Kej の森

kejnomori.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ひとりごと( 20 )

ブログ お休み中です



こんにちは 鹿乃子です。

こちらのブログ、すっかりお休みしておりました。
最近では仕事に追われ、2つのブログはちょっと無理な感じです(涙)

そういうわけで、しばらくはお休みです。
いつも覗きに来てくださっている方、本当に有難うございます。ぺこり

もし、できますことなら、メインブログ

 「鹿乃子の森」 (←click!&jump!)

に遊びにきてくださいな。こちらは、少しずつですが、アップ続けております。


d0214179_21431240.jpg



これからも皆様のたくさんの笑顔と会えますように。



                              
d0214179_21465390.jpg

        愛をこめて♥ 鹿乃子
by kej000 | 2012-12-01 21:52 | ひとりごと

Spiritual に生きる

スピリチャルとは?


突然ですが「スピリチャル」って?
よく聞く言葉ですが、ちゃんと考えたことない方が多いと思います。
実際どういう意味なのでしょうか?


辞書によれば「精神的な」とか「霊的な」と書かれています。
たしかにそういう感じで使われていますね。


私の考える「スピリチャルに生きる」は、ある意味での「統合」「トータルに生きる」ということ。
それはつまり「心と身体を統合して生きる」ということだと思うのです。わかりにくいですね、、
心も身体も両方、ちゃんと見てあげて、バランスをとり統合していく…ということです。


少し前から、心理学および臨床心理学の勉強を始めました。
いろいろな方の相談にのっていて、これは心を科学的に見るとどういうことなのか?…と興味を持ったことが発端です。実際に統計学や占術的なことでは科学的に説得力に欠けるかな、と感じることもあったのかもしれません。なにごともあらゆる角度から冷静に見ていきたい、あいかわらず好奇心旺盛で自分でも苦笑してしまいます。


話がそれましたが、そう、その心理学的見地から申しましても、やはり、
人は心の問題を阻害…そこまでいかなくても「見てみぬふり」しがちだと感じています。


例えば、風邪をひいて熱が出たり、咳がとまらなくなったりすると、人はちゃんと寝なきゃいけないな…とか、薬をのんだほうがいいな、と考えるでしょう。実際に身体に顕著な症状が出ると、これはいけない!と対策を練るわけです。


d0214179_1124580.jpgしかし例えば、ストレスで胃腸が弱ってしまった…とします。
きっとその人は胃薬をのみ、もしかすると胃腸科を受診するかもしれません。
しかしその不調に起因している「ストレス」についての治療は??
根源を探っていかないと、実は身体にとっても根本的な治療にはならない…とは考えられませんか?


大抵の方はここで内因的問題には目を向けず、外的な治療をして、あとは時の変化を待ってお薬をのんで食事に気をつけて過ごすことになるのでしょう。
そうなのです、、なぜか心の問題は、放置されることが多いのです。
本当は心がイエローカードを出しているのに、取り上げられるのはその出所ではなくカードだけです。これでは心がかわいそうです。。


実際誰でも考えてみれば解るように、心と身体はとても密接なものです。
昔から言われています 「健全な身体に健全な心は宿る」 はい、その通りです。
つまり、どちらかが欠けてはならないということです。



d0214179_1131926.jpgもう少し、そしてもっとオープンに、特に日本人の場合は「心」に目を向けてあげるべきですね。心…つまり、それが精神性であり、そこに意識をフォーカスしていくことがスピリチャリティです。別に怪しいことではないのです。ここで言うならば、胃腸の調子が悪くなった時に、まずは心にその原因を聞いてあげるべく、意識をフォーカスしてあげる。「何がつらかったの?」と自分で聞いてあげて、つらかった自分を認めてあげること…これがまず、すべき心へのアプローチなのでしょう。



自分の心に耳を目を傾け、同じく身体との統合をはかっていくこと。
次に、自分の身体の見えない部分、心や気やエネルギー、チャクラ…それらは単に目に見えないだけで、実は耳や目や胃腸と同じ、単なる身体の一部なのです。それらにも五感を傾けてみよう!とちょっぴりでも思う瞬間から、「スピリチャルに生きる」つまり、人間としてトータルに生きることが始まるのです。



小ちゃいブログ「鹿乃子の森」では、日々のエネルギーフォカスポイントを掲載しております。
一日たったの3分でも、普段感じることのない「心」に意識をフォーカスするだけで、なんとなく見えない自分のまわりの世界を感じられるものです。
デイリー・エネルギーフォーカスをご覧になるには、右端のカレンダー下、外部リンクの「鹿乃子の森」をクリックしてみてくださいね。



せっかく生まれてきたのだから、この人生、見える世界だけでなく、見えない世界へも興味をもって見ませんか?一緒にこれからも内的探求の旅に出かけましょう♪
by kej000 | 2012-05-25 11:06 | ひとりごと

一本の苗になりました

こんにちは。今日はとってもよいお天気だったとか。。

あいにく私は本日、朝から晩まで机とパソコンを行ったり来たりの日々でございました。
悲しい。。
でも、たまっていたレポートやレジメ作成などのお仕事や、ジョブズさんの半生もそれなりにまとめてアップできて、いや〜やっぱり満足な一日でした! 母の日のお祝いもしてもらったしね!
うん、とっても良き日でありました!


さて、突然ではありますが、
時々お知らせするグリムスの木がとうとう!大人の木に成長したそうで(ブログを書くたびに成長してくれるのだそうです、すごい)今は順番待ちで、この数ヶ月でアフリカか中国大陸のどこかの地に
植林されるそうです。あ〜ぁ、どこかなぁ。もう会えないだろうな、kejの木くん。。元気で育ってくれるのだよ。。しくしく。。


そんな嬉しいような、ちょっぴり悲しいような?記念にまたまた、写真を貼っておくことにします。
ぺたっ。

d0214179_23551986.jpg



そうして、もうすぐ新しい芽が出てくるそうです。今度はどんな木になるかなぁ?
いや、やっぱりそれより、どこにkejくん1号が植えられるのか…そちらが気になるな。。
どこへ行っても皆の癒しになってくれますように。。
by kej000 | 2012-05-13 23:59 | ひとりごと

異文化交流

こんばんは。
昨日、今日となんとなく異文化交流な一日でありました。

昨夜もアクアリーの原宿店に行っておりましたが、原宿店は大変楽しいところなのです。
渋谷店が「ちゃんとお仕事!」という感じに比べ、原宿店はわくわくスポットなのです。何が楽しい?かともうしますと、先生方とたくさんお話したりできる、アットホームなところなのですね。どの先生も気絶しそうなほど、素敵な方ばかりで、内心失神寸前です〜。


その原宿店に過去2回ほどお邪魔いたしましたが、先生の中には易、いわゆる東洋系の術を使われる男性の先生がいらっしゃるのです。ちなみに私は、若い頃、いろいろと東洋の占術や統計学、心理学に興味を持ったこともありますが、今は西洋系で統一しており、東洋の占術ものはもはや、未知との遭遇なのであります。



さて昨日も先生(お名前書きた〜い、、けどそれは失礼ですね、、はいっ)の中に易をされる先生がいらっしゃって、そのお机には、怪しい(おっと、これまた失礼な、、)あの竹ひごのような、なんというのでしょうか? じゃらじゃらっとやるあれと(ひどい表現、、、申し訳ありません、、)
漆黒に赤い印に金の中国文字?の木の…うーん、名前がわからない、、
とにかく、なんだかすごいお道具が並べてある…いえ、鎮座されているわけです。



d0214179_2363879.jpgここであまりにも失礼極まりない説明の補足として、無料画像から似た物(注:先生のものではありません、類似品です)を拝借してまいりました。これでイメージしてみてくださいね。


で、珍しいものだから、じろじろ見てしまう。う〜ん、、
う〜む、、もう、だめです。。どうやるの? それはいったい何〜??
好奇心がおさえられない〜、、 というわけで、大変恐れ多くも、先生にいろいろと質問してしまうわけです。
するとなんと!先生、実演してくださったのですね〜。
なんとお優しい!!




これがなんと表現してよいのか、、、とにかく素晴らしかった。
一転、にわかに竹林にいるかの如し。
先生が竹ひご(な、名前が、、)を持ち、目を伏せた瞬間にぐぐっと緊張感が漲るのです。
(劇画タッチでイメージお願いします)
こ、これは?! 武士?!
そうです、武士が竹林で真剣をかざして、居合いをしているかのような…

う〜ん、しばし絶句であります。驚いた。
ひょっとしてこれは芸術?! いや、武道?! なんなんだ、いったい。
この感動、、画面にてお伝えできず、、残念無念。



世の中、いろいろ知らない世界があるものだ。
やっぱり世界は広いんだなぁ〜と改めて思うのでありました。
もっといろいろ知りたいな。見てみたいな。


…と思っていたら、今日の知り合いから預かり物でもってきてくれた本がチベット仏教?の本でありました。内容は輪廻転生やお釈迦さまの話、人間の三毒(貪ること、怒ること、愚痴ることは人にとって毒ですよという話)などなどについて。これまた知らずにいた東洋の世界。なるほど〜。やっぱり世の中知らないことだらけだ、、
あ〜、小さい小さい。



なんてことを思いながらも、やっぱり自己反省よりも好奇心がめちゃくちゃ勝ってしまう私。
なんて楽しい! 異文化交流!! 

これからもたくさん素敵な人や物に出会えますように!!
by kej000 | 2012-05-08 23:32 | ひとりごと

百花繚乱

こんにちは、暖かくなりましたね〜。

今日は久々に子供と街を散歩いたしました。
ぽかぽかして、とても気持ちのよい日でした。

どこのお家にも美しい花々が咲き競うようにあでやかで、心がわき立つようです。
街路樹の花みずき。ピンクの花海棠が満開で花びらの舞い散る、古い大きなお家。
空き地のひだまりのたんぽぽや、公園のチューリップとパンジー。も〜、艶やかです〜!!
ひとつひとつの花がどこまでも美しい色と形状で、なんて自然は豊かなの〜?!とうれし泣き。

ずいぶん後になって、子供が携帯で写真を撮り始めました。
おっ、それなら私も!と、花の撮影に挑戦してみました。


最初は花水木です。

d0214179_1283960.jpg


花みずきは大好きな花のひとつ。特に白いミズキが好き。そして、秋の紅葉もまたすてき。

d0214179_1294883.jpg


こちらは、ピンクの花水木です。川縁に咲いていましたよ。

d0214179_1311696.jpg


こちらは素敵なお宅の垣根で満開のバラの花。アンバークイーンとかなのかなぁ。
ほんのりと爽やかな香りがしていました。
父がバラが大好きで、きっと実家の庭は、バラが満開だろうな…と、しばし郷愁。。

d0214179_1345039.jpg


キリがないので、これでおしまい。ビオラですね〜。
こんな小さなスペースにも、しっかりと咲き誇っていて、拍手!!
なんてすてき!



「今日のお散歩は楽しかったね〜」と二人で写真を見せ合いながら、
「いやぁ、私達もこの花々のように、凛と誇りをもって華やかに生きていきたいものだ」などと、
子供と楽しく話した、心豊かな一時でありました。
そうして、なんだか難しくない、ふわっとした久々のブログを書いた自分に、なぜかとっても満足な鹿乃子でありました。

明日も晴れるといいな。
by kej000 | 2012-04-29 01:40 | ひとりごと

眠り

皆様こんにちは、鹿乃子です。

ここのところ、オフがなく、夜も遅くまでの仕事が続き、まったくの睡眠不足、、、
泣けてきますです。

しかし今日は待ちに待ったお休み!…とあって、昨夜から爆睡体制に入り、な、なんと今日起きたのは昼すぎでした。あ〜 これぞ至福の時! 幸せです〜



さて異常にたくさん眠っている間にどうやら夢を見たようです。
先日の「夢」の分析のブログで紹介した本で早速調べてみました。



見た夢は「ベッドで気持ち良さそうに、やたら眠っている」夢でした。

かの本によれば、

ベッド…魂の一時帰還を叶えるところ。宇宙の故郷へ帰るための船。
    休養と回復の時

眠り… 眠っている夢は、現実逃避を現わします。問題を見極め、行動を変えるには、あまりに
    自分は微力だと思い込んでいます。自分の人生を信じるならば、手に負えないことが
    起きるはずなどないのです。

だそうです。

なるほど〜、ちょっと忙しすぎて、わけがわからなくなっていたのかもしれません。
これは、いけません、、そのうえ、眠りについてのお達しは、痛いくらいに核心をついていますぞ。
それではまず、きちんと立ち位置を把握し、問題に向かい合わないとけませんね。はい、了解です!


よ〜し、またまた今日から頑張るぞ!


d0214179_182487.jpg



ちなみに私の好きなお姫様物語の主人公は?
もちろん 「眠り姫」であります!
すてき〜、私も何百年も眠っていたいです〜


それでは皆様またね。
たくさん眠って、身体を大事にしていきましょうね!


鹿乃子より







* * * 本日の一枚 * * * * * * *

イギリスはラファエル派の画家、エドワード・バーン・ジョーンズの「眠り姫」です。
バーン・ジョーンズというと、息子さんも同じ名前で画家なので、ちょっぴりややこしいですが、
私はお父様の絵が好きです。
特に35才以降に描かれた、神話に登場するたくさんの神々やモチーフ、アーサー王の聖杯探求の絵などは実に生き生きとしていて、「ほ〜っ、ほんとにこういう世界だったりして…」と夢を馳せてしまいます。彼の絵のもうひとつ好きなところは、その神秘的なところに加え、装飾のモチーフやディテールがなんとも美しいところですね〜。うっとりです。そのまま絵の中に入っていきたい…と吸い込まれるような魅力があります。
by kej000 | 2012-04-21 18:16 | ひとりごと

よい緊張感

d0214179_0563666.jpgさて本日より、わたくしごとながら、数秘術のクラス『Aeons』が始まりました。
昨年より継続している「Star Aeons」という占星術クラスに加え、新しいクラスの始動です。


数秘術(Numerology)とは、その人の生年月日、それから名前を数字に換算し、計算していくことによって、その人の内的性質や傾向、運命や今生における使命などなど…実にたくさんのことを教えてくれます。また時期について…例えば、○年はこういう風な気持ちで向かうとよいね…とか、○月はこう動いて、翌月はこうしていくと流れにのれるね…などと、とても親切です。
一番気に入っているのは、人生を4つのタームに分け、その人の進むべき方向性、その時の状況やチャレンジすべきことなども示唆してくれるところです。


占星術がどちらかというと分析していくのにくらべ、数秘術の素晴らしさは、「こうするといいよ」というアドバイスをたくさん投げかけてくれるところでしょう。それはまさしくダン・ミルマンが
彼の数秘術研究を「ソウル・ナビゲーション」と呼ぶがごとく、魂がどこに進むべきかをナビゲーションしてくれるシステムであると思うのです。
おっと、いけない、、数秘術については、またいつかまた詳しく書かせて頂くこととして、本日の話題はアイオンズについてでした(笑)。


今回のクラスメンバーは7人。
私にとってクラス…スターアイオンズやアイオンズとは、ある意味での「自己探求」の場であってほしいと願っています。もちろんスキルを学んで頂くのはもちろんですが、ただの講義を受講する…という形ではなく、集まったメンバーにも意味や学びがあり、その中で、自分の理想や方向性を探っていってほしい…と希望しているのです。そう考えると7人、、う〜ん、私にとってはマックスな人数かもしれません。
そして集まってくれたメンバーは、いずれ劣らぬ「愛と智慧」の持ち主です。
たまたま今は私が教えているとしても、いつかは彼らが中心となってたくさんの人に喜びや愛
真理を伝える人となっていくことでしょう。本当に今から楽しみであります。いえいえ、私もかなり精進してかからねばなりません!!


今日の授業は歴史や数字の概要、数種類の各人のナンバーの出し方などで、それはそれで楽しく
終了したのですが、何かが? なんでしょう…何かわからない緊張感があるのです。そしてそれは今も続いています。もちろんひと仕事終えての緊張とも言えますが、これはいったい何?



そんなこんなを思いながら、今日は久しぶりにテレビ録画をしていた番組を見てみよう…と思い立ちました。それはスピルバーグ監督のインタビューをおさめた番組です。

内容は大変興味深くおもしろいものでした。
そしてその中に本日の疑問がぴたり!と語られていたのです。

「私は映画をつくる際、いつも緊張しています。しかし、緊張しているというのはとても良い事なのです。なぜなら、緊張しているということは、自信過剰になっていないということ。
自信過剰になっていると、新しさをとりこめないのです。
不安や緊張が、もっともっとより良いものを…というエネルギーになるのです。」


なるほどですね〜。
緊張=感情のこわばり と勘違いしていたようですね。
緊張といっても、いわゆる「良い緊張」ということですね。はいはい、そう言われてみましたら、
クラスの後、私は次のプログラムをやはりこう変えよう…とか、いや、現代数秘術だけでなく、ピュタゴラス数秘術やカバラ数秘術のほうももっと研究し比較検討すべきだな…とか、そんなことばかり考えて、本を何冊も抱え、久しぶりにカウチにどんっと腰をおろしました。
う〜ん、これはもしかすると「良い緊張」と言ってしまってよくはありませんか?!
(我ながら単純、いや単細胞すぎて、、、恥ずかしすぎまする、、)

スピルバーグさん、ありがとうございます。
なんだか、ほっとしちゃいました。


「私は未知の扉を開け続けます。そして毎朝、わくわくしながら目を覚ますのです♪」


彼はそう語って、インタビューを終えました。
素敵だなぁ。私も扉を開け続けていくような人になろう!
な〜んて思ったのでありました。
by kej000 | 2012-02-25 01:00 | ひとりごと

ブログ1周年 ありがとうございます

ケフの森にお越し頂きありがとうございます。


このブログの右側の中程に、木のブログパーツがあります。
グリムス(grems)というブログパーツ型の環境貢献サービスです。
ブログを更新するたびに、木が成長して、成木した暁には、本物の苗が植えられるとか?!
ふんふん、自分のブログの成長を見ながら 植林に寄与できるとは、一石二鳥!
なんていうちょっぴり幸せな気持ちにさせてくれるサービスなのであります。


私がちょうどブログを始めた時、このブログパーツも一緒にはじめたのでありますが、
当初、やっと発芽してかわいい双葉だった「kej (ケフ)の木」も、ずいぶん立派になりました!
それで今朝なんとなく見ておりましたら、な、なんと?!発芽から367日?!
大変!! 知らない間にとうとう1周年を迎えておりました。


初めは身内や友人達が見てくれるだけの「ケフの森」も今では、月800を越えるアクセス数…、、
まったくもって信じがたいことで、本当に皆様、感謝の言葉もございません(涙、涙…)。
どこのどなたか、ひとりひとりお礼を申し上げられないのが残念ですが、本当に有り難いことで
心より感謝申し上げております。有り難う存じます。


皆様の人生が『最高!』のものになるよう、ほんのすこしの力でもそのお役に立てるように
これからもコツコツ精進してまいります。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
そしてまた時々、森に遊びにきてやってくださいませ。


                                    鹿乃子

* * * * *


1周年記念に写真を残しておきました。
もっと立派になって、早く本物の苗になるのだよ〜

d0214179_23541516.jpg

by kej000 | 2012-02-20 00:05 | ひとりごと

2012年 新年を迎えて


2012年 新年を迎えました。

昨年はいろいろありました。
過日も東日本大震災・命の記録「わすれない」という報道番組を見て
改めて震災がどれほど凄まじいものであったか…胸が痛くなりました。

震災が教えてくれたものはなんだったのでしょう?
「絆」という言葉をよく耳にしましたね。
何かとても大切なことを、皆が心に刻んだのではないでしょうか。

そしてまた直接被災されてない方々にも、たくさんの悲喜こもごもが
投げかけられた1年であったと思います。


2012年
今年は2月4日より海王星が魚座に帰還します。
これからは物質的な価値にとらわれていた人の気持ちが、
精神的な価値に向かっていくだろうと占星学上で言われています。

人が生きていくうえで一番大切なことは何か?
皆様と一緒に考えていく…そんな年にしたいと思っております。


2012年が皆様にとって、笑顔あふれる一年となりますように。
心よりお祈り申し上げます。



                           鹿乃子
by kej000 | 2012-01-05 08:47 | ひとりごと

クリスマス 2011

皆様 こんばんは

今夜はクリスマス・イヴですね。
皆様はどのようなクリスマスをお過ごしでしょうか?


今年もまた、私のまわりにいてくれる大切な人々と素晴らしい時を過ごす事ができました。
それは家族や友人、志を共にする仲間。
そして、たくさんの方々とこのお仕事を通じて知り合うことができました。
また、ブログを始め、驚くほどたくさんの方々に読んで頂き、お礼の言葉もありません。
 

皆様のおかげで、より心豊かな1年を過ごすことができました。
心より感謝しております。
今年もほんとうに多くのことを学ばせて頂きました。


この世の中で暮す人はみな、何かしらの痛みやつらさをその大きさは違えど抱えている。
そして、心が折れそうになっても、前が見えないくらい真っ暗な中にいても
それでも前を向いて、一生懸命その人の人生を…
その人の光を探して歩んでいる人がたくさんいる。
そう、心から感じた1年となりました。


そして、もうひとつ。
その人がなにか、希望の光を求め続けるかぎり、
光はかならず、むこうからやってきてくれる。
ということも強く感じた1年でした。
d0214179_23484845.jpg

サンタクロースさま

このクリスマスの夜に、世界中の人々が幸せの光に包まれますように。
そしてその光を胸に新しい年に向かうことができますように。


                                鹿乃子
by kej000 | 2011-12-24 23:58 | ひとりごと