Kej の森

kejnomori.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:カウンセリングより( 13 )

過去生とカルマ

本日は過去生とカルマについてお話したいと思います。

「私の人生、どうしてこんなにつらいことばかり?!」

抱える悩みは人それぞれ千差万別ではありますが、どうしても人より重荷を背負ってしまっているような、試練や困難に立たされることが多いような方のカウンセリング・ケースはよくよくあることです。そういう方の場合、私のリーディング法のひとつとして、過去生を紐解く…という作業を重視してから、その人の今在る人生にテーマを迫っていく…という方法をとることがあります。なぜなら、過去生の情報は、その人の人生のテーマやカルマに不思議なほど符合し、そのカルマの持つ意味を教えてくれることになるからです。


*過去生とはなんでしょうか?

例えば、死んでしまった後、天国に行き着いた魂が、またこの世に何度も生まれ変わってくる…と考えてみてください。

別に怪しいことでもなんでもなく、日本人なら誰でも「輪廻転生」という言葉なら聞いたことがあるはずです。仏教をはじめ、ヒンズー教や古代のエジプトやギリシャでも、その思想はいろいろではありますが、この輪廻転生が信じられていました。これは簡単に言ってしまえば「より完成された人格になるため」に何度も繰り返し、人間に生まれ変わって修行するということであり、「完成した人間=もう生まれ変わらないでよい」を目指していこう…というのが、宗教家の目指すべきところなのでしょう。
それは、神秘家にすれば、真理や聖杯の探求ということにもなると思うのですが、この「完成」についての見解は全く様々ですので、この件はこれくらいで次にまいります。

その生まれ変わりの中で、今いる自分の人生を今生。
生まれ変わる前までの人生を、過去生。または、前世…と考えて頂くと、よいかなと思います。


*次に「カルマ」とは何でしょう?

東洋の思想では、これは「業(ごう)」を示すことが多く、「運命」や「宿命」とも言われており、
一般的には、越えなければいけない試練や困難とよく言われています。
しかし、西欧では、もう少し柔軟に考えられてきたようです。
フレッド・ゲティングズのオカルトの事典から抜粋すると、それは
「ひとつの人生で反復された思考は、あとの人生では顕著な性向として現れるが、ある行為を行おうとする意思は、あとの人生でそれを実際に遂行する能力に変化する。そのような過程において、経験は知恵に転換され、苦しい体験は自覚に転換される」とあります。
それはつまり「再生」を意味し、「再誕は、前世の不道徳や弱さから生じた「悪い」カルマの
以前の影響から魂を自浄するための機会」とも書かれていました。
とてもポジティヴです。(ケフはこちらの意見に個人的に賛同します)


さて案の定、説明が長くなりました。。
これ以上、説明はいけませんね、ここでいくつかの例を挙げてみましょう。
以下は、ある方々のひとつ前の前世と今生の関わりを簡単にまとめたものです。



● 例1

40代 男性 
「芸術家。お金に執着がある。結果としてお金に追われて生きているようだ」
<過去生
同じく芸術家であったが、不遇な人生。特に貧困に窮した。その中でも理想を持ち続けたが、主張する権利を得られなかった。
<今生の進むべき方向性
お金を稼ぎながらも理想を持ち続けること。そしていつか、その理想を掲げること。お金の支配を越える、もっと大きな何かに向かうこと。


● 例2

30代 女性
「親に勧められ営業職についたが、つらいことばかり。むしろボランティアとしてどこかへ行きたい」
<過去生
悩みながらも戦闘に参加し、多くの人を犠牲にした過去生。しかし、それは平和を望んだためのものであった。二者択一し選んだ結果を後悔。
<今生の進むべき方向性
周囲の流れではなく、自分で自分の運命の流れをつくっていくこと。特に今も流れる博愛的な精神を活かし、公的な奉仕(医療、ヒーリング)の場へ向かうことが、喜びになり、精神的進化へと繋がる。


● 例3

40代 女性
「子育ても一区切り。何かしたいと思うけれど、何をしても心から満たされない。」
<過去生
身分の高い人。権力のもとに人が集まり、本当の自分は孤独であった。運命に翻弄された生涯。
<今生の進むべき方向性
能力や地位に対するコンプレックスを抱えやすい。人と自分を比較する虚しさに気づき、魂の至高性を求めていくこと(探求、求道)により心が満たされていき、発展していく。その喜びをさらには人に伝えていくこと。運命の変化期にはサイキック能力が現れやすい。



以上、如何でしたでしょうか?
説明を長々と読むよりも、すんなりと理解して頂けたことと思います。
進むべき方向性がすなわち、カルマの方向性だと理解して頂けるといいかと思います。
特に最後の方は抽象的な課題でしたが、それはそれで意義深いことだと思うのです。
過去生も今いる現実社会同様、皆さん様々です。ひとりとして同じことは勿論ありません。


辛い思いをした人は、それを今回こそ克服し、乗り越えようとするでしょうし、物質的に豊かであった(与えられていた)人は、さらに精神的豊かさ(与える)へ向かおうとします。
人間の学びはたくさんたくさんあるのだな…とリーディングをしていて感じます。


過去生を知ること…それはつまり、過去を知ることで今の心理や状態、悩みの根源を知ることが出来うるということではないでしょうか?
そして、それは「今」というこの時間の延長線上にある「未来」を創ることにもなりうるのだと思うのです。

そうです、大切なのは、「今をどう生きるか?」ということですね。






*付記

過去生を知るためには、いろいろな方法があるようです。
チャネラーが教えてくれることもあれば、催眠法による過去退行という方法もあります。
ケフの場合は、ノードやアングル、リリトをもとに算出する占星術法やと、タロットによるリーディングで行います。この方法では、ひとつ前の過去(または今生に一番影響を及ぼしている過去生)を紐解くことが出来ると言われています。
そしてこの結果は驚くべきことに、どの方法であっても、皆同じような結果が出るということがわかりました。不思議ですね。。。


ということは…やはり、人間は生まれ変わっているんだろうなぁ。。
過去の自分に会って、いろいろと話してみたいな…と思うケフでありました。
by kej000 | 2011-09-21 18:31 | カウンセリングより

受験生を抱えるお母様へ

皆様、こんにちは。
朝夕の風も蝉の声も秋の気配の今日このごろです。

さて、夏休みも終了…9月になると受験シーズン到来です。
「どこの学校がよいでしょう?」「ここを希望しているのですが、手応えはありますか?」などというご相談が増え始めるのも、この頃からです。

本日は予約はあるのに、いっこうに進めていない「こどもカウンセリングシリーズ」の番外編としましてこの受験についてお話させて頂きたいと思います。


*   *    *    *    *



受験で、一番大事なことだと感じること…それは、本人の意志、モチベーションですね。
本人が「その学校になんとしても行きたい、入りたい!」と思っているかどうか…です。
当たり前の話のようですが、これがどうして、お子様の受験となると全てがそうとは限りません。
そこには周りの人の思惑も絡んでくる場合が多々あるからです。ですので、ここはあえてしつこく、このあたりを語らせて頂きますです。


人が物事を起こす時に重要なポイントは、強い意志「どうしてもこれがやりたい、こうしたい」ということですね。それを繰り返し自分の無意識に働きかけることは、実はその人の潜在能力に強くインプットされると言われています。同じようなことが、よく成功の法則などで本になっていますね。


フランスのエミール・クーエという人が開発したと言われる自己暗示法の中に『注意集中の法則』というのがあります。これは『あなたが自分の注意を特定のビジョンに集中して向け続けたならば、そのビジョンは極めて高い確立で実現する』というものです。


そして同時に「どうでもいいや」とか「あそこは自分が行けるはずがない」と思い続けること、また最も多くは親や周りの人から否定の情報を与え続けられてしまうと、その観念が同じように心に入り込み、それはその子の中で固定化してしまうのです。つまりは、自ら自分の可能性を否定して閉じようとする作用が働いてしまうということです。これは多くの心理学者によって検証されているのです。


この基点…すなわち、本人の意識や姿勢が、受験に関しては本当に大きく影響してくると私は感じています。


どうぞ、お母様がた、学校選びの際は、お子様の本心を是非とも確認してあげてください。
そして、「きっと無理よ」「駄目もとでね」などというネガティヴな情報を決して与えないように
お願いしたいと思います。
本人の立ち位置〜基点をしっかりとサポートしてあげること…これが実はご家族からの一番の応援になるのだと思うのであります。




*    *    *    *    *


ちなみに私の受験に関するリーディング法は以下の通りです。



1。タロットカードにより、現在の状況からふまえた結果を予測します。
この時点で基点(本人の意識)がしっかりしているお子さんは、その後の伸びがとても良いですし、また試験当日の緊張感にも押しつぶされることが少ないな…と、よく驚かされることがあります。


2。時期に関しては占星術で読み取ります。不可抗力な試練の時期…人には30年に1、2度の割で何をやっても上手く物事がはかどらない時期があるようです。その時期だけは特に留意しますが、その他は少々厳しい時期くらいならば、本人の意識次第で乗り越えることも可能だと感じています。


もちろん、レベルを無視した奇跡のような話は今回の議論の外です(笑)。
その他に金銭的なこと、通学の問題、環境がその子に本当に合っているのか…などをタロットはアドバイスしてくれます。

しかしながら、やはり一番の重要ポイントは、本人の意識と家族のポジティヴなサポート!
あとは「愛」でしょうか?
これは古今東西、変わらないものだろうな…と思うのでした。



おしまい
by kej000 | 2011-08-31 01:43 | カウンセリングより

女王さまをめざして キッズカルテ2

夏休みももうすぐ終了です。そこで本日は、宣言したわりに全く進んでいなかった「夏休みこども企画」の第二弾をお送りいたします。

さて、ご相談者はkikiちゃんのお母様です。
お母様からのご相談内容は、彼女の将来は? 進路、お稽古、学業、結婚、仕事は?と多岐に渡っています。わかります…子を持つ親なら誰もが「この子はどうなるの?」と心配になるものです。それから、ものすごく負けず嫌い…そうですね、これは親から見ていて「そんなに頑張らなくてもいいのに。。」と悩ましいところかもしれません。

さて、では早速始めましょう。



*    *    *    *   *



今日は物語風にリーディングをしていきたいと思います。


「女王さまになりたい女の子」のお話です。


主人公は、kikiちゃん 9才の黒い髪をした女の子で、とある外国に住んでいます。
kikiちゃんの夢は、何でしょう? はい、ここでは仮に「女王さまになりたい♡」ということにしておいてくださいね。さて、kikiちゃんはこの夢を叶えるために、生まれてくる時に神様にお願いをしました。そして与えられたのが、3つの魔法の鍵です。この鍵が将来、kikiちゃんを女王さまにしてくれる扉を開く鍵となるのです。


    ♡     ♡    ♡    ♡


kikiちゃんは、魅力溢れるチャーミングな女の子です。誰からも親しみやすく、愛情も大変豊かで人を傷つけるようなことはありません。なぜなら、kikiちゃんはご両親からとても愛されて幸せに育てられているからです。そして、その満足感が彼女をもっと優しい子にしていくのです。彼女は初対面の人でも臆せず、気軽に打ち解けられるような明るさと社交性を持っています。

はい、ここで、ひとつめの魔法の鍵の登場です。
kikiちゃんが女王さまになるための一番目の鍵…それは『社交性』です。
女王になるためには、自分一人の力では無理なことを彼女は知っています。たくさんの人の力や智慧を借りながら成長して行こうとしているのですね。



* 1つめの魔法の鍵 <社交力…「人と人とを繋ぐ」才能>

人と人との繋がり…これが彼女の将来の一番重要な鍵となるでしょう。
彼女には、「人と人とを繋ぐ」天性の才能があるのです。

彼女は、ある組織や団体、グループなど形や相手を変えながらも、その中で切磋琢磨しながら、学び、進化し、そして彼女自身の「自分の世界」を築いていきます。特定少数ではなく、多くの人と交流することにより、公平な感覚を身につけることが、彼女の成功の鍵とも言えるのです。
そうですね〜、女王〜ひとつの国の主となるためには、分け隔てなく、いろいろな人と接するべきですものね。

そして、彼女は常に変化を求め、仕事も環境も変えていくでしょう。それはまるで、ハードルをびょんびょん飛び越えていくような人生と言えます。
これも彼女にとって大切なことです。
常に新しい意識、新しい世界観を求めて彼女は躍動し続けるのです。なぜなら、彼女はあらゆる側面での思考力の完成を目指しているようです。その変化の中でも、必ず彼女はすぐに自分にとっての「救世主~つまりナイト(騎士)ですね」を探し当てることができます。
友人もそうです。もう少し大きくなってくると、必ずと言っていい程、彼女には「とても絆の深い友」が現れてきます。磁気のように引き寄せられて気づくでしょうし、その友が彼女を支え守っててくれるのです。

いつの日も、彼女の人生を支えてくれるのは、彼女の周りにいてくれる「人」であること。
その人達と支え合い、分かち合い、自分もさらに磨いていけること…それは彼女が与えられた宝物なのです。




** 2つめの魔法の鍵 <強い願望と上昇意識>

さて、kikiちゃんのふたつめの魔法の鍵は何でしょう?

それは、kikiちゃんの強い上昇意識です。
それは強力な自己主張やエゴともとれる時があるかもしれません。しかし、それを通して人生の可能性を実現する…彼女にとって、それもいわば、魔法の鍵なのです。彼女は徹底的に、名声を求め、高みを目指していくものと考えられます。そのためには、多少とんがっていなければならないのです。なぜなら、ちょっとやそっとの負けず嫌いでは、女王の座までのし上がることはできないからなのです。

ですから時として、その代償として、辛い思いをしたり、悲しみにくれることもあるかもしれません。それでもkikiちゃんは、信念を貫こうとして対立してでも戦いぬくことを選ぶでしょう。その強さこそが彼女を女王までに持ち上げるエネルギーなのです。




*** 3つめの魔法の鍵 <知性、多岐にわたる知識>

3つめの鍵は、知性です。
kikiちゃんは、とても知的好奇心の強い女の子です。ディズニー映画のプリンセスも皆、好奇心旺盛ですね。そして、学業も相当優秀だとと思われます。これも彼女が神様にお願いした魔法のひとつです。「多岐にわたる知識、知性なくしては人の上には立てない」という判断でしょう。

しかし実際のところ、数学的なもの理論的なものへの傾斜が強すぎる傾向があるようですし、好奇心は旺盛ですが、関心の方向が限られやすいことがありそうです。ですから、偏りのない知性を得るためにも、小さいうちは特にここのところを注意して、広い知性の取得を目指してください。
kikiちゃんにとって『知識=財産』といえます。学校での勉強だけでなく、小さい頃から広い世界へ出て、たくさんの知識を得ること…それがそのまま彼女の財産になるのです。加えて、夢の実現に必要な才能として、彼女は相当つらいルーティンな作業もこなせる「際立った忍耐力」を既に身につけていることでしょう。う〜ん、これまた童話のプリンセス像のようですね。



    ▼    ▼    ▼    ▼


さて、強力な3つの魔法の鍵を手にしたkikiちゃん、女王の座へまっしぐらか…と思われますが、いえいえ、おとぎ話でもそう簡単にはいきません。必ず登場してくるのが、そう、魔女の存在です。魔女はkikiちゃんが女王になる…その日まで、いつも突然姿を現わし、揺さぶりをかけてくるのです。
例えていうならば、kikiちゃんの小さい頃…プリンセス時代には特に注意が必要です。

▼ 忍び寄る魔女

女王さまになりたい小さいkikiちゃんは、あらゆることで1番になりたい、ならなければ…と考えます。でも、いつも1番になれるとは限りません。そうです、全部1番になることは全く必要がないのです。kikiちゃんの夢を実現する分野でないのなら、そんなに頑張らなくてもよいのです。しかし、小さいkikiちゃんにはそれが理解できません。kikiちゃんの気持ちはやぶれかぶれになります。あまりに辛い時は全てを壊してしまいたくなるかもしれません。

そういう時に魔女がこっそり忍び寄ってくるのです。
「ほらみなさい。おまえは駄目な子なのよ。みんなから認めてもらえるわけないわ」と囁くのです。
そうなると、kikiちゃんは益々悲しくなってしまいます。魔女のネガティヴなエネルギーに取り囲まれてしまうのです。


そんな時こそ! 魔法の鍵の出番です。
●1番目の鍵を使うと、kikiちゃんはいろいろな人に癒されます。そして、こんなことよくあるんだな…と気づくでしょう。
●2番目の鍵を使えば、人がなんと言おうと「私は女王様になるんだ!」と強い心の炎が燃え上がります。また頑張ればいいのだ…と思えるのです。
●3番目の鍵…これがもっとも大事そうです。
知性を使って「考えてみる」こと。「
ほんとうにこれは自分が求めているものだろうか?」と問いかけることができます。
本当の理想像を描かずに、架空の夢に失望することはない…と気づけるのは、客観的な理性や知性でしか叶わないことですね。
『自分を観察すること』3番目の鍵はこんな素敵なことをkikiちゃんに教えてくれるのです。


またもう少し大きくなってくると、こんなこともありそうです。


▼ 魔女の囁き 再び

kikiちゃんがもっと大きくなって、自分の能力が輝き出してくる頃。女王の座もそう遠くはないかもしれません。十分に大活躍のプリンセス時代です。しかし、魔女はまたしてもkikiちゃんに囁きかけるのです。

「おまえがいくら一生懸命頑張っても、何もおまえの思う通りにならないし、誰も感謝しない。全部自分の利益にしてしまいなさい」

さぁ、こう言われたら、普通の大人でも「そうだな」と思いますね、きっと。
しかし、彼女の目指しているのは、女王です。人の上に高貴に立つ、その人です。皆のことを考えなくてはなりませんし、自分の欲にはまっては、その先の進化が途絶えてしまいます。女王を目指す限り、人のために生きれば生きるほど実力が上昇する…ということを決して忘れてはならないのです。

そしてここでも、魔法の鍵が、それを彼女に示してくれるはずです。
自己意識ではなく、社会のための、公的な意識へ向かうことが結果として、kikiちゃんを幸せに導くのだということを、です。



     ♡    ♡    ♡    ♡



さて、そんなkikiちゃんですが、彼女は本当に「女王さま」になることができるでしょうか?
答えは「彼女が本当にそれを望むならば…YESです」

彼女の人生は、あたかもディズニーのプリンセス達のように勇敢で冒険で満ちたものになるでしょう。
そして、それらのお話のエンディングは、もちろんお決まりの「王子様の登場」ですね。
はい、kikiちゃん、とてもステキな王子様に出会い、素晴らしい結婚をされることが約束されております。めでたしめでたし♡




*     *     *     *      *


お母様へ

何度もしつこい程書いたように、彼女は「人の中で成長する」お子様です。
ですから、『たくさんの人と交流することができる』ような環境をつくるよう心がけてください。


子供のうちは「遊び」はもちろんのこと、クリエイティヴなグループの活動に参加させたり、ボランティア活動をさせたりするのは、大変有用です。
その体験によって、違う世界の人達と接することで、学校やお家では得られない、「研究や知識」をたくさん吸収し、彼女は自分自身を発見していくのです。彼女はいつも「もっと広いもっと大きい世界を知りたい」と思っています。そして抑圧されることなく、いつも自由でいたいと望んでいます。お母様は彼女を自由に手放して、限られた世界だけでなく、広い世界へ導いてあげることがとても大切です。


補足しておくとすれば、kikiちゃんが実際、どういう道へ進むのか?
これは未知数です。彼女はマルチなのですから。あえて例を挙げるならば、人と接する職業であること。好奇心が旺盛ですから、アナウンサーやジャーナリスト、政治関連。芸術的な才能も多分にありますので、アドバタイズやグラフィックに携わることもあるかもしれません。間違いなく言えることは、先進的な組織の中にあって、リーダー的な役割をする…実力あるキャリアウーマンになり、組織をオーガナイズしていくであろう…ということです。それは誰が決めることでもなく、彼女自身がいろいろな出会いの中で気付き、向かっていくものです。そしてその視野は、人生後半になってくると、公的なものへ向かうことでしょう。とても楽しみですね。


彼女は間違いなく成功を目指し、それを手にするでしょうし、良い結婚もされます。良い結婚とは、彼女が心から満たされる結婚という意味です。健康もストレスさえ回避できれば、大病は心配なさそうです。親としてこれ以上、何の心配があるでしょうか?


最後に、心配されることよりも、お母様が彼女にすべきことで、一番もっとも大切なことを書かせて頂きますね。

それは、kikiちゃんをたくさんたくさん愛してあげること。
「何があってもどんな時もパパとママは私を愛してくれている」…と彼女が心の底から溢れるほど思うように、彼女を愛して守ってあげることです。
彼女の心理的バランスに一番大切なことは「愛されること」だと出ています。
強い決して絶えることのない愛情を確認して始めて、彼女は前を向いて歩いていけるのです。






*   *   *   *   *
今日の一枚
本日はオールアストロジーのリーディングとなってしまいましたが、
トートタロットの研究家アンジェレス 女史の数秘術によれば、
kikiちゃんのソウルカードは以下の通りとなります。
参考までに付記しておきますね。


d0214179_025774.jpg

メジャーアルカナカードの6番目のカード

『 Lovers 』です。

カードの中にはたくさんの登場人物がいます。
このカードは、人と交流していく中で、自分とは違う性質や
能力のある人と触れ合うことにより、もっと深く大きな
未知の可能性に気づくこと、呼び覚ますことを示唆しています。
by kej000 | 2011-08-22 00:28 | カウンセリングより

「成功を必ず手にするために」  柳さん カルテ9

立秋とは名ばかり。暑い暑い日が続きますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?
さて、本日は以前からご家族でカウンセリングさせて頂いているおうちのご主人様、
柳さんのリーディングを紹介させて頂きます。


*  *  *  *


柳さんは才能豊かなアーティストです。
鋭敏な感性と深い追求から創造される彼の作品はたくさんの人を魅了してきました。
しかし、さらなる進化を求めて、柳さんは新たな分野への挑戦を始めました。
そして今、柳さんは重要な段階にさしかかっています。それは新しい自分へ未知の世界へ行くにはどうしても通らねばならない、大切な通過点なのです。


*  *  *  *



柳さんがとうとう新しい方向に向けての活動を本格的に始動されたということで、
今後の展開を彼の1年間を示すホロスコープ法により、タロットでリーディングしてみました。



 < テーマ 「運命の変化の始まり」 >


とても意味深いカードだと思いました。
なぜなら、柳さんに必要なアドバイスがたくさん詰まっていると思うのです。


このカードは「強力なパワー」をあらわします。
これは何か物事を起こし、希望を叶えるため、それを達成させる能力を示します。
つまり、柳さんは今、大きな高みに昇っていこう…と変化の波に乗ろう…というところなのです。
心の中をぐるぐる回して、内面のパワーを集結しています。素晴らしいですね。
そしてその新しい強いパワーの勢いがどんどん高まっていくとき、運命に変化が訪れるのです。



さて、このパワーを達成に導くには幾つかのポイントがあります。


その1 パワーコントロール

途中で燃え尽きないように。息切れしないように。常に目標にむかって心の目を向けて
集中していけるようにしなくてはいけません。
そのためには、我をなくすほど夢中になりすぎないこと。
それから、あれこれ考えすぎないこと。ただひたすら心を集中させてください。
そして、結果を恐れないこと。リスクを背負ってでも勇気をもって進むこと…です。


その2 柔軟であること

物事はひとりで達成するにはたかがしれているようです。
人の意見に耳を傾けること。心をオープンにし、自分にはない考えを吸収していく柔軟性が必要です。それによって、ものごとはもっともっと拡大するものです。
言い方を変えれば、自分の主義に固執しすぎないということです。
少しずつ波長を合わせていき、頂けるアイデアは頂く…それでも出来上がるものは柳さんのコンセプトがしっかりしていれば結局、柳オリジナルになるのです。
この柔軟な姿勢がものごとに永続生を与えると考えてみてください。
一発屋で終わらないためにも、それ相応の試行錯誤は必要なのです。


その3 自己防衛

その2では人の意見に柔軟であれ…と申しましたが、現実社会においては、あれこれと人の中傷もつきものです。せっかく心が燃えているのに、水をさされるようなこともあるかもしれません。しかし誰がなんと言おうと、自分の決めた道へ邁進すしなくてはならない…今、柳さんはそういう大切なポイントにいるのです。自分の身内か、距離をおくべき相手か、しっかり見極めて、自己防衛してください。ネガティヴな流れを間違っても取り込まないように…自分の身はしっかりとプロテクトしていくことも不可欠なのです。



ここのところ、お忘れなく、宜しくお願いいたします。
今は「ふ〜ん」と聞いてらっしゃると思いますが、必ずこの3つに関わる事態が予測されます。
なぜなら、これからの柳さん、ちょっとハプニング的です。流れはかなりもう、柳さんの目の前にせまってきています。その好機を絶対にものにするためにも、いえ、永続生に変えるために、絶対に頭に入れておいてほしいところです。




 <柳さんのこの1年は?>

さて、 今から半年くらいは、「未知との遭遇」を楽しむことです。
未知…今迄の自分のまったく知らなかった世界に、おもいきって飛び込み、本来の自分への扉をひとつひとつ開けていく感じ…といったらお解り頂けるでしょうか?それにはただ、導かれるままに行けばよいのです。導きがないと感じた場合は、どうぞご自分で心の要求にただ従ってください。大事な局面では柳さんの直観にまかせてください。直観、さらに鋭く冴えてくると思います。

柳さん自身が未知へ向かう、そうしてテーマである内面の変化を通して、さらに内的な変化は加速します。それが成功への鍵となります。




 <仕事の方向性>

以前のリーディングでお話した通り、子供関連が非常に有力です。子供を題材にしたもの、または子供を対象としたもの…特に日常の中にあふれる子供ならではの好奇心や無邪気さなど純粋な視点を扱うことを強くお勧めいたします。そして勿論、カテゴリーは芸術、アートの分野です。

また仕事面で誰かと協力して行われる場合は、よく考慮されてください。
家族のように親密で心開けるパートナーシップではない…ただ仕事上のつきあいだ…とお考えの場合は、結果的にあまり良い方向には行かないような気がします。お一人で全てこなされる場合は勿論OKです。




 <注意すべきこと>

一時期、容赦ない現実を叩き付けられ、心が揺れることがあるかもしれません。
心の中で「本当にこれでよいのか?」と自問自答したり、「やはり、これは違うのだ」とむやみな理由づけをして今の状態を放棄したくなることもあるかもしれません。また、身近な人間関係からの圧迫も感じているのかもしれません。
しかし、これは全て、柳さんの心がそうしている、そう感じさせているのです。
物事なにをするにも不毛の時期はあるものです。
そして成功の影には必ず代償があるということを覚えておいてください。

次に仕事がうまく行きかけてきたな…という頃にも

柳さんが今すべきことは、何でしたでしょうか?
そうです。何があっても「心を集中して変化に向かうこと」それだけです。
道に迷いそうになる前に必ず、テーマを思い出してください。




では次にお仕事以外の点も少しふれておきましょう。


 <金運>

お金は、今のところは少し厳しいかもしれません。しかし、新しい糧が入ってきます。
というよりも、今年はお金のことを気にせずに、なにしろ自分のこれだ!と思った道に突っ走ること!ここを徹底してください。
種は蒔いてもすぐには実にはならない…と腹をくくっていれば、いいのです。
生活に埋没して、決してつぶれないように、自分の意志を曲げないように。
必ず芽が出て、花が咲き、実がなります。
それも確実になりますので、ここは、絶対に、お金でくじけることのないように!! 
テーマをよく読み返して初志貫徹してください。


 <健康>

まず問題なさそうですが、必ず定期的に体を休めてください。
無茶なハードワークが続くと、うっかり怪我をしたり、ばったり倒れたり…暴走しないように注意です。



 <まとめ>

柳さんのスプレッドを見て、とんでもなく驚きました。
メジャーカード7枚のオンパレード…といっても、何のことかよくわからないとは思いますが、簡単に申し上げれば『大きな運命の変化の時』なのです。

柳さんが今手がけられているプロジェクトは必ず、彼を成功に導くでしょう。
それも今迄彼が手にしたことのないくらい、柳さんにとって「大きなもの」になるはずです。
しかし、それは「柳さんが心をその目的に集中し続けられれば…」という条件付きです。

柳さんのように成功の波を前にしながら、何かの欲や生活のために、または他の何かの理由によって集中できずに道を逸脱し、大事を成し遂げられなかった人々を何人も見てきました。
神様が本当にいるとしたら、きっと私たち人間を試しているのかもしれません。
「ここまでしてもあなたはやり遂げることができますか?」と。

どんな仕事であっても、一夜にして大成功!なんてことはなかなかないとは思いませんか?
もしそうだったとしても、それは本当に一夜限りで、永続的なものではないでしょう。

柳さんには、どうあってもここを乗り越えて、それも心から楽しんで柳さんの王道へ、前進して頂きたいと思っております。あと一山越えれば、そこはパラダイスですから。
頑張って。いつも心から応援しております。





*   *   *   *


今日の一枚

d0214179_1751092.jpg
トートタロットの7番のカードは『Chariot』戦車です。
柳さんのテーマカードとして登場しました。

戦車といっても、騎士は聖杯を持ち、心の中に集中すべく
瞑想をしています。金の鎧を身につけ、彼は自分の身を
守っていますが、彼の前の不可思議なスフィンクス達は
自らの体を交換しあい、あらゆる変化にも対応できるよう
準備しています。

占星学では蟹座に対応するカードです。
蟹は甲羅で自分をプロテクトしていますが、
甲羅の中はとても柔らかい(柔軟)のです。


運命の変化を前に、人はこの段階を経過することで
さらに変化を天命に変えていくのです。
by kej000 | 2011-08-08 17:27 | カウンセリングより

めざめよ!みちるちゃん キッズカルテ1 

夏休み特別企画・子供リーディングのトップバッターは、10才の女の子、みちるちゃんです。


ご相談は、みちるちゃんの将来の方向性と、現在の状況…ここ何ヶ月か体調を崩しており、学校をお休みすることが多かったのだそうです。病院で調べてみたのだそうですが、これといった詳細な病名は出ず、自立神経のバランスの崩れが指摘されたと伺っております。原因のひとつにお母様がお仕事されることに対する、みちるちゃんの心のバランスの崩れを心配されておりました。


*     *     *     *


まず、みちるちゃんはどういう人生を歩むお子さんでしょうか。占星術を使い、彼女の人生の重要なポイントを洗い出しました。ポイントは全部で3つです。これらは彼女の人生においての「幸運の印」であり、欠くことのできない大切なものとしてよく記憶してください。


1> 家族の絆がとても深い

輪廻転生と言うことを聞いたことがあるでしょうか?
人間の魂は過去何度も何度も生まれ変わっている…という考え方なのですが、果たしてこの家族4人の場合、それぞれの関わりが非常に濃く、また前世でもその関わりが深いことが読み取れるのです。もちろん、家族の関係を調べていると、こういうことは往々にしてあるのですが、みちるちゃんの場合は、とても顕著であり、彼女の人生のテーマのひとつがズバリその「家族との絆」ということなのでした。そして、それは結婚後も続くようです。
彼女はとてもラッキーな結婚を約束されています。彼女にとっては、家族が永遠のオアシスであり、エネルギーの源でもあるのです。


2> 類い稀なクリエイティヴィティー

とにかく、芸術や文化的なものへ向かうエネルギーが強いということです。
ちょっとやそっとではなく、相当なエネルギーですので、「これしかない!」と断言することも可能です。お母様からはその辺りのことは何も伺っておりませんが、きっといえ、必ず彼女は将来的にクリエイティヴな方向へ向かうことでしょう。いえ、向かわなくてはならないのだ…と知っておいてほしいと思います。
そしてそれは決して自己満足なものではなく、必ず意味を持つべきです。
彼女は芸術やカルチャーを通じて、人に力を与えていくこと、人のために創造していくこと…ここを忘れてはならないと星は語ります。


3> お金

お金の苦労をとことんすること。これは彼女が生まれる前に自ら課した課題のようです。しかし、悪いことではありません。
そのハングリー精神が彼女を燃え立たせるのです。みちるちゃんは「お金を自分で稼ぐ」ということに大きな歓びを見いだし、そのモチベーションは彼女に、どんなに過酷な仕事も状況も耐え得る意志とバイタリティーを与えてくれるのです。
そして、彼女の魂は「人生には物質的な価値観よりも、もっと素晴らしい世界があるということ」を学ぼうとしているのです。



なかなか頼もしい女の子です。これだけ見ても将来がとても楽しみになってきますね!


*     *     *     *   


< 前世リーディング >


さて、次に普段、お子さんのリーディングでは滅多にやらない手法を使います。
タロットカードによる「前世リーディング」です。
みちるちゃんの場合は、過去生が大きく影響している。そこまで遡ることで彼女の人生の方向性や意味が見えてくる…と考えたからです。


結果はこうでした。

みちるちゃんは前世では、物質的にも恵まれた成功者でした。
彼女(彼?)はコツコツと専門技術を学び、ある程度大成しましたが、ある意味でお金や物質的なことの執着から離れることができなかったようです。そこには「愛」がなかったのかもしれませんし、そういう時代背景だったことも考えられます。
彼女は自分が全ての困難に立ち向かう覚悟があったなら、人を助けられるような人になれたのではなかったか…と問いかけます。

しかし今生では、熱い情熱を持ち、新しい自分になろう!と猛烈な勢いで進もうとしています。そしてこのカードはアートの才能をも意味します。そして、今度も失敗するんじゃないか?恐怖が襲ってくるでしょう。魂はそれをも想定しています。そして、それに立ち向かうためには、自分の才能を開花させることだと知っているのです。つまり、自信を持つことです。「私にはこれがある!」というものを身につけることですね。

そして今度こそ挑戦すべき課題は「人に歓びを与えること~ヒーリング」を自分の才能によって可能にする…というものでした。



さて、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、大枠において、星の結果とリンクしていますね。
そしてさらに、なぜお金なのか? なぜアートなのか? その目的が、示されたとは思いませんか?
彼女は前世で越えられなかった壁を今回越えようとしているのです。そのために彼女はいろいろな設定を自ら用意してきたと考えられます。
もちろん、家族の絆や才能もその設定のひとつなのですね。それらがあれば「頑張れる!」という元気の素とでもいいましょうか。




*    *    *    *


< 現在の状況 >


では実際に彼女を取り巻く環境はどのようなものになっているのでしょう? 
彼女はどうあれば、よいのでしょうか?
タロットのカードによって読み解いてゆきましょう。


* テーマ

「のんびりとくつろいだ日常のなかで、自分の心にある夢を追いかける」


現在の彼女は、いろいろな物事に気を使い、収拾が着かない状況のようです。
ストレスにより心は痛み、身体も本調子ではありませんね。いったいどうすれば?何が悪いのか?何をすればよいのかわからない。何もかもうまくいってないような気持ちでいるようです。しかし、この気持ちは遅かれ早かれ変化しはじめることは間違いありません。あせらずに時間をかけることです。

その中でも彼女の気がかりは、「家庭〜家族のこと」「お金のこと」のようです。
星では「学校での人間関係」が出ていました。子供同士のことですから、いろいろと人間関係上、うまくいかないこともあるのでしょうが、根本的な原因は「彼女の自信のなさ」にあるようです。そうですね、大人でも自分に自信がある時は、ちょっとやそっとのことを言われたりされたりしても、へっちゃらですね。子供だって同じことです。

次に子供がお金のことを心配するというのは、ちょっと変な感じがするかもしれませんが、みちるちゃんの場合は特別です。星によれば、彼女は大変洞察力のある子供です。この不況の中、どこの家も財政難なのでしょうが、彼女は特別まわりの人々の気持ちを大変敏感に感じてしまいます。そしてもうひとつ、彼女の特徴として、自分の気持ちを隠す…というなんとも健気な気質があります。私が耐えればいいのだ…と何を聞いても口を割ることはまずなさそうです。ですから、親御さんは仮に彼女に心からの問いかけをしたとしても、本心は聞けない…と思っておいたほうがよさそうです。




どうやら夏休みは彼女に明るい兆しを運んでくれたようです。
学校もなく、大好きな家族と過ごす楽しい夏休みです。しかし、夏休みはいつまでも続きません。それを思うと彼女はまた不安になるようです。
そうです。この夏休み、ここが変化のチャンスです。彼女の場合、究極につらい…と落ちこんだ後に、必ず変化のチャンスがやってくるようです。
そして今、のんびりとした毎日の中で、何かを探し、始めること!これが最も大きな課題となるのです。



カードが示唆することは、「何か新しいことを始めること」です。
それにより、彼女は自分自身の中に燃えるエネルギーを感じられるようになる。そしてそれを頑張ることで、自信がつく。
自信がつけば、人間関係だって物怖じせずにすむし、なんだか楽しくなる…という展開ですね。みちるちゃんの場合は、これがとても顕著です。
彼女はとても繊細で心配性なのです。前世リーディングでも出ていました。
彼女にとって今、いえ彼女の人生で最も大事なことは、「自信をつけること」それもアートやカルチャーの分野で、となればいうことはありません。


実際、夏の間に何かを始めることになっています。
それは彼女が本当の本当の心に深く秘めていたこと…とあるのですが、もしかすると本人に自覚がないかもしれません。アートやカルチャーというのは、本当に範囲が広いカテゴリーです。可能性は未知数です。お母様は、この夏休みにじっくりと彼女と向き合って、何がよいのか?を吟味してあげてほしいと思います。こういいますと、「お稽古ですか?」と言われそうですが、それは違います。
強いていうならば、みちるちゃんには『お金をかけなくても、こんなに創造できる』ということを学ばせてほしいのです。その経験は今後のみちるちゃんの人生に大きく影響してくると、そのくらい思って頂きたい。


たとえば、おうちで絵を描くこと。書を自分なりに書くこと。夏休みの公募に募集するのもいいアイデアです。お料理を毎日お手伝いしてもらううちに、クラスで一番の料理人になるかもしれません。手芸の大作を作って夏休みの課題にしてもよいですね。ボランティアなどの社会活動を通じて、人と触れ合い、奉仕する…というのも素晴らしい。夏休みのワークショップに次々参加することも良いです。
なにしろ、いろいろやっていくうちに彼女がはまるものがあるはずです。そしてクラスで一番!になれる何かが見つかるはずなのです。別にそれが将来の仕事に繋がる必要はありません。ただ何かをクリエイトする喜びを彼女が味わうべき時なのだ…ということです。そしてそこで出会う友達が、みちるちゃんに次々と新しい未知への世界のヒントをくれることになるでしょう。


みちるちゃんの秋以降は一転、学校ではかなりの人気者になりそうです。自分を信頼できる気持ちは彼女を強くするのです。お母さんがお仕事に行く…と仮にいったとしても、今度は強い心で乗り切れそうです。それも何かに心が向いているからです。そして何かを見つけたみちるちゃんは、もっと先へ、もっともっと…と、足元ではなく、前をみつめることができるようになれるのですね。




*     *      *      *



お母様へ


事態はずいぶん好転してきそうです。
しかしそれは、あくまでも彼女が何かに向かい始めたら…という視点からです。いえ、流れはもうすぐそこまできています。
ですから、あとは妙なネガティヴな感情を持たずに流れにのってみよう〜自分達で流れを変えてみよう…と思って、行動して頂くことに尽きると思います。何が棒にあたるか?それはわかりませんが、犬も歩かなければ棒には当たりません。ましてや「どうしたいの?」と聞いても彼女は答えないでしょう。でも親でしたら、子供の顔を見ていれば、本物に出会った時のキラッとした顔や表情…わかりますよね。

この夏はチャレンジサマーと題して、あらゆることにチャレンジして親子で楽しむプロジェクトを発起して頂きたいと思います!もう一度言いますよ。テーマは「お金がなくっても人生こんなに楽しい! お金をかけずにクリエイトする!」です。そしてこのプロジェクトはみちるちゃんに「何かをみつける」というだけの作業ではなく、ご家族にとっても大きな幸運の兆しになるはずなのです。
なぜなら、みちるちゃん一家は、家族みんなが何かに向かって輝いて行こう!…というテーマのもとに集結した「絆のふか〜い家族」なのですから。
by kej000 | 2011-08-01 15:02 | カウンセリングより

「もっと深く、もっと大きい存在へ」 カルテ7

今日はカウンセリングの日記より、リサさんについてお話したいと思います。
実はこのカウンセリングはもうひと月以上前のものなのですが、ブログに書くという約束をしたきり、そのままにしていたのでした。リサさん、遅くなって本当にごめんなさいね。お許しを。




友人を通して、リサさんのご相談の依頼を受けた時、もっと正確に言うならば、彼女のバースチャートを見て直ぐに「このリーディングのテーマはあのカードだな」…と、一枚のカードが浮かびました。それは、よくサーフィンか何かのロゴマークにも使われているような「陰と陽」をあらわしたカードで、タイトルは「Change」といいます。変化?!リサさんとお会いする前から、私はなんだかわくわくしておりました。


もうひとつ特筆しておくならば、天使。
彼女には天使が宿っているようです。
その人にどんな精霊が宿っているか?これを見るスキルがあることは確かですが、彼女には他の部分から見ても、たしかに天使の守護がありそうです。私の人生で天使さんのリーディングは、今回でまだ3人目です。さて、どんな天使さんかな? とても楽しみにしていたことを覚えています。




    *   *   *   *   *   




初めてお会いしたリサさんは、天使?というよりは、とてもしなやかな女性でした。
背中に羽?というよりは、羽衣をまとった天女のようなイメージを受けました。
その衣で人々を包んで、これからたくさんの人を癒していくのが彼女の使命だと感じました。
さて、リーディングを始める前に、私は彼女に質問をしました。


「天使、ご存知ですね。天使と聞いて、どんなイメージをされますか? 
 長所と短所を挙げてみてください」


あまりに唐突な質問でした。リサさん、驚かれましたね。ごめんなさい。
しかし、私の頭の中では、しっかり構図が出来上がっていたのです。


今回のテーマは「陰と陽」
相反する二極です。それは、今、彼女がちょうど「陰から陽へ」変貌を遂げるタイミングであると同時に、彼女の人生、いえ、彼女自身がその二極の中で調和をとりながら変容していくこと…これが彼女にとって、とても大きなテーマだと判断したからです。
その二極とは? それを少しでも簡単に、彼女に知ってほしかった。そういうわけで、天使の名を借りて彼女自身の分析をまず試みたというわけだったのです。彼女が挙げていった答え(天使のイメージ)は以下の通りでした。



< 天使の長所 >

柔らかさ 誰からも愛される 優しい 天真爛漫 可愛い みんなに愛を与える 起爆剤 みんなを癒す



< 天使の短所 >

弱い 守る術を知らない 倒れやすい しょぼんとする しかし、けろっと立ち直る 


ここで私はまた質問をしました。
「では、その天使は、弱くて倒れやすい…とします。その時、どうやって、けろっと立ち直るのでしょうか?」

彼女の答えはこうでした。

楽しいことをする 例えば、歌を歌ったり、踊ったり。 「気」を自分でみなぎらせようとしたり。
あとは、他からもらう 「どこから?(Kej) 」 それは人からです。



私は彼女の答えに大変満足しました。
なぜなら、その <天使の長所=リサさんの最大の長所>であり、
<天使の短所=リサさんの警戒すべきポイント>そのものであったからです。

幸いにも、彼女はそのマイナス面が出てしまった場合のリカヴァリーの方法までご自分で知っていました。それが、楽しいことに身をよせることであり、自分のパワーを底から漲らせることであり、そして他者から受け取ること。その通りなのです。



私が言いたかったことは、二つありました。


○ プラスの部分とマイナスの部分

それはもちろん、リサさんに限ったことではありません。そしてこれは人だけではありません。万物に二つの極があると言えるでしょう。そして、彼女はその一方に偏りやすい性質があるようです。常に両者があること…それを知っている上で、バランスをとっていく、すなわち調和していくことが大切だよということ。


○ あなたはその答えをいつも知っている

ということです。おそらく彼女は、直感的に何かをいつも感じ取っているはずです。
しかし、理性が勝ってしまうために、無視してしまう。または、自分への問いかけは後回しにしてしまうようなのです。そして悩み、迷うことがおそらく今迄もとても多かったのだと思います。それは自分の心の声に耳を貸さなかったからです。しかし、ちゃんと向き合ってみると…ほら、答えはちゃんと見つかっているではありませんか。



   *   *   *   *    



さて、彼女の今回のご相談は、彼女のお仕事についてでした。
今なさっている仕事をこれからも続けていくべきか?というものでした。
その具体的な答えについては、彼女に既にお話してありますので、ここでは大切なことだけを残しておきたいと思います。


彼女の仕事はボディセラピーという分野に入るのでしょうか。
何年もキャリアを積み、そういう部分では人に癒しを与えてきたといえます。
このままキャリアを拡大して行くことが彼女の進むべき道でしょうか?
この先、このままの今迄と同じやり方で同じ道を歩いていけばいいのでしょうか? 答えはNOでした。いえいえ、今迄のことが悪いといっているのでは決してありません。
彼女には、もっともっと深く、心の内へ、本当の彼女が望む精神的な価値の世界へ旅をする時期が訪れようとしているのです。


タロットによるリーディングを行いました。
これから彼女はどういう方向へどういう意識へ向かうのか?ホロスコープ法というレイアウトにより見ていくことにしました。


はたして、そのキーカード(鍵)として現れたのは、「Change」まさしくそのカードでした。
Changeはその名の通り、「変化」を意味します。キーカードにはいろいろな意味が読み取れますが、大枠でいうならば、『リサさんは大きな変化の時期に入ってきている』ということを示唆しています。


リサさんはとても献身的に人々に癒しを与えてきたようです。
しかし、彼女の魂はもっと深く、大いなる次元を目指しているのでしょう。
今迄のように「気持ちよかったわ」「癒されたわ」という言葉をもらうだけでなく、自己満足な世界で終わるのではなく、もっともっと大きな次元へ…魂が進むべき道へ勇気を出して進んでいかなければと考えているようです。しかし、それには相当の修練が必要だろうし、大変そうだし、自分なんかにできるだろうか?そんな力が自分にあるだろうか?第一、お金はどうするの?
リサさんはもう一方でそうも考えているのです。


もっと彼女の内なる声を聞いてみましょう。


高度なより専門的な勉強を始めるとカードは導きます。なぜなら、今自分がやっていることは、本当の自分が求めている癒しではない…と彼女の内なる声が語っています。そのために、新しい修行の場をもとめ、自分自身をもっと見つめたいと欲しているのです。


そこでリサさんに伺ってみました。
「何か今、始めたいと思っていることがありますか?」


リサさんは、ヨガを習っていきたいと思っているのだそうです。
ヨガというと、単にポーズをするスポーツやリラクゼーションとしてのヨガから、奥義や聖典を学び、深く極めていくヨガまでとても幅広いですね。リサさんには後者をお勧めしました。

その高度な学び…すなわち、それは「師」といえる仰ぎみる人につくこと。そこで何かの聖典を学ぶこと。新しい仲間達と出会い切磋琢磨して同じ光りを見つめて行くこと…その全ては、リサさんに予期できないほどの変化を起こすことになるでしょう。
そしてその後、本当の意味での、自己への問いかけをする時が必ずやってきます。
その答えこそが、あなた自身が探していた、本当のリサさん…ということになるのです。



天使の話でも申し上げました。
答えはあなたの中にあるのです。自分の心を偽ったり、それを恐れて立ち止ってはいけませんね。
誰でも、何かを変えるというのはとても勇気のいることです。天使さんならなおさらでしょうが。
しかし今は思い切って、自分のテリトリーから一歩出て、新しい自分の価値に賭けようと決意し、行動すべき時です。リサさんはただ、やってきた変化の流れにすっと乗ればよいのです。
大丈夫!落ち込みそうになったら、楽しいことに身をよせ、気を漲らせればよいのです。


お金の問題、家の問題。それも大丈夫でしょう。意識の持ち方次第です。
これも天使のところでやりました。両者の陰陽を把握しておくことです。ちゃんと把握していれば、どちらかに傾くことはなく、バランスをちゃんととっていれば、調和することは易しいのです。あっ、でもそうでした!リサさんは、傾きやすいのでしたね?!
はい、ここは大事なところでした! 必ず、両者を把握しておくこと。新しいことを始めたからといって、夢中にならないことも含まれます。きちんと今迄のお仕事で稼げるところは稼ぎ、そうして新しい方向に少しずつ移行していけるようにバランスをとることをお忘れなく。
つまりは「木ではなく、森を見よ」ということですね。




<リーディングのまとめ>


リサさんにとって、「変化」はとても大切なポイントです。
彼女はこれからの人生においても、今ある場所から解き放たれて、新しい未知の世界へ飛びたたねばならない時がしばしば訪れるでしょう。変化は周期的なものであって、留まっていては進化しない…ということを常に認知していかねばなりません。
今回の変化は、その中でも大きなものと言えそうです。なぜなら、今回の旅はあなたの「本当の自分探しの一歩」になると思われるからです。人生山あり谷あり…。その中で揺るがない自分の原点(コア)をいつも見つめていくことです。それは天使の話でリサさん自身が語っていましたね。


「人を癒すこと」「起爆剤」「人に愛を与えること」そして「人から受け取ること」


このことをいつも心にしっかりと刻んでいれば、あなたは大丈夫なのです。
もうひとつ加えさせて頂くならば、普遍の真理を学ぶことです。これはヨガの聖典に通じますね。
これからは頭で考えて結論を出すのではなく、心に問いかけてみることです。コアを基準にして、心に聞いていけば、いつも正しい答えは得られるはずです。




<それから>


その後、リサさんからヨガの先生候補がメールで送られてきました。
その中におひとり、リサさんを新たな未知の世界へ導いてくれる先生候補がいらっしゃり、リサさんにはその旨、報告してあります。

返信した内容の中に、「将来的にはレイキやESPなどのボディーワーク、ヒーリングに向かわれるといいと思います」と書き添えました。彼女には生来、右手にヒーリングパワーがあると感じたからです。それを読んだリサさんは、何年か前に感じたインピレーションを思い出したのだそうです。(シンクロニティですね。余談ですが、彼女は非常にシンクロニティを感受しやすいタイプなのです)
きっとそのイメージこそがリサさんの本当の使命なのでしょうが、そのことは現実の世界の中でそっと蓋をされていたのだと思います。


これから先は、自分の直感に正直に生きてほしいと返信したように思います。ヨガで聖典を学んだ後、学びながらかもしれません、、彼女はきっと本来、彼女が望む道へ進んでいくことでしょう。ヒーラーとしての才能の開花かもしれませんし、また他の引き出しから違う隠れた才能を見つけ、それを伸ばすことかもしれません。
そして、その答えはあなたが向き合っていくかぎり、かならずあなたに訪れるのです。


リサさん、自信を持って。あなたの未来はあなたの心の中に輝いているのです。







*  *  *  *  *

今日の一枚

トートタロット・スモールアルカナカードのディスクの2番です。

d0214179_1531132.jpg
ふたつの中国の陰陽をあらわすシンボルが中心に描かれています。
そのまわりにいるのは、無限を表わすレミニスケートを象る、
王冠をかぶった蛇です。蛇は変容を意味しています。

よくご覧になってください。
陰と陽は突然変化するのではありません。
この模様のように、少しずつ変化の様相を示していきます。
それは、太陽輝く昼であっても月が見えるように。
暗闇の中でも月明かりが照らすように。

ですから、私たちは全てを見ていさえすれば
この変化を見落とすことなく調和をとっていられるのです。




   *   *   *   *


追記:


その後また、リサさんからメールが来ました。
お礼と共にそこに書いてくださったこと、とても嬉しくて楽しい文章でしたので、ちょっぴりご紹介しちゃいますね。


『 ボディワーク&ヒーラーの道に進む!と再確認できたら身体の中から喜びがニョキニョキと湧き出てきたのを感じました。身体の中にエネルギーが戻ってきた感じです。
次のステージは、感じるままに学び、表現していくことが大切ですね。表現するのが苦手なのですが、ここは「チェンジ」と言い聞かせて、前に進みます。』


はい!そのニョキニョキ感、忘れないでくださいね。
これからも応援しております!

                                     ケフ
by kej000 | 2011-07-13 15:36 | カウンセリングより

「めざせ未知との遭遇」カルテ6

皆様、こんにちは。
本日も引き続き、web鑑定をさせて頂きます。
ではでは、よろしくお願いいたします。


*  *  *  *  *  *  *  *


依頼人は「クリスさん」です。
クリスさんは専門分野でご活躍されている、知的好奇心旺盛な方です。その一方で、なかなかロマンチックな方でもあります。笑顔も子供のようで、とてもキュートです。
さてこの1年あまりをクリスさんはどういう意識をもって、どういう方向に向かっていけばよいのでしょう? 意識に語りかけるタロットリーディングの2種類の手法を使ってまいります。



テーマです。
クリスさんには今年、来年を通して 「未知との遭遇」 をめざして頂きたいと思います。



いきなり壮大なテーマになってしまいました。順を追ってお話いたしましょう。
まず、占星術によれば、2007年以降、クリスさんの身にどうにも抗えない運命の波が押し寄せていたようです。その激痛の中で、クリスさんはとても傷ついたか、または病気になってしまうくらいのストレスを抱えたと思われます。
しかし、それはクリスさんが今迄のクリスさんの殻を打ち破るための「自己浄化」の力によるものだったようです。つまり、クリスさんは「脱皮」…あ〜、別にクリスさんは芋虫ではありませんね、、、「変容」するチャンスを与えられていたのだと星は言っております。


今はだいぶ落ち着いてきたようです。ピンチ脱出の気配です。
そして秋のはじまりくらいから、また新しい波がおしよせます。今度は幸せの波です。
まだ少しのプレッシャーは残っているかもしれませんが、新しい可能性、それは大きな大きな可能性です。自己脱皮が果たされれば、思いがけない運命の輪がくるくるとまわりだすでしょう。


新しい大きな可能性、つまりそれは、クリスさんにとっての初めての世界…つまり、「未知」の世界を示します。思いがけない変化は、クリスさんが今考えつくだろう思考の域を超えていそうですよ。
なんだかおもしろくなってきましたね! さて、ここからはタロットの登場です。


   *  *  *




< 未知の世界へ行くには? >



未知の世界というくらいですから、お隣や外国にさっといけるような簡単な話ではありませんね。
何か特別な鍵がありそうです。その鍵を開けると…はい、待っているのは「今迄見た事のない世界」となるわけで、それはふっ…と、どこからか新しいエネルギーが流れ込むように、やってくるようです。ではその大事な「鍵」を手にするヒントをいくつか下に記します。



◎ グループまたは何かのコミュニティの中に身をおくこと

クリスさんの場合は、もともと人と人との繋がりが大変重要なポイントとなります。そこで学び、何かの意義や目的意識、価値、新しい刺激を感じ得ることができます。


◎ 客観的視野と哲学

クリスさんの知的探究心はまさに底なし。分析能力があり、専門分野で成功をおさめるタイプです。そしてこの場合の思考は「クリスさんの哲学」です。独自の哲学を持って生きることを奨励します。
分野としては、伝統的なもの、古代から伝わるもの…プラス 新しい考えの融合とでました。


◎ マスコミ、ネットワークの利用

特に今年は著述分野での才能が開花しそうです。常に対象についてイメージしていてください。
内容候補としては「人が見落としがちな奉仕的分野」「社会の病める部分を修正していく」などが挙げられます。



◎ 真実の愛への深い深い思考

別に誰か特定の人をさすわけではありません。人類愛とでもいいましょうか。
人を愛すること。「真実の愛」とはいったいなんでしょうか? 


◎ 脱・セルフイメージ
自分の固定観念や思考と感情はもうこのさい、切り捨てましょう。
今迄のパターンを脱出して、新しい「生」の流れにのらなくてはなりません。
頭や心で判断せずに、直観やイメージにたよるというのもひとつの良い方法です。



◎ リラックスタイムの充実

人好きのクリスさんですが、一日のうち数時間は人に干渉されないスペースと時間を設けることがとても大事です。長く親しんだものに触れる時間でもよいですし、伝統的なものや宗教的なものに心をよせる時間でもよいです。また今年は旅をすること。それも思い切って長い旅に出かけられるのも大変良いです。できれば9月中旬前までに。



◎ 知識でなく、自らの現実の体験を信じる

一番大事な鍵です。人はみな、本や人から伝授された話を信じて、そうかそうか…と納得しますね。しかし、クリスさんの場合はそれではいけません。既にたくさんの体験をされているはずです。ご自分で実際に純粋に経験、体験されたこと。そのことが実は全ての鍵を握る大事なポイントとなるでしょう。




さて、これらが鍵を手にするヒントです。
長くなりましたね、やっぱり。どうもいけません。まだ読めますか?
せっかくですから、NG<やってはいけませんよ!>集も載せておきますね。




● 快楽にはしらない

お酒も異性関係もほどほどに。それらのことは、本当に心からの楽しみであり、喜びですか?
深く感じることを避けてはいませんか? …とカードは言ってます(笑)



● あまり大きな組織に交わらない

グループは◎でしたが、少人数の単位のものです。大きな組織の中では派閥争いや集団からのストレスを一気に受けそうです。危険です。これは生涯を通しての忠告でもあります。しかし、収入のためにこちらを選びがち…とも出ています。ご注意を。



● ヘルスチェックを怠らない

仕事に関して、特にルーティンワークに対しての感情の抑圧が激しいようです。それは体の不調をよびます。そして過酷な仕事=やりがいがある…と、とらえる節があるようですが、それは…=過労につながり、また体にきてしまいます。ご自分で気付き、ストレスコントロールをする必要がありそうです。





さて、たくさん書いてしまいましたが大丈夫でしょうか??
しかし、これは全て、クリスさんの意識をタロットで紐解いた結果です。
全部、あなたからきている情報なのですよ。
ですから、きっと忘れずに。ちゃんと覚えておいて、お過ごしください。



クリスさんには、なんとか未知の世界へ出発してほしいです。
出発の準備はもうこの数年で出来上がっています。
あとは、鍵を手にするだけです! 
変化の波に乗り遅れないように! チャンスは今年後半にやってきますよ〜!!











 *  *  *

後記

今日は普通の「年運だぞ」と思ってリーディングを始めたのに…。
全然軽いお話ではありませんでした。どうして私のところに来る方達はそろいもそろって「重大な時期」に面しているのでしょう?

いやいや…というよりも、時代かもしれませんね。時期といいますか。
それぞれの方がそれぞれの意識へ、深いところへ向かっているのかもしれません。


今日も「深いところに触れさせて頂きました」
ありがとうございました。

                       ケフ
by kej000 | 2011-06-08 23:37 | カウンセリングより

「消さないで、心の炎」 カルテ5

今日は以前から相談にのっているクライアントさんのweb鑑定をしたいと思います。
…というわけですので、対面リーディングは行っておりません。初の試みですよ。どきどき。



ではまいりましょう。

クライアントさんのお名前は、ひろさんです。
笑顔がきらっと輝く素敵な女性で、主婦と子育てをしながら、一歩ずつ自分のライフワークに向かって
着実に歩んでおられる素晴らしい方です。

ひろさんが私のところに相談を持ちかけてこられたのはもうずいぶん前の話です。
彼女も皆と同じく、自分だけの「何か」を探しておられました。そこでカウンセリングを重ね、彼女のなかの「何か=心の炎」を見つけられました。それからの彼女は大変立派でした。全てが良い条件とはいえない中、懸命に目標に向かって走り続け、そして彼女の目標であった第一段階まで、なんと
こぎつけたのです。すごいことです。拍手喝采です。


さて、そんなキラキラに輝いていた彼女ですが、今日のご相談はなんでしょう。

「震災後に何かがすっかり変わってしまって、せっかく始めたライフワークももう無理です。
 今は諦めの境地です」


本当に。大地震があって、いろいろな変化が私たちを襲っています。実際に被災してらっしゃらない方でも仕事に大きな影響が出たり、バランスを崩して体調に影響が出てきている方も多く見受けられますし、原発問題など実際に今、目に見えないの恐怖も含め、今まさに私達みんなのなかで何かが変わろう…または、変わってしまった実際の「変化」の中で自己が取り残されている…という方がなんとたくさんいらっしゃることでしょう。心の痛むことばかりです。


さて、ひろさんに関しては人生の縮図のような「ライフリーディング」はもう既に行っておりますので、今日はひろさんの今の「意識」について紐解いていくことといたしましょう。これは全てタロットで行いますので、これまた初のオールタロットリーディング!ということになります。
どうぞ宜しくお願いいたします。


  *    *   *   *   *   *   *   *


「ひろさん、あなたは今、全てに関して受け身になってはいませんか?」



< 今のひろさんの気持ち >

相当ないろいろな困難があったと思われます。そのなかで彼女はそれなりに強く逞しくなってきています。これはとても喜ばしいことです。「ここまできたら何があっても大丈夫!受けてたつわ!」くらいの度胸が座ってきたと言えます。頼もしいです。

そういうひろさんの心の中はしかし、「どうして自分のやりたいことができないの?」と叫んでいます。自分の目的が様々な困難や妨害で邪魔されて、「もう、どうでもいい、疲れ果てたわ」と嘆いています。かなり辛い状況のようです。

なるほど。では、今のひろさんのことを客観的に誰かが見たとしたら?どう感じるのでしょう。
「彼女は頑なに守りに入っているように見える。まるで戦国時代に籠城して悲鳴をあげているよう」
それはそうでしょう…彼女には夫もいれば、かわいい子供もいます。どんなに厳しい状況でも
家庭を家族を守りたい。そう思えばこその籠城です。

しかしです、注意すべきことは、この城の砦をつくったのは、ひろさん自身であり、そしてその中で
限界を感じている…ということはないか?ちょっと自分に問いかけてみてください。




< 実際のひろさんの行動、思考 >

なんとかしてこの厳しい状態の中でも、特に子供達には元気でいてほしい…と考えています。思慮ある立派な母です。子供達に襲いかかる困難を払いのけ、必至に安全を確保しようと努めています。
そしてご主人に対しては、夫婦としての契約に基づいた関係性…それは何かのきっかけがあってのことかもしれませんが、今はまるで妻と主婦の役を演じるかのごとく、割切っていると出てきます。

さて、このひろさんの行動(思考)もまた、受け身的なものとは言えないでしょうか。
ひろさんはまさに、個人的な自由にみずから境界線をはって暮らしています。
それはとても苦しく、ストレスと闘う日々のようなものです。このままの状態が続くことは好ましくありません。




< もっともっと深く、ひろさんの心の奥底へ >

ひろさんの心の奥を深く掘り下げて、のぞいてみます。
とても混乱しているようです。
「私は本当は何をしたいのか? どこに向かうべきなのか?」を迷っているのです。
そして興味深いことには、ひろさんの魂エネルギーは今、転換期を迎えています。心の奥底の底から
新しいエネルギーが沸き出しています。

これは不思議なことではありませんね。
人は不可思議なもので、自分の頭で感じる感情や心が痛めつけられているほど、魂のほうはパワーが
みなぎります。これについては話が長くなりますので、またいつか、ゆっくりと説明いたしますね。
つまり、ひろさんは現在、かなりの困難に接することで、魂のエネルギーをがんがん増量中!という
ことになるのです。



< ひろさんが外に向けている気持ち >

次に仕事をしていたひろさんですが、現在、家庭の外にむけて、どういう気持ちでいるでしょうか。
「次のステップに進みたい」と考えられているようです。大変ポジティヴな考えですね。
大丈夫。その気持ちを忘れないでいれば、大丈夫なのですよ。




< まとめ >

まとめに入りますね。
カードからのアドバイスです。

* * * 

今の状況は、ひろさんにとって大変きつく辛い状況であることはわかっています。
しかし、今起こっていることは、実はいつか全て起こるべきことだった…単にそれが今、重なった
だけのことだ…そして今、それを一気に終了させようとしているだけなのだ…とポジティヴに考えてみてください。

内面の変化が起こっていることを見逃さないで。
しかし、今は飛び立つ時ではありません。慎重に自分や自分の大切なものを守りながら、日々を丁寧に過ごしましょう。この時期は危険に身をさらすような大きな決断や行動はしてはなりません。

今のあなたは「起きていること、事件」にばかり、とらわれていませんか?
何かをとりたてて深刻に考えてみたり、判断したりしてはいませんか?

今のひろさんに大事なことは、「愛」と「創造力」です。
心の中に「愛」はありますか? 「創造力はありますか?」

ネガティヴな思考に気づいて、クリエイティヴなモードにシフトしていきましょう。
来る状況に受け身にならず、積極的に「愛」をもって、何かを創造していきましょう。


* * *


ひろさんはとてもクリエイティヴな才能の持ち主です。
たとえば、お料理ひとつ作るのでも、お部屋を飾るような家の中の小さい事ひとつにしても
常に創造力を働かせて、楽しみながら発見をしていく人なのです。その力を発揮してください。
どんな小さなことだって、ひろさんのライフワークの発展のためのヒントに繋がるはずですよ。

そして、こういう時期だからこそ、一歩前へ進めるチャンスなのです。
逆境にこそ、人が気づかない、考えつかないヒントが山のように積もっているはずです。

いいですか、ひろさん。
落ち込んでいる場合じゃありませんよ。倒れてもただじゃ立ち上がってはいけないのです。
たくさんたくさん今のうちにかき集めてくださいね。それがやがて、ひろさんの財産になります。

そして忘れないでください。
「今起こっていることは必ず、そのうちに消えてなくなる」のです。
今のつらい状況も、やがて消え去る日が必ずやってくるのですよ。




「ポジティヴに 積極的に 全てに愛をもって そして クリエイティヴに!!」


次に会う時、ひろさんはまた一段と素敵な、大きな女性になっていることと思います。
大丈夫。あなたなら乗り切れます。心の炎を決して消さないで。





 *  *  *  *  *  *  *  *  




後期


ひろさんだけのお話ではありません。
人生山あり谷あり…やっとみつけた何か大切なものがあったとしても、おとぎ話のように全て
とんとん拍子に思い通りにことが運ぶ…なんてことなど、なかなかありませんね。

そんな時、思わず何もかも捨てたくなってしまったり、気弱になって諦めてしまいそうになるのは当然のことです。しかし、私のブログを読んで頂いている方はそろそろご承知かと思いますが、
そういう究極の苦しみの時こそ、チャンスの時期とも考えられるのですね。知らない間にエネルギーが増量を続けているのですから。これは嘘でもなければ、ガセネタでもないです。なんでしたら、
まわりの立派な方々を見てください。その通りのはずです。

但し、ここで一番大事なことは、決して「心の炎をたやさない、消さない」ということです。
(心の炎に関してはこのブログの「今むけるべき意識の方向」の中で松明に例えて紹介してあります)
心の奥底に、自分にとっての何か特別なもの=炎 がある限り、人はどんな苦境にあっても
前を向いて進んでいけるのです。そしてその後ろ姿は光り輝いているのです。
by kej000 | 2011-06-08 00:35 | カウンセリングより

苦しみを経て新しい人生へ カルテ4

こんにちは。
このところあまりに忙しく、森から遠ざかっておりました。失礼いたしました。
さて、今日はカウンセリング日記でまいります。


* * * * * * * * * * *


主人公はクラさんです。

クラさんのご相談は「これから何をしたらよいでしょうか?」ということでした。
最近こう…何かに向かう人が本当によくいらっしゃいます。とても嬉しいことですね。




クラさんは何年か前に大きな病気をされました。それこそ覚悟を決めなくてはならないような大変な病気です。そうしてこれまで治療に専念する日々を送られてきたのです。今はそれをみごと克服され、体調もずいぶん上がってきたとのこと。さて、その闘病の日々の中、クラさんずっと


「自分はなにかをするために生かされた…」「何かを伝える人になりたい」


と思って過ごしたといいます。でも自分に何ができるだろうか?クラさんはいろいろと調べたり、考えたりしてみたのだそうです。でも本当にこれでよいのか、自分の選択は正しいのか…。
そして今回、その方向性について尋ねたい…という主旨なのでした。
はい、承知致しました。それではケフがクラさんと一緒にその「何か」を探してまいりましょう!



* クラさんはどんな方でしょう? 


クラさんはとても繊細かつ過敏で、精神的緊張を感じやすい方のようですね。そのうえに、彼女をとりまく環境が困難なものであったり、問題が起こったりという波乱が多く、彼女はそれらに幾度となく苦しめられることがあったようです。
そういう時、彼女の生真面目さが逆にもっと悪いシチュエーションを思い浮かべさせ、ネガティヴな心理傾向におちいることが多かったと思われます。はい、ここでクラさんも同意しております。



* どういう運命のもとに生まれてこられたのでしょう?


人生の一時期に大変な苦しみ、または究極の悲しみを体験することが、クラさんの運命に「生まれてくる前からのお約束」として組み込まれていことが、と彼女の生まれた時の星の配置を示すバースチャートから読み取れます。これがつまりその「大病」にあたるでしょうし、また、彼女を苦しめてきた様々な「家族の問題」を示します。
そして、クラさんの場合は、前世からのカルマを今世で一気に解決(浄化)してしまおう…と、覚悟を決めてきたふしがありますね。

さらに天体の意味を紐解いていくと、彼女が「極限の悲しみ」を通過した後、その経験から「ライフワーク(彼女がこの先ずっと向かい合うテーマ、仕事)」が生まれてくる。
そして、そのライフワークとの出会いが、彼女に大きな変化をもたらします。
つまりです、彼女の人生の前半は「彼女の本来の人生」ではなく、前世からの借りを返すためのものだったのです。
そして、本題はこれからなのです。


まさにこのタイミング、今から!ですよ、クラさん。
新しい人生のはじまりです。
運命の被害者にならずに、強い意志で自らの運命を切り開いてください。そして、輝かしい勝利の人生へと向かうのですね。
素晴らしいです。この「運命の被害者にならずに…」ということがとても大事ですね。

「なんで私ばかり…」と嘆いていては、その先の人生に華は咲くでしょうか?
今のクラさんには、普通の人には負けない生命力と勇気が漲っていることを自分で感じてほしいのです。これより先にはもう何も恐れることはないのだ…と自信を持ってほしいのです。


さてさて、ではこれからのクラさんは?
はい。クラさんのバースチャートを拝見しておりますと、「ライフワーク」が彼女の人生にとって、かなり強力な意味を持っていることがわかります。はい、かなり…です。とても重要です。
前筆した通り、浄化の後に起こる変化の波にのって、クラさんは、本来の彼女の本能を蘇らせて新しい方向へ向かいます。
そしてそのライフワークにより、彼女は今迄とは別人のように変貌し、知らず知らずのうちに社会へ進出し、リーダーシップを発揮しながら、思わぬ成功を遂げると出てきます。彼女の隠されていた能力が突出される日がやってきます。




* その重要なる「ライフワーク」とは?

さて、クラさんにとってこれからの人生をライフワークに賭けていかなければならないことは、おわかりですね。では、いったいどんなことをやっていけばよいのでしょうか?

ヒントは、クラさんが以下の条件をクリアする仕事…となります。

○ 自己凝視と自己の解放
○ フラストレーションを創造力に転換してゆく
○ 自己防衛(自分自身を癒す)
○ 特定の専門知識と能力を要する、研究が必要
○ カルチャー、アートの分野 (技術を要する)
○ 肉体とを対象とする
○ 神秘的なことを現実の社会へ何かの形で移行させる


さぁ〜、いろいろ出てきましたが、皆さんは何か思い浮かびましたか?
ケフは何かピンとくるものがありました! そしてその答えは次に伺ったクラさんの希望と酷似しておりましたよ。



何か「これだ!」と思い浮かぶことはありますか?
以下、クラさんの答えです。

● 中医学の療法士 (中国の伝統医学で漢方、薬膳、気功などの療法を示す)
● ヨガ      (カルチャーとしてのヨガは経験済。もっと深く学びたい)
● 籐のかご作り  (現在、趣味で実行中。自然素材相手に大変癒されるとの弁)


はい。出揃いました! ではここからは、タロットで絞り込みをしてまいります。




* タロットによるリード

クラさんが現在思案中の3つの候補についてタロットに聞いてみました。

◎ 中医学 
クラさんは始めるには相当な専門知識を学ばなければならない。ちょっと時間がかかりそうだぞ…と思っています。やり始めてみると、かなりおもしろい。ハマりそうです。好奇心がクラさんをどんどん進化させるでしょう。しかし、学んだことに対して「資格取得」と「現実にどう働いていくか、どう社会へ出て行くか?」ということでかなりの二の足を踏むことになりそうです。

◎ ヨガ
まずクラさんはもしかすると、もっと経験豊かな人や若くてフレッシュな人を前に、ちょっぴり怖じ気づくことがあるかもしれません。しかし、それよりも大きな力…「ヨガってこんなに深いものだったの?」というショックにも似た驚きを体験しそうです。ヨガはクラさんの深層心理に深く訴えかけてくるのです。そしてその教えからクラさんは、今迄の概念を全て捨てさり、強力な何かを感じて進化し始めます。さらに「これが私の望んでいたことだ!」と強く確信をもつにいたります。

◎ 籐のかご作り
楽しくてたまらないようです。自分の世界の中にどっぷりとはまり、新しい何か目覚めやビジョンが沸き上がりそうです。しかし、かご作りでは、残念ながらクラさんは一時的な楽しみしか得られないようです。これでは、彼女自身が根本から心身共に癒されることはなく、またもとの「わけのわからない緊張の日々」に逆戻りしてしまいます。


はい。ということで、読者の皆様はおわかりですね?


かご作りは、なかなかよろしそうなのですが、本来クラさんの向かうべきヒント(前述)からはちょっとズレがあるようです。
次に、ヨガです。これはまさに運命的なものでしょう。
そして、中医学ですが、これはちょっと時間がかかりそうです。今年のクラさんは、ある程度の経験や知識がある世界で物事を起こす方が成功につながるのです。興味深い候補ではありますが、「今年」という意味ではヨガのほうがふさわしい。しかし、捨てがたいものがありますので、ヨガを極めてきたら、こちらにももう一度目をむけてみることも可能ですね。


ついでに、この「ヨガ」は、クラさんのライフワークになり得るか?とだめ押しで聞いてみました。


カードの出した答えは、「ヨガは…なります」でした。


現在のクラさん、希望もなく、何をしてよいかわからない。考えがまとまらない。
そして彼女の脳裏には、病気がトラウマのようにいつもはびこっています。それはそうです、今もなお、再発を防ぐために病院に定期的に通っている日々なのですから。しかし、カードは「大丈夫!克服したのです。元気でがんばれますよ!」と言っています。あなたが心から望み、その幸せを満喫しながらやれば、ヨガはあなたを太陽のように輝かせてくれます。
今はまだ、つらい状況でしょうが、あなたには隠された大きな力があるのです。ヨガをすることで、あなたはあなたの予想を大きく超えるような未来を、約束されるでしょう。あなた自身が癒されること、過去の自分から脱皮して大きな歓びを掴みとれば、ヨガはあなたにとって、素晴らしい成功をもたらせてくれるでしょう。



う〜ん、これはこれはものすごく素晴らしい!カードが出揃いました。申し分なし!です。
欲を言えば、現在のクラさんの心情です。今のクラさんから一歩踏み出さないとなりません。
その一歩がクラさんにとてつもない変化をもたらし、彼女をさなぎから蝶に変容させることでしょう。



クラさん。
私のところに来てくれたこと=クラさんはもう「変わり始めた」ってことですよ。
大丈夫!!いろいろ考えなくてよいのです。
あなたには大きな壁を乗り越えた大きな力があなたの魂に蓄えられているのですよ。

まずは『自分自身のために…自分の身体のために…』ヨガ、深く深く学んでください。
そしてそれがいつか、みんなを癒す力になるでしょう。
つらかった経験はいつしか大きな智慧に変わってゆくのです。


そうそう、クラさんの柔軟性、、、おそるべきものがありましたよ。インドの人みたいな。。
なるほど〜、これは楽しみですね!

数年後には、クラさん。インドへ修行に行く…なんてことになりそうだな!
なんだかものすごいヨガポーズをしている?クラさんのキラキラした笑顔が目に浮かぶようです。



* * * * * *

追伸

ヨガのことはよくわからないのですが、
クラさんには「アナハタヨガ」というのがよいと出ていたのを言い忘れました。
なんでも第4チャクラを開く「胸と心を開くヨガ」だそうです。
お教室探しにお役立てくださいませ。
by Kej000 | 2011-06-04 01:10 | カウンセリングより

「殻を破って未知の世界へ」 カルテ3

こんにちは。
カウンセリングシリーズの第三段です。


本日のヒロインはチョコさん。
チョコさんは、美しく品のある素敵な奥様です。
将来有望なご主人と、これまた将来有望なハンサムな男のお子さんがいらっしゃって、素敵なお家に住んで、ご親族とも円満。絵に書いたような幸せを満喫されている女性です。


チョコさんが私のところに来たのは、あることを相談するためでした。
「これってやったらどうなるかな?って」「やっても大丈夫でしょうか?」


チョコさんはいつもちょこっとのことで心配になったり、不安になったり。
しょぼん、しょんぼり…気持ちが落ちてしまうようなのです。
だから、あまり感情が乱れるようなことは進んでしたいとは思わないのです。
そしてよくよく話してみると、チョコさんはシアワセなはずなのに、でも心のどこかにちょっぴり穴があいているような…言葉で言うのはちょっとむずかしい感じをいつも抱いているのかもしれない、ということに気づきました。これは大変! 相談ごとはちょっとおいておいて、まずはその問題を
根本から整理していかないといけませんよ。



さぁ、ではチョコさんがこれから未来にむけて、キラキラと輝くためのリーディングをはじましょう。
そして彼女の抱えている問題は、実はとても多くの人が抱えている問題でもあるのです。



*最初のリードは、「今の…今までの自分を知ること」です。


まずはチョコさんのカルマを読んでみましょう。
カルマというと、いつも試練だの忍耐だのと書いて、ちょっと脅しがかかっておりましたが、
チョコさんの場合はブレイクスルーとか、一種のイニシエーションと言う言い方におきかえることができそうです。つまり、チョコさんがちょっと勇気を出して、乗り越えるべきこと…ということになります。


チョコさんの乗り越えるべきポイントは、
「自分の殻から出る」ということでした。


チョコさんは心地よい家庭に育ち、楽しい学生生活を送り、結婚して今すてきな家族と共にすごしています。これはすなわち、チョコさんはずっと卵から孵る前のひよこのように、あったかくて安心な殻の中でぬくぬくふんわりと暮らしてきたと考えてみてください。

チョコひよこは、外の世界(殻の外=未知の世界)を想像します。
外にいったら、きっと荒波のような世界で、私なんかもみくちゃにされてしまうかもしれない。悪いオオカミや禿鷹がいるかもしれない。きっとやられちゃう。私なんて何もできるわけがないわ。
それよりこの中にいたほうが安心。

なるほど。しかし、これは実は想像ではありませんね。想像という名の「妄想」です。
なぜなら、チョコさんは殻の外を体験したわけではなく、あれこれ知識を組み合わせて<頭の中で考えている>だけなのです。外には花咲く野原があって、あったかい日だまりや踊りたくなるような楽しい出来事がたくさんあるかもしれないのに。


チョコさんの場合、その真面目な気質とピュアな心は、小さい頃から普通の人よりたくさんの情報、それはつまり、「こうあるべきだ」という観念を人よりたくさん吸収してきたのかもしれません。
それはそれで、伝統や良い意味での社会常識をチョコさんの中に培うきっかけになったのですね。しかしそれと同時にチョコさんの「本当の自分」を覆い隠してしまっている、つまりちょっとやそっとじゃ割れない堅い殻を形成するこことになってしまった部分があるのかなと思います。


チョコさんが今すべきこと…「殻を出る」ということは、
チョコさんに造られてしまっている概念の枠を飛び出して、本当の自分の意志でチョコさんにしかない能力を使って、これから先、チョコさんにしかできない人生、それは型にはめられたレディメードではなく、チョコさんのオーダーメードの世界を自分の力で創り、その人生の主人公として、キラキラと生きていく…ということにほかなりません。

それをしなかった場合ですか?
はい。ちょこさんの今のままの未来はこんな感じです。
「品のよい老婦人。でも少しのことで大きく動揺し、気絶してしまう。心の病の持病をもちかねない」と出てきました。いや〜、この品のよいと気絶は目に浮かぶようですね。いえいえ、笑い事ではありませんぞ。なんとしても阻止せねばなりません。




*第二のリードです。では今何をすべきか?


「自分を癒す何かをみつけること」「そしてそれがいつか、人を癒す力となること」

う~ん、素晴らしいですね。ブログにいつも書いております、チョコさんの「核になり得るもの=ライフワーク」を探すということです。

チョコさんは何か、大好きで夢中になってしまうことを探して、それを勇気をもって始めるべきですね。そしてその夢中になれることが、彼女のしょんぼりを慰め治療してくれる、最大の癒しになるというのです。それは、チョコさんの心の小さな穴をも埋めてくれることになるでしょう。一心不乱にそのことに向き合うことで、それが成長する過程でどんどんキラキラと輝きだしてくるのです。するとそのキラキラを核にもった彼女が、彼女の人生もが輝きだすのです。
それはヒーリングのパワーを結果として伴うので、チョコさんは人を癒す人になっていくのです。もともと「人の心を計る」能力も司っている方ですから、ますます楽しみです。




*次のリードです。「隠れた才能は何か?」


では、いったい何をすればよいのでしょうか?
タロットと占星術。どちらをみてもチョコさんには輝ける才能があります。
特に秀でているのは、芸術的な才能です。彼女の場合は、美しいものをより美しく輝かせること。
そのうえ、彼女の人生の後半は、社会に進出し、多くの人と触れ合って、どんどん自分の才能を高め、大きな可能性にめざめるという展開になっていくでしょうし、それをこなすだけの、センス、集中力、継続力…などなど、つまりは技量を「隠し」持っているのです。

芸術はそのツールであり、方向性となります。
幸い、チョコさんは趣味で知らず知らずのうちにその類いのものと既に触れ合っています。
しかし、彼女はそれを趣味を超えてもっともっと学ぼうというところまで思っていないようでした。
「別にやってもこれでお金がとれるわけないです」「やってどうなるのか、どうにもならないと思うし」チョコさんは、やっぱり頭の中で思考を巡らし、勝手に未来を結論づけているのです。



* チョコさんへのアドバイスです。「頭で考えないこと」


本能というのか、直感か。体で感じる人、心で感じる人。いろいろいますが、頭で考えた答えは本来のチョコさんの考えではない!と割切ることです。なぜなら、それはチョコさんの原体験からきているもので、チョコさん本来が感じていることではない。
何度も言いますよ。 自分の心の奥底によく問いかけて、自分の芯に尋ねてみることです。
それで出た結論が一番正しいものだと思います。妄想はいけませんよ。
(ちなみに、タロットでは、彼女がどういう方向へ進むべきか、勉強なりキャリアをどう積むべきかは、個別にお話してありますが今回は長くなるので省略しますが、ちょうどこの問題は、チョコさんの今回のご相談とリンクしていたのでした)




* 最後の一押し


チョコさんの場合、占星術上で、カルマ期とすぐに平行して拡大期がくるという独特のパターンが見られます。つまり、試練の後にチャンス到来という絶妙のパターンです。
それもそのはず。何かを新しいことを始めよう、自分をもっと成長させよう!という時は、誰だって勇気をふりしぼって「えいっ」と最初のスタートを切るものです。しかし、そのスタートを切るのがちょっぴり恐い?チョコさんにとっては、この試練を超えた時が拡大期に繋がるというわけです。
そして今、チョコさんはカルマ期に入ってきています。

おわかりですか?
チャンスは今、足音をたててチョコさんのところにやってきているのです。
ですから、このチャンスを逃さずに、「えいっ」とチョコひよこは、ぬくぬく卵の殻から出ていくべきなのです。今、これかな?どうしようかな?と思ったこと。是非はじめてください。
それこそが、未知への冒険のはじまりになるのです。


冒険の途中、チョコひよこはオオカミに出会うかもしれません。
しかし、オオカミは恐い…ということを頭で考えてはいけませんね。
オオカミと触れ合うことは、チョコひよこに今迄知らなかったことをたくさん教えてくれるでしょう。ちょっとしたつらさ、悲しさがあったとしても、それはチョコさんの精神の成長に必要な「肥料」だと思ってくださいね。。そこにはこれまたたくさんの「学び」があるのです。それに、人生に無駄なことはない…昔の人はよく言ったものです。


「私は今日もこんなに学んだ」と思える日が連続でくるはずです。
それはお買い物や好きな映画を見ることよりも、ずっとずっとチョコさんの心に響く、大きな光となっていくのです。



チョコさん、さぁ、殻を突き破る時の到来ですぞ。
チョコさんが「宇宙一シアワセな女性」になるための「初めの一歩」です。
自分の人生をクリエイトするのは、チョコさん自身です。
あなたの創造力をもってすれば、大丈夫。未来はキラキラに輝いてくれるのです。







  * * * * * * * * * * 


後期

今日もまた、こんなに長い文章になってしまい、なんたることか。
未熟な自分が情けない。でもま、気持ちが、言いたい事が伝わればそれで良しとしてやってくださいな。ここまで読んで頂いた辛抱強い方、誠にありがとうございました。



  * * * * * * * * * *



      ◎ まだ読み進める時間と気力をお持ちの方へ(笑)


 本日の隠れテーマ

 <頭で考えてる世界>を超える…ということについての付記




人が社会の中で生まれて生きていく間には、様々な環境に接します。
それはまず家庭であり、親戚や学校であり、近所や何かのコミュニティであり、職場などですね。
その中で、誰もがいろいろな観念や体系や知識、常識などを学んでいきます。
その観念が積み重なってその後に、その人の「思考」を形成するというのはおわかり頂けると思います。

しかし、その「思考」は、実はその人の本来のものではなく、社会やまわりから造られたものである…と考えることもできるわけです。心理学やタロットの世界ではこれを仮面(ペルソナ)と呼びます。いうならば、ほとんど人がこの社会で生きていくために仮面を被っている…ということになります。

では、本当のあなたはどんな人なのでしょう? 心の奥底の方であなたは何をおもっているのかしら?


誰もが、人生のある時期にここを超えていかなければいけないのでしょう。
前述のブログ「のぼさん」のように「そんな殻あったの?」とばかりに、自分自身の人生を謳歌している人もいますし、チョコさんのように(カルマになっているくらいですから、チョコさんにとっては大問題です)中年期に達して、その殻を破るブレイクスルーの時期を迎える人もいますね。または見てみぬふりして生涯を終え、また来世で同じ問題と向き合う…という人もいるでしょう。
かくいう私もこの問題と悪戦苦闘中です。そうそう、修行僧とて同じ。煩悩(種々の欲望)と、あと超えるべきものは「己」つまり、己の思考というではありませんか。深い、深すぎます。
その度合いは大なり小なり、その人それぞれなのです。

そして、本当の「自分」を探し出し、向き合い、その自分を高めよう、クリエイトしていこう!と
している人はみんな、キラキラと輝いているではありませんか。



* * * * * * * * * * 

追伸1

その後のちょこさん

ちょこさん、とうとう、初めの一歩を踏み出しました!
そうそう、一歩でればあとはもう大丈夫。勇気がむくむくと湧いてくるでしょ?
そして、それに向かっているあなた、そのことを話しているあなたは、とってもキラキラしてますよ。成せば成る! これからも応援しています。Go Go ちょこさん!
by kej000 | 2011-05-16 13:34 | カウンセリングより