、このときは、まさに地獄の様な環境で毎夜のようにビール瓶や灰皿が飛び泥酔した客や極道から罵声や蹴りを浴び続ける日々であったが
ここで根性が鍛え上げられたと本人も述べており、後年に披露するリアリティに満ちた悪漢の演技もここでの経験と観察によるものであった
そして、ライブハウスでの活動も本格化し、苦労しながらも礎を気付いていきます。

20歳(year number 21-3)

財団法人ヤマハ音楽振興会主催の第12回ポピュラーソング・コンテストに出場。
『雨の嵐山』で入賞を果たす。
まだまだ、彼にとっては序章にしか過ぎませんが、3番である、発展の年に入賞という形で一つの成果を生み出したといえるのでは、ないでしょうか?

21歳(year number 22-4)

前年の入賞を機に、ビクターレコードより『雨の嵐山』で、デビューするもヒットせず

22歳(year number 23-5)

『巡恋歌』で第15回ポピュラーソング・コンテスト入賞を機に東芝EMIから同曲で再デビューし、南こうせつや庄野真代らとコンサートを本格化させる
ラジオのオールナイトニッポンのコーナーの担当をするようにもなる
そして、5番の年に前年のデビュー曲からさらに発展させることで再デビューを発し
5番の持つ数字のエネルギー通りに新しい風が吹きさらに外向きに多くの人々へ活発化して行くのです。

23歳(year number 24-6)

初のオリジナルアルバム『風は南から』をリリース

24歳(year number 25-7)

元々のアルバムの収録曲であった『順子』がファンの熱い要望によりシングルカット。
同年8月には、オリコンチャート1位に輝き、この曲の大ヒットにより、一躍トップシンガーの仲間入りを果たす。

25歳(year number 26-8)

全国ツアー初めてバックバンドをつけたり、初のピアノによる弾き語りや、アコースティックギターだけでなく、バンジョーやエレキギターを持つなど新たな試みが数々と披露された。
この時は、year number26-8番 トップシンガーとして仲間入りを果たしても尚、パワフルに夢の達成に向けて動きます。
そして、当時アイドル歌手であった石野 真子 と結婚もしています

27歳(year number 28-1)

石野 真子との離婚
初の主演テレビドラマ『家族ゲーム』が放映開始、俳優としても本格的に活動を始める
また何かを清算させたかったのでしょうか?
離婚という形でまた新たなスタートを切り、俳優としての活動を本挌化させていきます。

29歳(year number 3)
二桁の年もここで終わり大きなサイクルは2番へと入っていきます
未来の完成予想図を描きながら、人間関係と協調性の開発へと向かいます。
自身初のプロモーションビデオを制作

31歳(year number 5)
そして5番の年、さらに変化を付けることで、新しい風がどんどん吹き
アルバム『ライセンス』が第29回日本レコード大賞にてアルバム大賞を獲とく
志穂美 悦子と再婚をします

32歳(year number 6)

8年越しのシングル『乾杯』をリリース、ミリオンセラーとなる
主演したテレビドラマ『とんぼ』放送開始
同ドラマのタイトル曲となる『とんぼ』をリリース。ミリオンセラーを記録する

彼の歌や生き様が無条件の愛として若者達を中心に浸透し
去年、今年とシンガーとして俳優として大活躍を見せる。

33歳(year number 7)

主演した映画『オルゴール』が劇場公開開始
アルバム『昭和』リリース。ミリオンセラーとなる。
主演した映画『ウォータームーン』が劇場公開開始
ドラマ『とんぼ』『うさぎの休日』の演技が評価され、
まだまだ勢いは止まりませんが、この年にリリースされたアルバムや映画は、彼の内省や自己探求、精神性への目覚めが、見え隠れして入っているように思えたのは自分だけでしょうか?

34歳(year number 8)

NHK紅白歌合戦に初出場

35歳(year number 9)

主演したテレビドラマ『しゃぼん玉』が放映開始
シングル『しゃぼん玉』リリース。ミリオンセラーとなる。
この年が終わりサイクルナンバー9から1にピナクルナンバーが7から1へと移行する

37歳(year number 11-2)

シングル『RUN』をリリース。ミリオンセラーとなる
主演したテレビドラマ『RUN』が放映開始。同ドラマの打ち上げパーティー終了後に
ADに暴力をふるってしまう
アルバム『Captain of the Ship』がリリースされるが、歌詞盗作疑惑」が持ち上がり本人が謝罪した。

まだまだ、人気は、ありましたがADへの暴力や歌詞盗作疑惑が持ち上がる
この年は、11-2で2の感受性(霊性)の振幅が増し、理想に向かう揺るぎない心がどこかで、崩れ落ちたとき揺さぶりが起こりこういった行動を起こしてしまったのでは、ないでしょうか?

38歳(year number 3)

大麻取締法違反で逮捕され、処分保留のまま釈放、起訴猶予処分となる
自身3度目となる東京ドームにてライブを行う

40歳(year number 4)

再起後の最初のアルバム『家族』をリリース。


41歳(year number 5』
再起のアルバムを出した翌年は5の年
フォーライフレコードに移籍
シングル)『ひまわり』リリース。
環境を変え再び新しい風を吹かせるべく外へ外へと活発化していく

44歳(year number 9)

8年ぶりのロサンジェルスレコーディングアルバム『空』リリース。
金髪&肉体改造で新たな長淵スタイルを作り上げ翌年に向けて
新たにスタートする

そして、現在は57歳、全盛期の勢いは影を潜めたが、桜島でのオールナイトコンサートや
アリーナツアーを実施するなど絶大な若者たちの人気は、まだまだ根強く残っており、
また、ゆずの岩沢厚治、押尾コータロー、福山雅治、Mr.Childrenの桜井和寿、GLAYのTAKURO、つんくらも彼から受けた影響は大きいと言い彼が若者に与えた影響はかなり大きいものだったといえるのでは、ないでしょうか?
最近では、バラエティーやトーク番組にも出演しまだまだ若者たちにメッセージを発信し続けている。




d0214179_1230311.jpg



Reported by
Kansai Aeons Numerology Basic class
S. Okuda
by kej000 | 2015-08-25 12:34 | 数秘レポート

愛のメッセージを届け続ける人 *黒柳徹子




d0214179_10161850.jpg





黒柳 徹子 
kuroyanagi Tetuko

【生年月日】1933年8月9日

現在81才  
Year cycle 6

東京都出身 
女優 タレント エッセイスト 声優 司会者
愛称 トットちゃん


Birth     (誕生数) 15-6
Destiny   (運命数) 70-7
Soul     (ソウル数)   7
Personal   (人格数)   9
Realization (実現数) 13-4
Stage 11-2
Challenge 11-2
Nature   4
Action   9
Cycle number ( 0-30)   8
Cycle number (31-48)   9
Cycle number (49-  ) 16-7


【 際立っている資質】

◎Maturity 7
成し遂げる力
◎Creation 0 
想像力
何かを生みだす力  

  
       

【Birth (誕生数) 15-6】 調和

黒柳さんは、6のnumberが示す人生そのものを生きていると思います。
無条件の愛、深い思いやり、平和、奉仕、審美眼、どの言葉もぴったりです。
1984年にユニセフの親善大使に就任してからは、飢餓、戦争、病気に苦しむ世界の子供たちを訪ね、テレビを通してその実情を伝える活動を続けています。
見返りを期待せず、周囲の人への奉仕、サポートし社会に貢献すること、言葉では簡単にいえますが、実行するということはなかなかできることではありません。


【 Destiny (運命数)70-7】 飛躍

7という数字は知的探求心、分析力と直観力、大自然とかかわるなどありますが、誕生数で与えられた才能や個性をどう生かしていくかを告げるナンバーです。
黒柳さんは、愛のある方なので、世のため自分にできることはなにか考え、直感でボランティア活動へ進んでいったに違いないと思います。なぜなら、一桁にある0という数字をもっているからです。これは、霊的な素質を豊かに発揮する能力に恵まれていることを意味します。自分の中でこうしていこうと思ってなかったけど、直感やインスピレーションで自分の使命というものに気づき進んでいっていると思います。


【 Soul (ソウル数)7】 飛躍

ソウル数というのは、魂の欲求です。
テレビに出ていて影響力のある黒柳さんは、平和のため自分のすべきことを知っていたと思います。本を読んで心に残った言葉で「何かを変えようと思ったら、みんなが一緒に力を合わせてやらないと、みんなが心を一つにして、自分だけが良ければいいという考えじゃダメなんじゃないかと思う。」と考えてました。本当にその通りで、世界中の人が同じ気持ちになり平和を願えば、争いのない平和な日々が訪れると思います。


【Personal (人格数)9】 完結

人格数とは、その人の第一印象という感じでしょうか。
黒柳さんは、人あたりが良く幅広い人と交流できる人、人類愛、博愛問言葉がぴったりです。
動物、自然も愛する方で、「パンダと私」というエッセイ本を出版しています。本を出版した1972年当時、日本で一番パンダに詳しい人ということで、取材が殺到するほどでした。


【 Realization(実現数)13-4】 修練

13-4は、カルミックナンバーといって、エネルギーが強く、探求者ナンバーです。障害の度に変容する修練を経験しカルマの負債を清算することになります。小学校1年生の時にわずか3か月で退学になったという経歴があります。とても個性的で、落ち着きがなかったためです。しかし、転校先のトモエ学園は、時間割があっても好きな教科から勉強してよいし、早く終わったら散歩という毎日で、毎日ワクワクしながら通いました。特に気に入っていたのは、教室が廃車になった電車でできていたところです。退学になったおかげで、自由でのびのびした学校に通えることになりました。しかし、楽しい生活もいつまでも続かずに、その数年後には、日本は戦争という時代を迎え4年間青森に疎開しました。


【 Stage 11-2】 霊性

活躍の舞台は、11-2です。常に自分の体験から人々に訴えている姿を見ると、芸能活動を通じて天と地の橋渡しの役割をしていると思います。メッセンジャーといったところでしょうか。


【 Challenge 11-2】霊性

高い芸術性、高次からのメッセージを受け取り、アウトプットしていく、自然を愛する、バイタリティー、全て黒柳さんのことのようです。


【Nature 4】安定

常に、現実社会と向き合いコツコツ真面目に生活の基盤を作ってこられました。勤勉で忍耐力のあるかたです。約10年間やった「ザ・ベストテン」の司会では、久米宏さんとどんなに若くても、どんなに歌が上手でなくても敬語をつかいましょうと決めました。それから、若い方が見ているので順位も決して変えないようにしましょうと始める前に決めました。真面目さ、信頼ということを表していると思います。


【 Action 9】完結

愛と理解力をもって穏やかに人類愛を実践してきました



d0214179_10162421.jpg






●History

 《若年期 8》
黒柳さんは、とても元気のいい子でした。小さいころから自立心があり、一人で何でもやろうとする子でした。好奇心旺盛な子でもありました。「窓ぎわのトットちゃん」を読むと自由ヶ丘にあったトモエ学園での生活がわかります。名前は徹子だが、人の喋っている音が自分流に聞こえてしまっていたそうで、「テツ子ちゃん」とよばれるのを「トットちゃん」と言われていると思い込んでいたそうです。黒柳さんは、49歳まで二桁サイクルが続いていました。本を読んで感じたことは、幼少期は、行動力があってとても元気な少女でした。


・1945年 12歳 number18→9 変容
 3月10日東京大空襲でトモエ学園が消失してしまった。そのあと、青森へ疎開した。この時期は、環境の変化、別れを経験して精神的成長をしていった時期でした。


・1953年 20歳 number17→8 繁栄
東京音楽大学声楽科在学中にNHK放送劇団養成所の試験を受けて合格。「子供に上手に絵本を読んでやれるお母さんになりたい」というのが応募のきっかけでした。学校を卒業してからは、ラジオドラマで大人気となります。個性が邪魔と役を下ろされたこともありましたが、ラジオドラマのトン坊という役で大人気になっていきました。社会進出して、パワフルに挑戦していったことが成功へとつながりました。行動力があり、負けず嫌いなところもあるのではないでしょうか。


・1958年 25才 number22→4 創造(安定)
 この年、史上最年少で紅白歌合戦の司会を務めました。テレビのレギューラーが週に6~7本、ラジオも3本あり、睡眠時間3時間となり過労で入院してしまいました。組織に属してコツコツ真面目に仕事してきましたが、このことがきっかけとなり、睡眠は8時間確保し、やりたいと思う仕事だけやることにしました。22は、大きなことを成し遂げられる年でもあり、大掃除の年でもあったので、このような結果となったのでしょう。28才からは、舞台にも活躍の場を広げていきました。


 ・1971年 38才 number26→10→1 
  1年間の休暇を取るためニューヨークへ渡米。その間、ダンススクールで演劇やダンスを学ぶ。不要なものを整理して、新しいことを始めました。直観で決められたのでしょうか。行動力があり、さすが黒柳さんです。


・1976年 43才 number22→4
 「徹子の部屋」放送開始。この時、視聴者を混乱させないようにテレビドラマには一切出演しないことを決めました。そんな心配りもあってか、今年5月には放送一万回突破しました。大きなビジョンを描き 新しい年に向かう 開拓する年。そんな年に始めたこともあり、長寿番組を作っていけたのではないでしょうか。


・1981年 48才 number27→9 完成
 「窓ぎわのトットちゃん」刊行。大ベストセラーになり、印税で「社会福祉法人トット基金」を設立しました。これは、ろうあ者、身体障害者のための通所支援施設です。愛をもって奉仕活動を始め、人類愛を深めていきました。その3年後ユニセフ親善大使に就任します。以後飢餓、戦争、病気に苦しむ世界の子供たちを訪ね、テレビを通してその実情を伝える活動を続けています。その後、数々の賞を受賞されました。Cycle number9とyear cycle9が重なった完結の年に本を出版したことで完成された素敵な作品になったのではないでしょうか。


・49才~year cycle7、pinnacle number6、Challenge number1

 現実的に幅広い人々と交流して、人類愛、博愛を学びドラマチックな時期を送ってきましたが、ここからは、精神性に目覚め自分にできることは何か、探求してきたかもしれません。著書のなかで、自ら40代の時に夢中だったのは心磨きだったといっています。もっと知的になりたいと思い、絵を観たり、展覧会へ行ったり、本を読んだりしたそうです。

100才まで舞台に立ちたいと、健康のため夜寝る前に50回のスクワットを始めたりもしました。人に何かを伝えることが自分の仕事だが、言葉以上に感情が思いを伝えると言っています。ユニセフの仕事で他の国の子供たちに話かけるときに、日本語で話かけるそうです。言葉がわからなくてもわかってくれるようです。それは、動物やまだ言葉のわからない赤ちゃんに対しても同じだそうです。

黒柳さんは、年を重ねて、ますます才能を開花させていきました。自らの経験をもとに平和を訴え、戦争で犠牲になった子供たちに愛をもって、寄り添ってきました。Birth number6そのもの生き方をされてこられました。



d0214179_10161033.jpg





現在は、BS朝日で毎週水曜日夜10時から「コドモノクニ」という番組にレギューラー出演しています。大正から昭和にかけて絵雑誌「コドモノクニ」を作った芸術家たちの人生をたどり未来に伝えたいメッセージをひもとく番組です。黒柳さんは、子供たちの未来へ続くメッセージを届けています。高次からのメッセージを受け取り、愛をもって人々に伝えていく活動はまだまだ続きそうですね。これからもお体に気を付けて活動していってほしいと願います。



Reported by
Aeons Numerology Basic the 8th class
Hiroko S.
by kej000 | 2015-08-25 10:26 | 数秘レポート

『今を』一生懸命生きる* 松岡修造 その2

松岡修造さんのレポート。
アメリカン・ハイ・スクールを卒業した後。
その後の彼を追っていきます。



d0214179_227063.jpg





◆ 19歳 (1986年) ◆     number 5

【 変化、環境の変動、大胆、挑戦、機敏と柔軟性 】

大学へ進学しようとした矢先、ブレッドから 「腕試しにプロの試合に出てはどうか!」 と人生の転機となる一言を言われる。
この提案に対し彼は勝てるわけがないと渋ったが、ブレッドは 「つまらない恐怖心を持つな!人間には思いもよらぬ能力がある」と叱咤激励する。その言葉を聞き 挑戦を決意。

軽い腕試しのつもりが、予想に反し4週全ての大会で本戦に勝ち上がり5週目の大会にも進出した。
その結果に驚いたブレッドが、「いっそのこと大学に行かず、プロになってみないか!」 と勧める。

この時ばかりは即答できなかったが、考えに考え抜いた末、最終的にはプロの道を選択する。

そしてここでも両親に大反対されることは予測し、「2年やってダメだったら大学に行く!」 という条件を考え、両親を説得し承諾を得る。

両親はプロ転向に際して、「一切の援助はしない」 という条件だった。そのため金銭の工面に苦労することになる。ツアー中のホテルでは、隣のテーブルからクロワッサンを盗んで食べたこともあったという。

また、無名の選手でしかなかったので、練習相手がおらず、必死の思いで頭を下げても相手にしてもらえず 何度も断られた。その当時、テニス後進国の日本の選手を相手にする者はおらず、日が暮れるまでストレッチ体操しか出来なかったこともあったという。

その当時、阪急ホールディングスの約束された将来を蹴って、プロテニスに転向した彼を マスコミは 「反骨の御曹司」と呼んでいた。


◆ 21歳 (1988年) ◆     number 7

【 ステージアップ、才能を開花させる、コンセプトや計画をより深める時期 】

プロ転向 2年目。 世界ランキング82位にランクイン。
コーチのブレッドには、「5年で100位以内に入れば上出来」 と言われていた。
その目標を3年以内で達成し、「世界に通用する日本人プレーヤーとして一躍注目を集める。



◆ 22歳 (1989年) ◆     number 8

【 達成、実りを感受、成果、富や名声 / 健康、コントロール要の時期 】

国際選手権で準優勝を果たす。ハイネケンオープンでは初優勝に輝く。

しかし、その年、半月板を損傷し、テニスの一時離脱を余儀なくされる。 ここから茨の道が始まる。



◆ 23歳 (1990年) ◆     number 9

【 孤独と疎外感、理性の混乱、ドラマチックな時期、変容 】

その後、2度に渡る手術をし、10ヶ月間コートから遠ざかる。
そして、復帰するが、また左足の靭帯を全て断裂する大怪我を負い、選手生命さえ危ぶまれる。
その時 彼は、「逆境を乗り越えるたびに人は強くなれる」 と信じ上半身の強化に努める。



◆ 24歳 (1991年) ◆     number 10-1

【 新生、開拓と勝負、不要なものを整理して新しいステップへ、行動力、現状打破 】

怪我から復帰しチャレンジャー大会で優勝し、完全復帰を印象つける。
翌年の春、number10-1、25歳の時、世界ランキング自己最高の46位まで上げる。
* 今でこそ錦織選手がランキング4位だが、当時は100位切ることは本当に凄いことだった。この記録は2011年に錦織選手が更新するまで20年近く日本人男子選手の最高位だった。



◆ 25歳 (1992年) ◆     number 11

【 混乱、内面的苦悩、心と体の破壊、アイディアが形にならない 】

その年の末、ウイルス性の病気にかかり、再び長期の療養生活に入る。
彼は 「この時ばかりは、涙が止まらなかった」 と語っている。
選手ランクも落ち、その後は不振にあえぎ、周囲の期待も薄くなっていき、引退も囁かれる。



◆ 27歳 (1995年) ◆     number 5

【 革新、多才、環境の変動、機敏と柔軟さ、形になったものが外向きに活発化 】

ウインブルドン選手権で、日本人男子テニス選手として、62年ぶりのベスト8入りを果たす。
ウィンブルドン大会は世界最古のテニストーナメントであり、最も格式高い大会。

試合では、「この一球は絶対無二の一球なり!」 日本テニス界の大先輩、福田雅之助の言葉を叫びながら試合に挑む。
「もしこのゲームを取られたら、また振り出しに戻ってしまうかもしれない。怖かったから、いつも自分が使ってきた言葉を叫ばず
にはいられなかった」 と試合後語る。

この大会は、怪我で欠場した選手の代わりにチャンスがやってきたという試合。
その大会でのベスト8は快挙で、日本テニス界のパイオニアとして歴史に名を刻む。

◆ 30歳 (1998年) ◆     number 7

【 解放、内省、可能性の拡大、独立や転職 】

元アナウンサーの田口恵美子と結婚。 そして30歳という若さで現役を引退。

引退会見では、引退という言葉は使わず 「卒業」 という言葉にこだわった。
「終わりではなく、新しい修造の始まり」 と語った。

その言葉通り、この年 「トップジュニアキャンプ」 という若手選手の育成を始める。
また、キャスター業もスタートさせる。
この年 スタートさせたキャスター業が認められ、オリンピックの、ソルトレイク ・ アテネ ・ トリノ ・ 北京・バンクーバー ・ ロンドン
と続いてメインキャスターを務めている。
広い分野での活動をスタートさせる年となる。



◆ 36歳 (2004年) ◆     number 4

【 基盤作り、継続、準備と前進、堅実さと責任 】

2004年からは、TV朝日の報道ステーションで、スポーツのキャスターを務め始める。
他、2000年からは、くいしんぼう万歳のレポーターをし、今年で15年目を迎える。
この頃から、着実に仕事の幅を広げていく。



◆ 41歳 (2008年) ◆     number 9

【 完成、精神的成長、新しさへの心を聞く 】

この年、CM起用ランキングで、木村拓哉と並ぶ 男性1位に輝く。
また、好きなスポーツキャスター・コメンテーターランキングでも、第1位を獲得。 翌年も続けて1位。
芸能界での存在感を確立したと言える。



◆ 45歳 (2012年) ◆     number 13-4

【 基盤作り、形成、信頼、堅実さと責任 】

テニス引退後は若手選手の育成にも力を注ぐが、それが認められ、この年、
日本テニス協会強化副本部長に就任。 「修造チャレンジキャンプ」 という取り組みでは、
錦織圭 他、現在のテニス界のトップ選手を育てている。


◆ 47歳 (2014年) ◆     number 6

【 調和、本質の理解、心からの真実、愛情と思いやり、家族問題 】

この年発売された、「日めくり まいにち 修造」 というカレンダーが発売から10カ月で 発行部数100万部に到達。
彼の写真とともに彼流の格言と、説明が添えられている。 彼曰く 「僕の哲学を記しています。ここが一番大事!」
日めくり商品としては異例の売れ行きで、一時は注文に生産が追いつかない状況になる。
2015上半期ヒット商品番付でも東の前頭入りを果たす。

CM起用社数ランキングでは、男性部門で1位となる。2008年以来2度目の首位。

理想の上司ランキングでも1位。 「僕は何年も同じことをしてきた。周りが変わっただけ」 と冷静に語っている。

彼は3児の父、結婚生活は今年17年目。彼の妻は 「皆の事は応援しているのに私の事は応援してくれてない」 と言っている。
それに対し彼は 「一番応援しなければいけないのは家族だと思ってるんですけど・・・ 僕が父親で良かった 旦那で良かった、
と思ってもらえるようにしたい・・・」 とテレビで語っている。
サイクルナンバー(何を学ぶ時期か?)、 33-51歳が6番。 家族の問題は、この20年 彼の課題である。


★ Cycle Numbers ★     どのようなことを学ぶ時期か?


●0-32歳 (Number 2)
変化を受け入れ、人間関係から様々なことを学ぶ時期。 自らの経験を通し、人に対する優しさや気配りが出来る感受性のある人
になる。また、人との協調性・協力・受容(受け入れて取り込むこと)や、人との境界線を学ぶ。数多くの経験を通して学ぶことにより
バランスのとれた平和的な人になる。 まず自分を受け入れることにより他者を受け入れることを学ぶ。


●33-50歳 (Number 6)
喜び活動することにより内面の成長を目指す。 本当の意味での愛情・親切・献身・奉仕とは何か? などの本質の理解を深める
時期。心を開き、他者を受け入れて人を理解することを学ぶ。 身近な家族とも向き合い、内面の強さを学ぶ時期でもある。


●51歳以降 (Number 5)
形になったものが更に外向きに活発化する。「新しい風」や「環境の変動」を受け入れて現状把握をし、計画を立てて進む。
好奇心や冒険心を持って機敏に柔軟に行動していく。 今までの経験を断片的にとらえるのではなく、知識ではなく「智慧」に
変えていくことを学ぶ時期。 



★ Pinnacle Numbers ★     どんな状況の時期か?


●0-32歳 (Number 8)
地道な努力を続けて成功を目指す時期。バイタリティーと自信を持って積極的に進んでいく。その経験により、自己信頼と能力が
育成される。学んだことは、アウトプットしていくと良い。 注意点は、様々な経験をするので、バランスとコントロールが必要な時期。
体と心の健康面の調整が必要な時期。


●33-41歳 (Number 2)
新しい環境を受け入れて冷静に見極めをする時期。 受容、協力、人との境界線について知る。物事を遠目にみることにより
客観的に見ることが出来る。その上で完成予想図を描く時期。


●42-50歳 (Number 1)
今までの経験を武器に 自己信頼し、新しい自分を打ち出していく。 不要なものを整理して新しいことを計画し、新しいステップへ
進む時期。 独創性・開拓精神がある時期なので、インスピレーションに従って、活発に自己主張していく。


●51歳以降 (Number 7)
精神性へ目覚める時期。自分の行動や考えを深くかえりみながら進んでいく。 そして、精神の充実を計り、平穏さを保つ。
コンセプトや計画をより深める時期。才能が開花し可能性が拡大する時期。



★ Challenge Numbers ★     与えられた試練や今回の人生での課題


●0-32歳 (Number 4)
真面目にコツコツ継続して物事を進める。忍耐強く着実に目的を実現させるプロセスを学び基盤作りをする。そして自分の能力
を活かしていくことが課題。 現実的な問題の対処をする試練も、この時期与えられる。


●33-41歳 (Number 1)
不要なものを整理し、自分を信じて新しいステップへの構想を練る。様々な人との交流を通じて自己を成長させる訓練をする。
文筆活動をするのも良い。 自己主張・行動力・独創性が課題。


●42歳以降 (Number 3)
今までの経験を世の中の為に活かせるように、インスピレーションで感じたことを、陽気に明るく表現していく。 自分のカラーを
出していくには どうしたら良いかを考える。人に交わって人の中からヒントを得る。表現力・楽観性・外交性・友好が課題。




◆◆ まとめ ◆◆

「日本一熱い男」 松岡修造のことを人はそう呼ぶ。 彼は日本が誇る元プロテニスプレーヤー。その彼が今の
立ち位置になることは想像できなかった。 しかし、今回、数秘リーディングをしてみて謎が解けた気がする。

誕生数 22-13-4 の彼は、テニスをしていた時代に、何度も何度も お試しの試練があり、その度に、自分と
向き合い、1つ1つ乗り越えてきた。 そんな彼の渾身の言葉を集めたカレンダーがヒット中。 今まで表面的な彼しか
知らなかったが、調べて裏側の人生を知り、カレンダー発行部数が100万部につながっている事にも納得した。

彼が、こんなに熱く人を応援するきっかけがあったことも知った。
ウインブルドンの3戦目、負ける一歩手前の時、”負けるかもしれない” と心の中で思った瞬間、客席から

「 し ゅ う ぞ う 、 自 分 を 信 じ て い け ー ー !」

という声が、外国人ばかりの観客席の中から飛んできた。
その言葉を聞き、”まだ負けてない!” と気付き、その試合に勝利する。
その言葉がなければ、ウインブルドンでのベスト8はなかったと語っている。
その一言は、その後の彼の人生にも大きく影響する。
たった一言の言葉が「人の力」になることを知り、彼は今、全力で人々に熱い応援メッセージを出し続けている。

彼の運命数は9番、Natureも9番、応援することは、彼の人生の使命であり、本質。
それを多くの人たちに伝えるためには、Action5 と Stage11-2 の行動力と強い意志が必要。
また、パーソナル数7 で個性的で親しみやすい熱血キャラを演じ、人々の心に届ける。
また、深く真実味を持って人を応援するには、自身が苦しさを経験し、乗り越えた時の達成感も味わい
そのすべてを伝える為に、誕生数22-13-4と、ソウル数20-2、そして実現数13-4が必要不可欠。
全ての数字が上手く組み合わされて、松岡修造は この世に存在するのだと感じた。

彼は語っている。
「テニスの才能なんかよりも、いま自分がやってることの方が才能があると思っています。人を元気にさせたり
笑わせたり、応援するっていうことが楽しくてたまんないんですよ。生きがいです。そういうことが向いている
からこそ、いい形で表現できているのかな、と思います」 (2015年8月「徹子の部屋より」)

彼の応援は、先述の言葉からも、数秘リーディングの結果からみても、更に熱く続いていくと思う。 そして彼は言う。

「家族や友人など、世の中にはあなたを応援してくれる人がたくさんいます。
その応援に応えなければいけないと思う。
何も結果を出さなくてはいけないということではありません。
ただ目の前のやるべきことを一生懸命やること。それが応援に応えるということ。」

松岡修造の数秘リーディングをしながら、彼から沢山のメッセージを受け取った。
彼の応援は私の心に届いた。その応援に答えるべく、自分を信じ、目の前のことに目を向けたい。



d0214179_21565877.jpg



       

数秘基礎クラス最終日、第8期生の終了課題レポート発表会は、7月23日だった。

「日めくり まいにち 修造」 のカレンダーは、31日間の日めくりになっているが
「23日」 の 彼からの言葉を ここに記して終わりとする。

「 後 ろ を 見 る な ! 前 も 見 る な ! 今 を 見 ろ! 」

「1つの所に命を懸けなさい」
僕は小学校時代の先生にいただいた
「一生懸命」 という言葉が大好きです。
今もこの言葉が僕の中心にあるから、
何をするにも、一生懸命。

過去を振り返ると後悔したくなり、
未来を考えると不安になる。
だから今、この瞬間に全精力を傾けるのです。
この一生懸命の積み重ねが、
未来の自分をつくってくれる。
僕はそう信じています。






Reported by Yumi S.
Aeons Numerology Basic the 8th class
by kej000 | 2015-08-18 22:28 | 数秘レポート

『今を』一生懸命生きる* 松岡修造 その1

すっかりおなじみの松岡修造さんです。が、彼のことをここまで掘り下げた記事(レポート)があったでしょうか? 彼のその熱さの裏側に秘められた真実に迫る渾身のレポートであります♫

松 岡 修 造  (まつおか しゅうぞう)

1967年11月6日生まれ  /  スポーツキャスター、タレント、テニスコーチ、著述家。



d0214179_2242892.jpg




・東京都出身の元プロテニスプレーヤー。
・小学生からテニスの才能を開花させ、慶應義塾高校から テニスの名門・柳川高校へ転校し、インターハイを制覇。そして中退して渡米。
・19歳、プロへ転向。  ウィンブルドン選手権で、日本人選手として62年ぶりに ベスト8 入りを果たす。
・ソウル、バルセロナ、アトランタ のオリンピック連続出場など、日本を代表するテニスプレイヤーとして活躍。
・30歳の現役引退後は、テニスコーチやスポーツキャスターの他、熱血漢的キャラクターを活かしタレントとしても人気。


■ ■ P E R S O N A L I T Y ■ ■


■ Birth Number / 誕生数 ■     22-13-4

22番はマスタービルダーと言われ、創造性の高いナンバー。
強い霊的感受性に目覚めることにより、卓越した才能を発揮し、現実社会において大きな偉業を成し遂げることが出来る人。しかし22番を目指すには、様々な現実問題に対処し 経験を重ね、基盤を作り上げることが必要になる。更に13番は 「創造と破壊」 を繰り返し、障害の度に、その経験の中から大切なものを学び、変容していくナンバー。

22番の matuer は 「熱血」 「 爆発的なパワー」 「実行力、」 「固い意志力」 「 忍耐力」 「リーダーシップ」「博愛主義」 「外交能力」全て、松岡修造に当てはまると思う。

祖父は、阪急阪神東宝グループの創始者、父は東宝の社長。 彼は実業家の一家に生まれた。
将来のエリートコースは約束されていたが、それを蹴ってプロテニスプレーヤーの道を選んだ。

その道に進むことを両親に何度も反対され、またプロになってからは、怪我と病気に何度もおそわれている。しかし、諦めることはなかった。4番の真面目で忍耐力ある性格で、13番の幾多の試練を乗り越え、プロテニスプレーヤーとして功績を残した。現在は、スポーツキャスター・タレント・テニスコーチなど幅広い活動をしながら 人々を応援し、22番に向かって邁進している。



■ Destiny Number / 運命数 ■     9

9番の人は曖昧な事象の焦点を絞る仕事。 例えば、心の分野。 人の心にゆとりをあたえ、愛と理解力を持って穏やかに人類愛を実施する人。彼は30歳までは、テニス一筋で生きるが、引退してからはテニスを通して学んだ 心のあり方 の本をたくさん出版している。

引退後は、スポーツ選手の応援に力を注ぎ、最近では人生の応援歌が話題を集めたり、応援メッセージを書いたカレンダーが爆発的に売れている、類愛や博愛主義の側面が、強く 出てきている。

プロテニスプレーヤー時代は、人々に勇気をあたえ、現在は 発言やメッセージから人々に元気をあたえている。


■ Realization Number / 実現数 ■     13-4

誕生数と同じ13-4を持つ彼は、真面目に 忍耐強く 持久力を持って、次から次に起こる問題に対処しながら自分の目指すゴールに向かって進んでいる。問題が起こる度に、常に学ぶことがあり成長している。彼は、慶応義塾幼稚舎に入学後、小学・中学・高校と慶応に進むが、高校2年の時に、両親の大反対を押し切り、九州のテニスの名門校に転校している。

プロのテニスプレーヤーになった時も、両親からは 「一切の援助はしない」 と言われ、金銭の工面も自分でしている。 ツアー中、宿泊するのは3流以下の安モーテルで、外国人選手と折半し、いつも汚い床の上で寝たという。

また、プロになってからは、何度も怪我と病気に悩まされ 選手生命の危機を経験しているが、諦めることなく強い意志を持って必死のトレーニングをし 復活を繰り返している。


■ Soul Number / ソウル数 ■     20-2

「熱血」 の彼だが、ソウル数は2番。
内面の彼は細やかな心配りができ、優しい平和的な性格だと出ている。

そして、20番の人生は、常に決断を求められる。しかし内側のコントロールが出来ていないと、状況判断を誤ったり、また心の葛藤に苦しむこともある。

彼のメンタルを強めるのに一役買ったのは、心身統一法を広めた思想家・中村天風だった。天風に
出会ってから、全ての著書を読み 公演テープも聞いたという。なかでも 「絶対積極」 を信じ、常に積極的な決断をしている。

そして、ツアー中は、漫画の 「エースを狙え」 を持ち歩き、主人公の岡と自分を重ね合わせ、コートチェンジの間にも見て、精神を落ち着かせていた。形勢不利な時は自分を奮い立たせるため 「岡っ!(主人公の名前)」と叫んでいた時もあったらしい。


■ Personality Number / 人格数 ■     7

個性的で不思議な感じの人が多い。彼の印象は 「熱血」 で熱い男。

しかし自身のキャラについては、天然ではなく計算した上でやっていると述べている。

「僕はさまざまな言葉でメッセージを発していますが、それらを冷静に語ってしまえば、単なる説教になる恐れがあります。取り除きながら元気づけるためには、僕のオーバーアクションは、心からの応援メッセージを伝えるための手段」 と語っている。

人にどんなふうに見られても思いを伝える熱さ、やはり「熱血」の血が流れている。





■ Stage Number ■     11-2

バイタリティー と 揺るぎない意志 を持って、がむしゃらに理想に向かって進んでいく。
その中で、人間関係と協調性を学んでいくナンバー。

彼が高校の時、転校した福岡県の柳川高校はスパルタで生徒を鍛え抜く軍隊式の学校だった。
そこで、シングル・ダブルス・団体戦の三冠達成に貢献。
特に彼が感動したのは、団体戦で優勝し、仲間たちと喜びを分かち合うことができたこと。

柳川高校は、彼にとっての 「心の故郷」 となり、今の彼につながっている。




■ Challenge Number ■     7

精神性への目覚め。本来の自分を内省し、精神の充実を計り平穏さを保つ。

厳しいプロテニスの中に身を置き、毎日続く厳しい練習に耐え、プレッシャーと戦い、周りの反対にあってもまた、怪我や病気にも決して負けることがなかった。
その大変な状況の中で、彼は、自分と とことん向き合い、戦い、本来の自分を見つけていく作業を何度も繰り返している。




■ Nature Number ■     9

全体意識、人類愛があり、正義感があるナンバー。これは彼の本質。

引退後の彼はテニス指導者として若手育成に力を注いでいる。

また、オリンピックのメインキャスターや応援団長としても活躍。
全体意識を持って冷静に判断し、伝えることのできる彼の解説には定評がある。
また、スポーツ選手の応援を命がけでやってる彼を、度々TVで目にする。




■ Action Number ■     5

彼の行動は自由。 新しい風を吹かす人であり、予想不可能な行動をする。

小さい頃から、常に周りの人を驚かせている。
高校の転校、高校の退学、アメリカへのテニス修行、プロ転向。

現在も 「熱血」 という新しいキャラで芸能界に新しい風を吹かせている。




■ Chart Number ■     Support 5     

彼のチャートで目立っているのが、Support 5

彼はテニス時代にサポート力や応援の大切さも学んでいる。
スポーツ選手を、そして人を、サポートしたり応援することを 体全体で表現し全力で伝えている。



◆ ◆ H I S T O R Y ◆ ◆


◆ 若年期 Youth Number ◆     11-2     

11番は理想に向かう揺るぎない意志。 豊かな感受性、直観のナンバー。

彼は兄と一緒にテニスを始めた。コーチは才能のある兄には教えたが、彼には教えることがなかった。才能の無さを何度も指摘され、自身もそれを自覚しながらもテニスの情熱は
衰えることがなく、名門テニスクラブの桜田門倶楽部で本格的に学ぶようになる。
小さい頃から、テニスに対する揺るぎない意志があった。

彼は 11-2 の才能に小さい頃から気付いていた。それを証明する言葉が残されている。

「ジュニア時代の僕は、才能があると言われたことがなかった。一度も言われたことがないのですから、きっとほんとうに技術的な才能は備わっていなかったのでしょう。
それでも試合になると勝ち進みました。
技術的な才能のない僕がどうして勝つことができたのか。
それはおそらく 「人の気持ちを読む力」 「同じ練習をひたすらに続けることができる力」
そういう才能が備わっていたからだと思います。
それが自分自身に備わっていることに気付いたからこそ、世界という舞台で戦うことができたのです。そして、、導かれるナンバー2番から、繊細で感受性の高い若者であったと思われる。



◆ では実際に松岡修造は、どのような子供~青年時代を送ったのでしょうか? 年齢毎に その年のナンバーと比較していきます。
  

◆ 8歳 (1975年) ◆     number 21-3

【 創造、インスピレーション、視野の広がり 】

8歳の時に、既にテニスをしていた3歳年上の姉を見て、兄と一緒にテニスを始める。


◆ 12歳 (1979年) ◆     number 25-7

【 才能を開花させる、探究心、真面目でひたむき 】

小学校6年生の時に、全日本ジュニア日本代表、ジュニア世界大会の日本代表に選ばれる。


◆ 13~15歳 (1980-1982年) ◆   number 26-8 / 27-9 / 28-10

【 達成、繁栄、成功を目指す / サイクルの成就、完成、精神的成長 / 開拓、絶対性、自己信頼 】

中学時代 、全日本中学選手権大会、 全日本ジュニア14歳以下大会、 関東中学校大会、関東ジュニア16歳以下大会 関東ジュニア18歳以下大会、 等全ての大会で優勝を果たす。

テニスの日本ジュニアのトップクラスの選手に成長。


◆ 16歳 (1983年) ◆     number 2

【 反抗期、依存、環境に流される、考えや行動に一貫性がない 】

その後、慶応義塾高校に進むが、夢中に取り組んでいたテニスよりも勝敗がその場で出る 麻雀 に うつつを抜かす毎日が続く。その入れ込みようは、麻雀タコ が出来るほどだった。 彼はこの時期のことを 「甘え地獄」 と形容している。

2番のアマチュアの部分が色濃く出た年と言える。


◆ 17歳 (1984年) ◆     number 3

【 自己批判 / 創造性開花、より多くを経験、成長、激しい情熱、視野の広がり 】

前年までの麻雀の日々にピリオドを打つ。 ある日、「こんなことをしていてもいいのか?」 「テニスがもっと上手くなりたいと思っていたのではないのか?」 「目標のないまま社会人になるのか!そんな人生でいいのか!」と自問する。

そうした ぬるま湯的環境となっていた慶応義塾高校での学生生活を捨て、自分自身を鍛え直すため、高校テニス界の名門校の福岡県の柳川高校への転校を決意する。

その決断は、両親にも、教師にも激しく反対されるが、意志は固く、両親を必死で説得し 転校をする。

転校から2カ月後、ウインブルドンへの道と題された、国内ジュニア大会に出場し優勝。
インターハイでは、シングルス・ダブルス・団体戦の全てを制し、三冠達成をする。


◆ 18歳 (1985年) ◆     number 4

【 基盤作り、軌道修正、実行力、今後の計画、勤勉 】

昨年に引き続き、国内ジュニア大会で優勝する。

そしてまた、大反対の両親を説得し、ヨーロッパ遠征に行くために 柳川高校の休学を決意する。
両親には、「高校を1年休学して、1年後に戻る!」 という条件で、やっと承諾を得る。

その2ヶ月間の遠征で出場した全仏オープンジュニアでは、3回戦まで進出し、手ごたえをつかみ帰国。

その年、世界的名コーチのボブ・ブレッドと出逢い、「アメリカに来い!」 と言われる。
その一言で、単身アメリカ行きを決意。

この時も、母に大反対されるが、泣きながら必死の説得をし、渡米先のハイスクールに通いアメリカの大学に進学する条件で許してもらう。

アメリカのハイスクールでは、英語はまったく分からなかったが、日本語のものを全て排除し、日記を英語で書き、英語の勉強に励む。その努力の甲斐あってハイスクールを卒業。





*******


その2へ続きます。
by kej000 | 2015-08-18 22:23 | 数秘レポート

現役から人材育成へ * マイケル・チャン

8期生、第二段のレポートは、テニス・プレーヤーのマイケル・チャン。
現役で闘い続け、引退後は、アジア選手が世界へ羽ばたく育成コーチをされています。
彼の人生を数秘で追っていくレポートです。



Michael Te-Pei Chang 
(マイケル ターペイ チャン)


1972年2月22日生まれ

アメリカ出身の元プロテニスプレーヤー。男子シングルスグランドスラム最年少優勝記録保持者(17才3ヶ月)。アジアにルーツを持つ男子選手として唯一のグランドスラム優勝者。1989年全仏オープン・男子シングルス部門の優勝者をはじめ、数々の功績を残す。自己最高世界ランク 2位、生涯獲得タイトル シングルス34勝。2003年に現役引退。2014年からは錦織圭のコーチとして活躍している。



d0214179_21195543.jpg




<Personality>
■誕生数(Birth Number)7
生まれ持った資質、生きる姿勢や才能、その人の潜在能力
7番は内省、探究心、独創性といったナンバーです。チャンは小柄な選手だったので、自分よりも体格の良い選手たちにどうやったら勝てるのか、日々研究を重ねていました。若手だった頃は、対戦した全選手の特徴をノートに記録し、勝因や敗因はもちろん、自分に何が足りないかを分析していたそうです。
一度負けた相手には対策を考え、次への準備をしていました。それも全ては「自分がなり得る最高の選手」になるためにやるべきこと。チャンにとって、ショットの強化よりも勝つ方法を見つけることが大切だったそうです。真面目でひたむきなところや自分に厳しいのは7番らしいですね。

■運命数(Destiny Number)13-4
才能や個性をどう生かしていくのか、人生における使命や目的、何を実現していくべきか
4番は安定、建設、継続、現実といったナンバーです。現役時代からファンクラブの会費を全額寄付するマイケルチャン慈善基金を設立したり、引退後も阪神淡路大震災や東日本大震災の被災者への募金のためにエキシビション試合をしたり、と慈善事業に積極的でした。彼は自分が有名な選手であるからこそ慈善事業に貢献できると考えていました。4番のミッションはこの世に秩序、法則をもたらし、ものごとの本質を明らかにしていくこと。そして13番で見るとヒーラーの適性もあります。


■実現数(Realization Number)11-2
今回の人生での可能性や実現性
11番は霊性やスピリチュアル、2番で見ると調和や協調といったナンバーです。調整やサポート、癒しを提供する職業や宗教に関連したことに向いています。チャンは敬虔なクリスチャン。現在は現役時代に設立した「チャン・ファミリー財団」を通じ、キリスト教に基づく慈善事業を展開しています。

■ソウル数(Soul Number)8
魂の欲求 一番大切な価値観 優先したいこと
8番は情熱や積極性、自信、大胆、そして「不可能への挑戦と開拓」といったナンバーです。
チャンは歴代の男子プロテニス選手の中で、もっともメンタルが強いと言われた選手。
175cmという小柄な体格でパワーに欠けるのが弱点でしたが、当時はベストなカウンターパンチャーと知られ、足の速さ、コンシスタンシー、最後まで諦めない強固なメンタルで最年少の17才で1989年の全仏オープンで優勝しました。
パワーテニス時代に小柄な選手が勝てるのか?といった質問にチャンは「勝てる」と断言しています。そして「 私は自己の可能性を信じていましたので、誰の言うことにも耳をかしませんでした。」とも答えています。チャンのメンタルが強い裏にはアジア系への人種差別がありました。アメリカではたとえ才能があってもアジア系移民の力を信じる人は一人もいなかったそうです。でも、チャンはその偏見を力に変えました。勝てるわけがない、と言われ続けたことが元々あったチャンの闘争心を更に成長させ、誰よりも強いメンタルを持たせたのです。

■人格数(Personal Number)5
第一印象 他者の目に映るその人の表面的性格
5番は変化や自由、多才といったナンバー。それはチャンのプレースタイルによく表れていたかもしれません。超スローボール、意表をつくアンダーサーブと、相手を苛つかせる作戦・・・勝つためにはプレースタイルも自由。そのため、全仏で優勝した後、古くからのテニス愛好家の間ではアンダーサーブが批判の対象となりました。「あんな相手を苛立たせる目的のプレーは紳士のスポーツであるテニスにふさわしくない」と。
そしてチャンのプレースタイルに対しては、飛び跳ねるようにボールに飛びつき、コートを駆けまわることから「バッタ」や「ドブネズミ」といったあだ名がつけられました。

■ステージナンバー(Stage Number)3
活動の舞台
3番は発展、知性といったナンバーです。そしてミッションは精神的な喜びを人に与えること、人々に道の光を投げかけること。現役時代、チャンは香港の恵まれない子供達のために未来のスタープログラムを設立し、3000人以上の子供達に用具を提供してテニスを教えたり、テニスクリニックを開いたりしています。チャンは特に子供達を助けるのが好きなのだそうです。そしてアジアにテニスを普及させたいと考えていました。

■Action Number 1
行動パターン
行動力があって計画的、そして指導者になれる人です。コーチをするのは錦織選手が初めてなのだそうですが、適任なのでしょうね。

■Challenge Number 2
チャレンジすること
イメージの世界での価値ある創造物を現実社会で具現化すること。癒しと安心感を提供すること。慈善事業が当てはまります。

資質の中で際立っているのが
*Support 5 サポート力
5番として変化の中で培われてきたものを活かしてサポート出来る人。錦織選手とは同じアジア人としての苦悩を味わっているからこそ、的確なアドバイスや指導が出来るのだと思います。

*Make Mood 1 みんなのモード作り
1番のリーダー気質、みんなを引っ張っていくタイプのようです。

*Intelligence 1 頭の良さ
こちらも1番。これまでの経験を活かし、開拓していけるタイプ。
*Balance -6
これらの資質を経験によって気付いていくタイプ。彼のメンタルは人種差別を受けた辛い経験もあって強くなったし、子供の頃はそれほど興味がなかったキリスト教の信仰も10代の初めころにあった2つの出来事によって16才で洗礼を受けることになります。そしてキリスト教精神を基にさまざまな活動を広げていくことになります。


<History>
■若年期 ~29才
・サイクルナンバー2
2番は変化を受け入れていくナンバー。
彼は幼い頃から聞き分けがよく大人びている子供だったそうです。4才の時、転んで頬を切り病院へ運ばれたことがありましたが、動転している母親を逆に慰めるようなしっかり者でした。チャン一家はチャンが10才になる頃までに引っ越しを3回しています。3回めで落ち着いたプラセンチアの学校ではアジア系の人はほとんどいなかったため、みんなのグループに入ることができなかったそうです。変化を受け入れていく時期だったようです。

・ピナクルナンバー6
6番は調和や愛、家族の問題がテーマ。チャンは家族ととても仲が良く、一家でチャンを支えていました。テニスの基本を教えたのは父と兄のカールでした。カールは現役時代にチャンのコーチを務めています。その一方で、信仰を理由にチャン一家はカルト集団だと批判されることもありました。

・チャンレンジナンバー2
人間関係や周囲との協調性を学ぶ時期だったのでしょう。

*6才(year number 4)
初めてラケットを握ります。4番は何か始めるのに良いナンバーです。

*10代初め頃(year number 10~11)
それまで教会に行くのが億劫だったチャンでしたが、あることがきっかけで信仰が深まります。教会でベッティおばさんと呼ばれていた婦人の説教がチャンの薄れていた関心を呼び戻しました。そしてもう一つ、ある日、家の掃除をしていた時にほこりの被った聖書を見つけました。それは祖父母からの誕生日プレゼントでした。何もすることがなかったチャンは聖書を読んでみることにしました。すると、そこに書かれていたことは時代遅れではなく、何時でもどんな人にでも当てはまるものであることを知って驚愕してしまいます。
チャンは次第に愛する家族と幸せな生活を送れていることに感謝するようになります。
10番は霊性のナンバーで11番は波動の高いインスピレーションナンバー。導きがあって信仰が深められていったのでしょう。
そして10番の時にUSTAジュニア ハードコート選手権のシングルスで、初のナショナルタイトルを取ります。ここからテニス界で活躍をしていくことになります。

*15才(year number 4)
ツアー参戦を始めます。USTA男子18才以下ハードコート選手権で優勝し、18才以下の部のナショナルタイトルを取った最年少選手になります。

*16才(year number 5)
5番は新しい風を起こし、変化していく年。この年はチャンにとってかなり大きな変化の一年となりました。学校の10学年でGED認定試験(高校卒業程度の資格)に合格したので、学校をやめてプロに転向しました。そしてツアー初優勝を飾り、リーボック及びプリンスとスポンサー契約をします。そして、私生活では祖父も設立者の一人である中国系キリスト教会に入信し、洗礼を受け、本格的にクリスチャンとしての歩みを始めることになります。

*17才(year number 6)
17才3ヶ月の史上最年少で全仏オープンで優勝します。6番は喜びの感受の年。これまでの努力が実って最高の一年になったことでしょう。

ここから24才までは、数ある成績を残しているチャン。
しかし、

*25才(year number 5)
オーバーワークにより足首と膝を故障してしまいます。5番は病気や怪我など起こりやすいナンバーです。

*27才(year number 7)
チャン・ファミリー財団を設立。7番は開始のナンバーの一つです。そしてコンセプトや計画をより深める期間。プロとして15年活躍し、全盛期は世界ランク2位までになったチャンですが、晩年は昔ほど調子が良かったわけではなかったようです。この頃から今後の方向性を模索していたのかもしれません。


■壮年期 30~38才
・サイクルナンバー4
4番は収穫、基盤作り、現実社会において安定を手に入れる時期。

・ピナクルナンバー5
環境の変動、そして形になったものがさらに外向きに活発化する時期。

・チャンレンジナンバー3
3番は想像力の開花の時期。引退後、さまざまな慈善活動を広げていきました。

*31才(year number 11)
引退し、キリスト教に基づく慈善事業を展開し始めます。

*36才(year number 7)
中国系アメリカ人テニス選手アンバー・リューと結婚

■壮年期 39~47才
・サイクルナンバー4
(上と同じ)

・ピナクルナンバー2
2番は芽吹きや完成予想図を描く時期です。コーチの依頼がきた時、チャンは「若いアジア人選手を次のレベルに押し上げて、これまでアジア人選手がなかなか手に届かなかったことを成し遂げるための手助けができる、私にとって一生に一度の機会かもしれない」と思ったそうです。

・チャンレンジナンバー1
新しいステップへ。コーチとして新たな人生にチャンレンジが始まりました。




d0214179_21195916.jpg




*39才(year number 10)
東日本大震災復興のチャリティーマッチにて、錦織圭選手と出会います。(正式には?チャリティーマッチ前日に行われたとんねるずの番組での収録が初対面)
10番は新しい流れに乗るための変化のナンバーです。この出会いが後にコーチに就任するきっかけとなったようです。

*41才(year number 12)
錦織選手のコーチに就任。12番はコラボレーションの年。コーチとしてツアーに参戦する時、チャンは家族も連れていきます。家族とはいつも一緒。それがコーチ就任への条件の1つでした。

*42才(year number 13)
13番は破壊と創造の年。チャンはこれまでの錦織選手のプレースタイルを一から見直し、厳しい練習を課してきました。特にメンタル面への影響は大きかったようです。
「自分を信じる」こと。チャンは何度もこの言葉を言い続けました。この年、錦織選手は4回の優勝、そして全米オープンでは世界ランク1位のジョコビッチを破り、準優勝を果たしています。

*43才(year number 14)現在
14番は錬金のナンバー。今年も錦織選手と共に更に活躍してほしいですね。


Reported by Chako I.
Aeons Numerology Basic the 8th class
by kej000 | 2015-08-18 21:23 | 数秘レポート

すべての経験が花開く*華原朋美さん

お久しぶりです♫
アイオンズ8期の卒業課題レポートの発表です。
誰もが知っている、朋ちゃんこと、華原朋美さんの人生にフォーカス。



華原 朋美  人生チャ-ト


  華原 朋美    歌手 ミュ-ジカル女優




d0214179_2049229.jpg







  本名 下河原 朋美 (しもがわら ともみ)  


  1974年8月17日生まれ  現在40歳

誕生数 1  (10-1) バ-ス

  カルミックナンバ-である10-1は、恵まれた家庭環境で育つが
  ある時期に前世でもカルマや人道的な目的のために大きな変化が起こりやすく
  それによって再誕生を経験させられるとされるナンバ-です。

  1は人々を引っ張ってゆくリ-ダ-の気質があり、未知の領域を人々の先頭に立って
  果敢に切り開いて行き、そして人々に影響を与え、創造性を表現していく人です。


 反面自分の軸を持たないと不安症になりやすく、深い孤独を味わうなどの
  現象になりやすい。
  恐れない事で回避していくと良さそうですね。




 運命数 2  (11-2)  ディスティニー
  
  マスタ-ナンバ-である11は天と地の橋渡しをする霊性の高い数字です。
  そして人類愛に目覚めていきます。
  豊かな感受性や高い芸術性を生まれながらに持ち合わせている。

  人々を支え助け心のより処として、関わる人との和を結んでいくと言った使命
  があるようです。

  仕事の方面では芸術.ア-トな方面です。

  バランスを崩すと内面的苦悩が多くなり鬱病などの心の病にかかりかすいので注意です。
  
  彼女の天性の透き通った歌声は、聞く人に大きなエネルギ-を与え
  人々を歌で支え、歌でパワ-を与えている、そんな高い芸術性がこの数字にも
  現れているように感じます。
 
  
  ソウル数 3

  子供のような無邪気さを持ち合わせている。

  楽しくなければ人生じゃない!
  というような遊び心や楽しむ事を求める魂です。

  恋愛に感しては独占欲が強くなりそうな一面も。

  批判に弱いというか他人からどう見られているのか?
  を気にしそうな感じです。
 
  魅力的な人が多いのもこの数。表現する人でもあります。
 
  愛されるよりも愛したいタイプなのかな。と思います。。
 
  パ-ソナリティ 8
 
  カリスマ性があり、存在感のあるパワフルな人。
  有能で頼もしい。
  
  歌を歌いだすとまるでオ-ラが変わるような存在感を感じたのは
  この数字のなせる業なのかなぁと。

  富や名声を得られる。社会の中で繁栄していける人。

   私利私欲を追求しすぎると独裁的になるので注意です。
 
 
  Realization  (実現数) 3
 
  ソウルと同じ3番です
 
  精神的に喜びを与え人々に道の光をなげかけること。
 癒しや喜びを与えること。
 
  クリエイタ-の意味もある3番なのでお仕事の中で朋ちゃんも積極的に企画 提案などを
  して主役でありながら裏方の役割も兼任してる、そんな風に感じます。
 
  Challenge 9
 
  いらないものは常にそぎ落とし新しい可能性が入りやいように
  スペ-スを空けておくことが大事。
  


  Action 2
 
  周囲と調和し、受容していく
  
  スタッフや裏方さんとの人間関係も良好に保てる人のようですね。
 
 
  Stage 7

 Natuar (本質) 7
 
 とことん探究心を深めること。
  

 
  新しいアルバムを製作してる時のインタビュ-から
 
  今までの経験や感情を振り返りながら作詞をしたら
  優しい記憶の存在に気づくことが出来ました

  とあり、
  ここで感じたことは、
  傷つき痛みを経験した以降は人の心や人間愛について
  内面的な成長が深まり、そこに朋ちゃんの本質が映し出されているように
  感じました。
  そしてアクション2番の周囲と調和を良好にする事でますます8番社会の中で繁栄して
  行くのでしょう。
  
 
  Creation 5
  
  創造力と何かを生み出す力が高い数値です。
 
  マルチな才能と思われます。
  
  歌手。ミュ-ジカル女優 そしてラジオのパ-ソナリティ-として
  幅広く活躍されているところがまさしくマルチです。
     
 
  {サイクルナンバ-}どのような事を学ぶ時期か。

  
  ★(( 0歳~35歳 ナンバ-8 ))
   
   繁栄 富と力を学ぶ時期

   1995年 21歳の時、新人歌手としてデビュ-して間もないうちにCDのミリオンセラ-
   などを記録し芸能業界の中でも異例とされる快挙な時期でした。
   


  ★(( 36歳~53歳 ナンバ-8  ))

   軌道修正 恐れと執着 自己破滅的 

   サイクルチェンジした36歳になったばかりの2010年の8月に新宿歌舞伎町で
   タクシ-乗車中に意識がもうろうとなり救急車で病院に搬送されたと報道。
   2007年くらいから精神不安定な状況から薬物依存に陥り大変な状況であった。


  同じ8番のサイクルの時期が長く続いたが、いい時代その反対のDEATHな時代と
  を経験しとても揺さぶりのあるドラマチックな8番の時期でした。


  {ピナクルナンバ-}どんな状況の時期か。
 
  ★(( 0歳~35歳 ナンバ-7  ))
   
   ステ-ジアップ 不調 信頼する恋愛 
   
   CDを出せば次々売れてどんどんステ-ジアップして行きました。
   小室さんとの出会いそして熱い恋愛は精神性の繋がりが深かったのかも。
   でもそのあと失恋が原因で体調不良に悩まされて色んな状況のときでした。
 
  ★(( 36歳~44歳 ナンバ-2 ))

   調和 協調性 

   人間関係からの学びの時期 
   苦しい時期から復帰する時期で人に支えられて生きていることを実感することが
   多かったのではないかと思われます。

  {チャレンジナンバ-}与えられた試練や今回の人生での課題

  ★(( 0歳~ 35歳 ナンバ-9 ))
  
  不要なものは手放し、それまでのサイクルを完了するとき。

  自分も人も許すことですべてを受け入れる真の強さを学ぶ時。
  



  ★((36歳から44歳 ナンバ-5  ))

  自由を謳歌して好奇心いっぱいにチャレンジして行きましょうという
  のがこの時期の課題。

 

History
   
  1979年 5歳 ナンバ-6

  5歳の時、家族と行った旅行先で突然足に激痛がはしり、急遽自宅に戻り
  かかりつけの医者で見てもらった。
  結果は突発性血管性紫斑病。
  血管がアレルギ-性の炎症を起こして激痛とともに紫斑が出来る病気。
  風邪の菌が血液に入り込んだことが原因のようで、数ヶ月間の入院生活を
  送る。

  6番の年は健康問題が生じやすいので、入院といった所で病気と調和してしまったの
  だろう。
  でも、入院を通じて家族との愛の絆は確実に深まったんだろうなぁと推測します。


 

     ********



   1990年 16歳 ナンバ-8
   
   高校入学して間もない頃、テレビに出て見たいとの夢があり
   国民的美少女コンテストのオ-ディションを受ける。
   最終の意思確認の段階の親子面接の際、親の反対によって本選出場辞退となり
   夢敗れる。

   8の年 繁栄の年、成果と報酬の時期だっただけに、もし自分が望むままに
   進んでいたら美少女コンテストで優勝出来てたかも知れなかったのに。。。
   と思うと残念で仕方ない。

  
   1992年 18歳 ナンバ-10-1  
   
   高校卒業後は美容師を目指し山野美容専門学校へ入るも、高校3年の時
   渋谷の吉野家で当時の事務所にスカウトされ、芸能界入りを決意し退学した。
  
   カルミックナンバ-である10-1 そしてバ-スナンバ-でもあります。
   まさしくこの時期に全く別の道に流されて行く事になる。
   朋ちゃんにとって芸能界に行く事によって人に癒しを与えるという使命による導き
   だったのかも知れません。
  
  
            1995年~1998年 小室プロデュ-ス時代

   
   1994年 20歳 12-3  
  
   遠峰 ありさの芸名でアイドルとしてバラエティ番組に出演していた時
   小室 哲哉に見そめられ交際が始まる。
    
   未来を信じてというフォトエッセイの中で、出会ったとたんに夢中になった
   と語っており、出会ってからほんの1~2週間の間に生活が一変しました
   の本人談。
   この頃すでに一緒に生活もしていました。

    
   3番の時期、毎日が夢のように楽しくて、好きな人に愛されるという
   恋愛の喜びに満たされ、楽しさという形で日々、光輝いていた時期だったのでしょう♪



   1995年 21歳  4 

   事務所を移籍し,華原 朋美に改名。
   小室哲哉プロデュ-スによる歌手でビュー。
   この年 年末の新人賞を総なめにし、夢の実現を果たした。

   4番の年は現実問題で土台を築いて行く時。
   歌手としての能力を社会に発揮できた年でした。

  またこの時期、物事を開始するには良いとされる年なので、事務所を移籍したり
   芸名を改名して心機一転したところがいい流れに繋がって行ったのだと思います。

   1996年 22歳  5
   
   CDのミリオンセラ-。
   カネボウ化粧品のイメ-ジキャラクタ-に起用されたり
   フジテレビの番組でパ-ソナリティを担当したりと歌手以外での活動が多い年であった。

   5番の年は変化 自由の時なので、こうした歌手以外のお仕事にも
   自由に活動的に動いていた年だったようです。


   1998年 24歳  7

   小室さんと破局。
  
   おそらく6番の時代くらいからすれ違いな生活になっていたのかも。
   この頃信頼をおいていた仕事の面でも不安を感じはじめるようになっていた
   と著書の中で語っています。
   気持ちのうえでの戸惑いが二者択一の6の時だったのかなと感じます。

   7番の信頼性の欠如の時期に小室さんと破局。
   孤立感の中で内面と向きあわざるを獲ない事態に遭遇してしまいました。。

  
 
   2000年 26歳  9 
   
   カナダで無期休養。その間本のフォトエッセイ集の出筆活動など。
   アルバイトやボイスレッスンなど経験を積む。

   9番 完結の時期。
   サイクルの完成。100%の自分を取り戻すために無期休養して、不必要なものは
   手放し、新しいサイクルに向けての準備期間だったのだと思う。

 

  2001年 27歳 10-1
  
   復帰 活動を開始。

   この年、新生朋ちゃんとして新しいスタ-トを切りました。
   デビュ-7年目にして単独ツア-を開催したり、ラジオ番組をスタ-ト
   させたり、また、バラエティ番組にも本格的に出演し始めました。

   いい流れにうまく乗れた年だったと思います。

   
   2003年 29歳 12-3 

   誕生日前 2番の時期に、クレヨンしんちゃんの原作者の臼井儀人と朋ちゃんが
   お互いファンであることからテレビアニメ クレヨンしんちゃんのオ-プニングテ-マを
   担当することになりCDを発売。

   2の年は調和。そして12はコラボレ-ションナンバ-。
   2の年は人とのご縁ができやすく多くの援助を受けられるとき。
   仕事にまつわる人とのつながりも強化され恩恵を得られた年でした。



   2004年 30歳 13-4

   ドラマ出演が続き女優のお仕事でも活躍。
   誕生日前の3番の時期、楽しみながら表現力をフルに発揮して女優のお仕事
   でも活躍した時期だったのですね。
   
   誕生日以降4番 

   レコ-ド大賞 金賞受賞。 
   レコ-ド会社 移籍。  
 
   着実に歩んできた歌の世界でレコ-ド大賞金賞という輝かしい収穫を得られました。
   

   2006年 32歳 6
  
   ユ-ミンのソングミュ-ジカル主演公演中に急性気管支炎と急性声帯炎を併発し 
   一部を休演する事態となるも復帰しミュ-ジカル女優としての活動を本格化。

   まさしく 陰と陽 の両極に揺れる時期でした。

   6の時期 病気との調和がありました。

   
   2007年 33歳 7

   2007年 3度目の休養。
   6月 誕生日前の6の年 健康状態が思わしくなく、所属事務所から支える事が
   不可能と判断され活動休止へ。

  何度もこんな風に身体を通してお知らせが来てしまうのは、自分自身との
   克服すべき課題が消化できていないからなのでしょう。。。

   7の年で休養しながら自身を内省せざるを得ない機会が与えられることになります。


   2009年 35歳  9

   安定剤の過剰摂取による急性薬物中毒で搬送され入院。
   見かねた家族の判断で閉鎖病棟に入院していた時期もあった。

   不安な感情エネルギ-が強すぎて、自己破壊的な癖がまた出てしまっているみたい。。
   その癖を断ち切れる時期。
   不要なものは断ち切らなければならない9番の時期です。

  
   2011年 37歳  11-2
 
   休業中自分自身を見つめ直す為にフィリピンに渡りボランティア活動に励んだ。
   現地で難民児童を救済するNPOを運営する父親の勧めだったという。
   誰かの役に立つことをする生活を続けていくことで少しずつ自分と
   向き合い人間的にも成長して行ったんだと思います。

   家族の大きな愛に支えられながら、内面の調和と統一を計る2番の時期になったのかと
   思います。

 
   2012年  38歳 12-3

   この年の12月 旧事務所との再契約および、復帰後初ステ-ジがフジテレビ系の
   FNS歌謡祭への出演発表され、5年半ぶりに復帰となり大きな話題を呼んだ。

   表現。また感性と癒しという意味合いの強いこの3番のタイミングで復帰と
   なったことが明るい未来を連想させる。
  
   弱さを克服した人の、心からの表現力は心の奥底の感情を揺さぶり聞く人の
   感情をも動かすからだ。
   歌を通して人々に癒しを与えるリ-ダ-として活動するであろう。
  
 
    2014年  40歳 14-5

    カバ-アルバムを発売したり 全国ツア-を開催したりと活躍。

    変化と自由の5番の時期。
    コンサ-トで色々な場所で刺激と冒険に充たされながら楽しんでお仕事
    されてる時期かと思います。
    収入アップといううれしいギフトもおまけについてくる5番の時期です。


    2015年  現在 誕生日前14-5

    16年半ぶりに朋ちゃん作詞 小室さん 作曲の”はじまりの歌が聴こえる” 
   という新曲で話題を呼んでいる。
  
    今年はデヴュー20周年★
    経験がすべて糧になるのだと思います。
    ここからまた新しいスタ-トなのでしょう。
    
    これからの活躍に期待しながら応援しています。


    
    


    Aeons Numerology Basic class 8期 
    くろちゃん
by kej000 | 2015-08-18 20:55 | 数秘レポート