Kej の森

kejnomori.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:プロフィール( 3 )

はじめまして

はじめまして 鹿乃子ともうします。
このブログのタイトルは『Kejの森』と書いて「ケフの森」と読みます。


「四十にして惑はず」
と孔子さまは仰ったとか。
しかし、40を迎えた頃の私の人生、
不惑どころか迷い迷って迷宮のようにぐるぐるしておりました。
どう生きればよいのか?どこにむかっていけばいいの?

傲慢な言い方をさせて頂けるならば、
一般的という人の人生からずいぶんはみ出して、いろいろな体験をしてきました。
その中で、それなりのの苦悩や悲しみとそれなりの成功を味わってきたつもりです。
しかし、何をやっても「これだ!」というものに出会うことがなかった。
いつもいつも「青い鳥」を探し続ける私は何者なんだろう?

20代前半から手相を読み、その後も東洋西洋のありとあらゆる占いに触れ、学び
幾多の本を読み、哲学、宗教、心理学にまで眼を向け、自分の心を探してみましたが、
心の不安はいっこうに解消されることはありませんでした。


ある時、我が師との出会いをきっかけに、
タロットによる運命学なるものを学び始めました。
それからの私の意識の変化はすさまじく、今では
「これからは迷うことなく、もっと自分の運命を信じ、本当の自分を探求していこう」
と思うにいたりました。


現在、40代後半。夫と娘の3人暮らし。
家族、子育て、身近な友人達や、同じ志を掲げる仲間達。
たくさんの人々から自分の枠をはるかに超えた様々なことを学ばせて頂いております。
ただただ感謝感謝の日々です。
人間、ひとりでは生きていけないのです。
人と接する、交わることで、より深い成長がもたらされるのですね。


「五十にして天命を知る」
あと数年で50才。果たして「知命」に至りますでしょうか。


「Kejの森」では、そんな私の日々の想いを綴っていきたいと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。


                        鹿乃子
by kej000 | 2011-02-18 14:31 | プロフィール

Kej とは?

d0214179_23391639.jpg Kej とはいったい何でしょう?

 Kej (ケフ)は、古代マヤ文明の言葉、ラビナレブ語で
 「鹿」のことです。


マヤ世界で「鹿」は、天と地を支える四つの柱を意味するのだそうです。
四つの柱とは、太陽(火)・大地・風・水であり、人間の持つ肉体・精神・感情・魂でもあります。
また森林の守り神であり、人間と自然の調和を守る役を果たすとされてきました。



マヤ文明には多くの方がご存知の通り、チョルキフと呼ばれる神聖暦があります。
暦は20のナワールと13の週から出来ており、この20のナワールにはそれぞれの意味と
名前がつけられています。
ちょうど私がこの世に生を受けた日は、この「ケフ」にあたる日なのだそうです。


多くの古代文明でも鹿はシャーマンなどを象徴していたように、
マヤ世界でもこのケフの日に生まれた者は、アートや音楽を愛し
天と地の調和を司るスピリチャルガイドとしてのエネルギーを持つとされたそうです。


芸術をこよなく愛し、占星術やタロットから目には見えない世界を模索していく私にとって
この「Kej」とは淡い憧れにも似た、透き通った響きの言葉だったのです。
先人の力を仰ぎ、より自己を磨けるよう、この名前を使わせていただくのでした。









***
by kej000 | 2011-02-17 12:30 | プロフィール

鹿乃子と申します…自己紹介ページであります

こんにちは 鹿乃子と申します。
本日は自己紹介をさせて頂きますです。
なんでって、プロフィールくらい載せなさい!とお叱りの言葉を頂いてしまいました(泣き)



ガイドネームが 鹿乃子となっております。
かのこ…と読みます。和菓子のかのこと同じです。


星座は乙女座。
血液型はO型。
ずばり!そのままOです。普段は大雑把で、親分肌で感情過多。涙もろい。
体までO型、まあるいです。


趣味は読書。
ほぼ活字中毒といえるくらい、本が好きです。
家のあちこち、バッグのあちらこちらに本があって、いつも併行読みをしています。
好きな本は、心理系、哲学系、伝記、ハードボイルド、そしてもちろん精神世界系の本です。
実は絵本も大好きです。


好きなことは、ドラマや映画をみること。あと美しいものが好きです。
基本的にハッピーエンディングなストーリーが好きです。あと恐いのは苦手。
そして、世の中の美しいもの達が大好きです。自然や花や文化や歴史の香りがするものや
音楽、香り、とにかくきれいだなぁ…と胸がときめくものが好き。


住まいは東京。生まれも東京。でも育ちは神奈川です。


さて2012年より顔写真が出回るようです。d0214179_144077.jpg
というわけで、ここにもこっそり載せておきます。
こっそりね、、こっそり。

もとも悪ければ写真写りもひどい、、
家族にののしられ、せせら笑われて、やっと許可を
得たのがこの写真です。
これに懲りて少しは外面磨きもしなくちゃな(反省)



というわけで、紹介終了です。
by kej000 | 2011-02-05 16:06 | プロフィール